上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 天空茶会 ちょっとまて | トップページ | 銀色中国茶教室 »

あらためまして 天空茶会 第5葉 当日

トラブルで1回書いたのを全部消去してしまい、ちょっと立ち直れませんでした。たまにあります。はぁ。


さて、気を取り直して、天空茶会当日のことをレポートしたいと思います。いよいよ第5葉の始まりです。

天空茶会とは、日本中国茶普及協会のインストラクターおよびアドバイザーが主催の、おいしい中国茶をもっと皆様に飲んでいただきたい!ということで中国茶でおもてなしをする茶会です。初夏と秋の二回行われていて、今回が第5回目となりました。

とにかく初めての方にたくさん来ていただきたいなーと、毎回思う次第です。なんたって、「普及」協会ですからね♪

日本の茶道の茶席に比べるとだいぶカジュアルで、敷居が低い茶会なのですが、入り口では今回もSさんの達筆が場を引き締めてくれます。

Sdsc_0145_2

回を追うごとに、Sさんの書も気合が入ってきているような気がします…どうなんでしょう。ご本人に確認してみたいもんです。

今回、私はOさんと一緒に「游山」 ゆうざん の名で席を設けました。
游山というのは山にあそぶ、という意味だそうで…漢和辞典をぺらぺらしていてみつけた文字です。今の時期、青々しい緑の中で美味しい茶が飲めたらいいよなーというイメージからつけました。

遊山、だと物見遊山、なんて言葉にもあるように賑やかなニュアンスがある気がするのですが、游山という字だと「山で」あそぶんではなくて「山に」あそぶ、ということで、もうちょっと山自体を楽しんでいる雰囲気があるかなと思います。どうでしょう、伝わるかしらこの感じ!

いろいろ決めるときにOさんが国内に不在だったため(笑)、ほとんど事後承諾で、私が勝手に決めてしまいました。醍醐味をとってしまってすみません、Oさん~。私は楽しかったです。
本当に、茶席の色を決めたり、イメージにあわせてセットを考えたりするのが一番楽しいんですよー。

ちなみに、テーマを決めた初期のイメージがこれ。
S201306_002_2
行李に茶器を詰めて、ちょっとしたピクニックみたいな雰囲気になればいいなと思いました。

当日のセッティングはこちら。
Dsc_0162

あえて、お客様からみえないアングルでご紹介。(笑)こちらはOさんの茶器セット。Oさんもすぐに茶席のイメージを理解してくれたので、すてきな茶器が並びました♪ちなみに、私はなんだかタイミングを逃して写真を撮り忘れました…。

庭から2鉢持っていきました。

Sdsc_0163_2

フウチソウ2種類。風を知らせる草と書く、このツンツンした野草が私はとても好きです。

菓子も今回用意したのは山の幸ということで…

Sdsc_0143_2

しいたけスナック 台湾
ひらたけスナック 台湾
塩芋かりんとう 熊本 坂金製菓 →amazonで買えるみたいです
正観寺 丸宝 「松風」 熊本 →ご興味のある方はコチラ
やわらかりんご 山梨 →ご興味のある方はコチラ
という素朴なラインナップ。(今思ったけど、秋の味覚ですな、笑)

好評だったしいたけスナックとひらたけスナックは台湾のメジャーなお菓子ですが、同じものが楽天市場で買えるみたいです(!)びっくり。新純香楽天市場へどうぞ。

…おとり寄せのできる茶席っていうのも新しいかもしれない(笑)

菓子譜は、先日購入した青墨筆ペンで書きました。ブログを読んでくださっているのか、すぐにわかってくれた方がいて感激!わかってもらえないと、ただの薄墨なんで(笑)
相変わらずのクセ文字も、お褒めの言葉をたくさんいただいてしまいました♪学生時代から変わってないんですよー。

肝心の茶に関しては、来ていただいた方だけのおたのしみということで♪
お越しいただいた皆様には楽しんでいただけたでしょうか。

私はまたいろいろと勉強することもありましたが、今回も非常に楽しかったです。お客様はもちろん、たくさんの愉快な仲間にも感謝!

« 天空茶会 ちょっとまて | トップページ | 銀色中国茶教室 »

行ってみよう」カテゴリの記事

コメント

極楽天山さま
天空茶会の書を書いている者の連れ合いです。「毎回書体を決め一字一字のイメージを固めるまでが勝負です。苦しくもあり楽しい時間です。」と申しておりました。

皆様の設えが、どんどん進化して行って楽しいですね。今回もどなたのお茶も飲めずに残念です。8月17日予定の「自慢茶会」は、いっぱい飲みたいです。  呑亀

「俳茶居」 呑亀さん、こんにちは!

>苦しくもあり楽しい時間です

これは皆感じることかもしれませんね。初めて淹れ手をすれば緊張するでしょうし、設えが決まらなければ焦ってしまうし…終わりよければすべてよし、で、今となっては良い思い出で(そんなに時間が経っておりませんけれども)、楽しかったことしか思い浮かびませんが…そういえば私も結構あせって茶器と茶葉に悩んでいた時期がありました。

自慢茶会、たのしみですね。私は何を自慢しよう…また楽しくも苦しい日々がやってまいります。(笑)

コメントありがとうございます♪

天山さん、こんにちはsun

天空茶会、お疲れ様でした。
今回も楽しいお茶会でした。
何故かK先生とご縁があり、初参加から3回連続同席となりました。
K先生の楽しい語りと豊富な知識を堪能させていただきました。
ありがとうございました。
また次回も楽しみにしていますnote

PS.どのタイミングでcameraを撮っても、笑顔であざやかな手さばきの天山さんに拍手〜
(^-^)//パチパチ

ぴょん吉さん、こんにちは!

今回もご来場いただき、ありがとうございます!
K先生とはそんなにご同席されてましたか!?びっくりです。
お話をたくさんしていただけるので、私としてはありがたいのですが、
反省会ではいつもK先生は「次回こそはしゃべらないように」って反省されてるんですよ~(笑)

カメラ目線までする余裕はないので、いつもへらへらしているだけでございます。
手元も半ば自動的に動いているので、何やったか覚えてないですし!
毎回思うのは、もっと動きを大事にしようよ、自分…てことですかね。反省。

ご来場、ならびにコメント、誠にありがとうございます♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/57649472

この記事へのトラックバック一覧です: あらためまして 天空茶会 第5葉 当日:

« 天空茶会 ちょっとまて | トップページ | 銀色中国茶教室 »