上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 静岡で包種茶! | トップページ | 茶器柄のアイスボックスクッキー リベンジ! »

静岡茶都

今回の静岡旅行では、たくさんの茶畑を見ましたが、新芽がちょうど伸びたところでの霜でだいぶ被害があったようです。通常なら機械で刈るところを、ムラになってしまっているので、手はさみで手入れをしている姿なども見られました。

S201305_087

それにしても、目に緑がまぶしいかったなー。

S201305_064

↓小山には、しいの木が花を咲かせていて、Fちゃんいわく「ブロッコリーとカリフラワーみたい」とのこと。たしかに(笑)
S201305_034

静岡の本山茶は本当にとんでもないところで作られていて急な斜面の茶畑がたくさんみられます。

モノラックで上がっていくんだろうな…本当に農家さんには頭が下がります。

S201305_137

昔はきっと、籠をしょって上って、茶葉を摘んだらそれをまた背中に背負って降りてきただろうから、茶葉は籠の中でちょっとだけ攪拌されて、発酵したんじゃないでしょうか。昔と今では味が違っているかもしれませんね♪


« 静岡で包種茶! | トップページ | 茶器柄のアイスボックスクッキー リベンジ! »

行ってみよう」カテゴリの記事

コメント

静岡にいらしたんですね。
この季節は お茶工場は一晩中動いています。
書き入れ時だから 徹夜も楽しいと 昔近所の方が言ってました。
香ばしい香りがずっと漂っています。
街中の「茶町通り」辺りも お茶の香りが通りまでただよっていますね(笑)
だから そこらへんを動いていると お茶に心がかきたてられてしまいますね。

それにしても お茶によっていろんな作り方があるんですね。
職人技だったんだ(笑) 知りませんでした。

てんちゃんさん、こんにちは!

静岡に行きましたよ~!存分に味わってまいりました。良いところですね~♪

本当にこの季節の茶工場は朝も晩も変わりなく動いていますよね、茶農家さんは大変ですが、ちょっと楽しそうでもあります。新幹線に乗っても、静岡のお茶の香りがしそうでした(笑)

茶の作り方は本当にさまざまですよ~。緑茶しか作ったことがない方は烏龍茶の作り方を見るとギョッとするかもしれません。緑茶はなんたって「緑」が命ですから、とにかくすべてがスピード勝負なところがありますが、烏龍茶や紅茶は待って待って発酵をさせないと香りがでませんから…考え方が正反対です。

でもどちらも職人技です。(もちろん機械も多く使われますが、育てるのも仕上げるのも職人さん!)ぜひ職人さんの腕をご堪能ください~。

コメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/57329810

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡茶都:

« 静岡で包種茶! | トップページ | 茶器柄のアイスボックスクッキー リベンジ! »