上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 夏の玉緒姐さん | トップページ | 黄金と錦の茶 »

のんべんだらりのつれづれ、ふらりってことですよね!

果たして「呑みましょう」カテゴリーでいいのか(笑)今日は、漢方のお話なんですけど。

先日、いきつけのお医者様から気軽な感じで「漢方いいかもよー、飲んでみなよ」と言われて出されたのが、「加味逍遥散(かみしょうようさん)」。

疲れやすい、肩こり、イライラ等のある体力中等度以下の方の「更年期障害」、「月経困難」、「月経不順」、「冷え症」、「不眠症」等に用いられています。
ツムラのホームページより

加味逍遥散・・・なんか、どこかで見たような?と家に帰ってごそごそしていたら、出てきました「逍遥飲」!台湾に行ったとき、ご一緒した養生のW先生が店頭で処方してくれた(笑)のと同じじゃないですか。そういえば飲んでなかったわ。

Sdsc_0267

加味逍遥散、「加味」は味付け(漢方や中医の世界では意味が違うこともあります)、「散」は散薬のことでしょうから、メインは「逍遥」です。味付け逍遥散薬ってことですね。台湾のは煮出して飲むタイプなので「逍遥飲」という名前です。
では単純に「逍遥」って何かというと、辞書を引けば「気ままにあちこちを歩き回ること」とあります。

のんべんだらりのつれづれ、ふらり…ってことですよね!?(笑)

一体なんでこんな名前がつけられたんでしょうかね。おもしろい。
気になったのでちょろっと調べてみたら、「気分が明るくなり、煩わしいことから逃れ、普通の神仙のごとく逍遥として快活になれることが由来」みたいなことが書いてありました。

それってヤバイ方の薬なのでは…!(ちがいます)普通の神仙のごとくって…!

しばらく飲み続けてみようと思います。
普通の神仙みたいになったら報告いたします。(笑)

« 夏の玉緒姐さん | トップページ | 黄金と錦の茶 »

呑みましょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/57855870

この記事へのトラックバック一覧です: のんべんだらりのつれづれ、ふらりってことですよね!:

« 夏の玉緒姐さん | トップページ | 黄金と錦の茶 »