上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 黄金と錦の茶 | トップページ | 夏の収穫まつり♪ »

香りの話。

先日、某ボディケア用品店にて、いろいろと試させていただいたのですが、まあ、スーパーマーケットに売られているものを見ても「○○の香り」といついていないものがないくらい、それぞれ香りを売りにしています。

花の香り、果物の香りが人気がありそうで、断然多いですね。あとは○○をイメージした香りなんていうのも多いです。

しかし、女性は特にそうだと思うのですが、シャンプーやリンス、ムース、化粧水、乳液、ボディシャンプー、人によってはさらに制汗スプレーや香水が身の回りに漂っているわけで、一つ一つの香りは好みで決めたとしても、最終的に混ざった香りって想像がつかないですよね?

しかも衣服だって無臭じゃないわけです。流行の香りの柔軟剤は結構な表面積があるために相当香ります。

そういうのがごっちゃになった香りがその人の香りになっているのでしょうが、私にはどーしても苦手な香りが最近流行っているみたいで、湿気の多い日の電車の中なんかだと本当にきついです。

私自身の好みの香りはもちろんありますし、おもしろがって香水をつけたりすることもあります。が。

身も心包まれたいのは、やっぱり萎凋中の茶葉の香りだなー(笑)

そう思う人が多いからかなんなのか、香水の中には茶の香りを謳っているものも多いですね。今のところ、「これだ!」というのはないのですが、母上の通っている歯医者さんの助手さんが茶農家の娘だった母からしても「毎回茶の香りがするのよ、あの人」らしい。

お心当たりの歯科助手さん、何を使っているのか教えてください(笑)

« 黄金と錦の茶 | トップページ | 夏の収穫まつり♪ »

我思うゆえに我あり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/57837307

この記事へのトラックバック一覧です: 香りの話。:

« 黄金と錦の茶 | トップページ | 夏の収穫まつり♪ »