上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 芍薬大爆発。 | トップページ | 狭山茶摘みフェスタ2013 (後) »

狭山茶摘みフェスタ2013 (前)

今日は埼玉県農林総合研究センター茶業研究所でおこなわれた、「狭山茶摘みフェスタ2013」に行きます!

実は狭山茶は母の実家が茶業を辞めて以来、繋がりがまったくなくなってしまって、一応地元のような場所にいるものの、触れる機会がなくて寂しかったのです。静岡はすごーくいいところですが、何せちょっとばかし遠いので!(笑)

今回はお友達のMさんと一緒に遊びに行くことに!楽しみです。

JR八高線の金子駅から「ふれあい茶ん歩道」を歩くこと20分くらい。特に地図がないので標識がたよりなんですが、不安に思っていたら、どなたか関係者の方がいたるところに「茶→」「茶→↓」と路面に消石灰で書いていてくれていて、おもしろかった(笑)おおらかですなー。(茶、という感じがカンタンに書ける文字でよかったですね♪曲線がたくさんあったりするとなかなか難しかったのでは!?)

このふれあい茶ん歩道のまわりにも茶畑がたくさんあります。

Sayama2013_004

狭山丘陵のゆるやかな台地の上に小規模な茶畑が点在。曇り空ですが、気持ちよく歩けました。

Sayama2013_023

さて、茶業研究所につくと、さっそく茶摘体験に参加です。スタッフさんに連れられて茶摘み開始~。

Sayama2013_009

後で聞いたら、この茶は「とよか」という品種だそう。聞いたことがなかったですが、珍しい品種だそう。さやまみどり×やぶきた、とのこと。

Sayama2013_011

さすがに研究施設だけあって、茶畑は品種茶の宝庫です。

Sayama2013_017

品種茶の飲み比べや、茶の直売や焼きそばやたこ焼き屋台が出ていたりして、のんびりお出かけするにはもってこいですね。

摘んだ茶葉は電子レンジで作る方法のレクチャーがあったりするので、それを教えていただいて、みなさん茶にするのかな~?てんぷらかな~?私はもちろん・・・

Sayama2013_014

竹かご持参!あわよくば帰りのバッグの中でも萎凋(茶葉の水分をとばして、ゆっくり発酵させる)作業、微妙に揺れて攪拌もねらう(笑)
事前にwebで、去年参加の方のブログを拝見したところ、ビニールに入れるようだったので、竹かごをもっていけばいいかも~と思って、行李を用意したのでした。
芝生で一休みしつつ、日光萎凋もしたり。

Sayama2013_022

昼からは…あなたは誰でしょうかね→調べたら、埼玉県のゆるキャラ「コバトン」の茶娘コスプレだったようです。わかんないよ~!狭山茶のゆるキャラかと思った。そして、せめて狭山市のおりぴぃとか入間市の観光大使テオとかもくればよかったのに(入間市にはゆるキャラはいないみたいです)

茶摘み体験は基本的には1人1回参加だと思うのですが…午後にもう一回挑戦する私とMさん。あきらかに茶葉が違う!今度の茶葉は・・・「さやまかおり」でございました。やぶきたの自然交雑実生で、萎凋香で特徴が出るらしい。

二種類の生葉を手にして、その後、入間市博物館ALITまでお散歩、ぜんざいなんかをいただきつつ一休みして、わざわざ迎えに来てくれた(違う)K夫妻の車に便乗して帰途につきました。めでたしめでたし…じゃない!

これから茶を作るのです!後編に続く!

« 芍薬大爆発。 | トップページ | 狭山茶摘みフェスタ2013 (後) »

行ってみよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/57461246

この記事へのトラックバック一覧です: 狭山茶摘みフェスタ2013 (前):

« 芍薬大爆発。 | トップページ | 狭山茶摘みフェスタ2013 (後) »