上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 銀座をぶらぶら | トップページ | 柿福 »

香り駿河の烏龍茶

T先生は会うたびに、ごそごそっと何かを取り出して「ほい」とくれるのですが、今日の茶はそんなT先生からのいただきものです。静岡で作られた「香駿 こうしゅん」という品種の烏龍茶だそうです。

Dsc_0066_2

左は2012年もの。右が今年のもの。
手で摘んで、手で揉んで(?)作ったという手作りの一品です。茶葉のひねりの繊細なこと!日本人の仕業だな(笑)

Dsc_0068

並べて淹れると、一年違うだけで、結構色が違うのがよくわかります。

香駿、という品種の緑茶や紅茶は飲んだことがあるのですが、烏龍茶は初めてです。正直なところ、緑茶で飲んだときにそれほど「やぶきた」との差を感じなかったのですが、烏龍茶に作られると、その香りの特徴がよく出ています。つんとしたところのない、やわらかで甘さを感じさせる花のような香りでした。

そして、やっぱり2012年ものの方が美味しく感じるのは、味が落ち着いてまろやかになっているからでしょうか。今年のものはまだ青々としています。

それにしても丁寧に揉みのされている茶葉で、開いたときの茶葉の柔らかさに驚きました。これを烏龍茶にするのは大変だっただろうなあ!

Dsc_0070

先日Wさんからいただいた「庄之助最中」を相棒にいただき、軍配は2012年にあがりました(笑)

« 銀座をぶらぶら | トップページ | 柿福 »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/57578366

この記事へのトラックバック一覧です: 香り駿河の烏龍茶:

« 銀座をぶらぶら | トップページ | 柿福 »