上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 赤福のほうじ茶 | トップページ | アイスボックスクッキー »

品評茶をいただく

静岡のIさんからいただいた品評会の出品茶を分けていただきました。いよいよシーズン到来ということで奮発して開封しちゃいますぞ!

静岡市の藁科川上流の大川地区のものです。静岡市は広いので、市内から車でちょっといっただけで、ものすごい山深い雰囲気を味わうことができますねえ。

品評茶は、まさに品評会用に特別に作った茶です。茶葉をみれば、その違いがわかります。

201304zzz_006

どーん!この迫力。
一枚一枚が松の葉のごとく、かたく捩れて棒状になっています。しかも揃っていてキレイ!色もツヤがあって、まさに「見てもらう」ための茶葉です。

うーわー、どうやって淹れようかしらん。

201304zzz_002

とりあえず、うちにはこれしかないので、煎茶用の一式をひっぱりだしまして、玉露の淹れ方を思い出しつつ、気持ち温度を高めでやってみました。茶葉の縒りがきついので、蒸らし時間は長めです。

201304zzz_015

で、最初の一杯がこちら。色がほとんど映ってませんが、実際に淡い淡い色で、ほとんど白湯のようです。なのに香りはしっかり!口に含むと、まさに茶葉の芽のふくよかな味わいがあります。うわお。

2、3煎と温度を少しずつ上げていただきましたが、色はずっと淡いままでした。しかし、驚くべきは開いた後の茶葉でしょうか。

201304zzzz_009

一枚一枚がキレイに戻ります。中国茶の緑茶の茶葉よりも薄くて繊細!苦丁茶の茶葉にこれに近いのがあったな、なんて思いましたが…

うーん、やはりプロが品評会に出す茶葉はまったくの別物ですねえ。どうにもちゃんとこの味をひきだせた感じがしません。もったいない。申し訳ない。そんなわけで、もうちょっとチャレンジしてみます。

« 赤福のほうじ茶 | トップページ | アイスボックスクッキー »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

本当にきれいな茶葉ですねっ!
アップの写真を見ただけで、お茶の良い香りが…
って絶対イヌイカの想像出来る範囲の香りではないのだろうなあ、という気がいたします。
開いた茶葉も美しい~shine

inuikaさん、こんにちは!

やっぱり品評会用の茶葉はオーラが違いますね☆まさしく選び抜かれたスターです。
写真から香りましたか(笑)すごい!

すごーくしっかりした茶葉なのですが、柔らかいので、最後はポン酢につけて食べたり、佃煮を作ってたべたり、完全に胃の中に納めました♪

コメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/57177919

この記事へのトラックバック一覧です: 品評茶をいただく:

« 赤福のほうじ茶 | トップページ | アイスボックスクッキー »