上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« のんべんだらりのつれづれ、ふらりってことですよね! | トップページ | 香りの話。 »

黄金と錦の茶

今日は家の工事で、一時停電になりました。水もとまりまして…時間が空いたので、やってみたかったことをやろうかなと。

静岡と狭山の茶の味くらべです。

一つは「黄金みどり」静岡の佐藤さんの一品です。以前にも飲んだことがありますが、旨みとこくの中に苦味がいい味でブレンドされている茶です。
そして、もう、煎茶とは思えない色の茶葉!

201307d_002

先日、静岡に行ったときにお世話になった萬千吉茶坊さんからのいただきものです。(ごちそうさまでーす)
ちょうど暑い時期ですので、水出しで朝から贅沢にいただいておりました。

これと比べたかったのが、狭山の吉野園さんの「蓬莱錦茶」です。

201307d_001

どちらの茶も、自家園での突然変異種を挿し木で増やしたもののようで、茶畑の写真でみる限り、ちょっと似た感じなのです。遮光をして作るいわゆる「白葉茶」というのとは別のくくりになるんでしょうかね。詳しいことはわからないのですが…

茶葉を見れば、「黄金みどり」と「蓬莱錦茶」はまったく別ものであることがわかります。「黄金みどり」は全体的に黄色というより黄土色っぽく(あまりきれいな表現でなくてすみません)、「蓬莱錦茶」は、鮮やかな緑と黄色っぽい茶葉が混在しています。「ああ!だから錦茶なのね!」とひどく納得しました。

黄金みどりの味わいについては先ほども書きましたが、旨みが強いのに、少し口に残る苦味がすっきりとした印象を与えてくれます。
蓬莱錦茶はそれにくらべると全体的にまろやかでやさしいです。うまみが特別に強いという感じはしませんが、ほわんとた香りと甘さが印象的です。

春は蓬莱錦茶!夏は黄金みどり!という感じがしましたが…淹れ方によっても相当味が変化しそうですので、次に書くときは逆のことを書いているかもしれません(笑)

201307d_003

いもけんぴと塩えんどう豆でいただきました。(写真は蓬莱錦茶)

« のんべんだらりのつれづれ、ふらりってことですよね! | トップページ | 香りの話。 »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/57862018

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金と錦の茶:

« のんべんだらりのつれづれ、ふらりってことですよね! | トップページ | 香りの話。 »