上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 肉まんランチ | トップページ | 品評茶をいただく »

赤福のほうじ茶

みんな大好き!!な伊勢名物の「赤福」。その「赤福」さんの店頭販売限定訂正:赤福さんでは飲めるだけで、買えるのはおかげ横丁のお店だけ!というほうじ茶をいただきました。(もうだいぶ前なんですが…)

201304zzz_007

どうですか、この間違いようのないパッケージは!(笑)

201304zzz_008

割としっかり炒りと浅炒りが混在している感じの茶葉です。香ばしいいい香りが袋をあけた途端に鼻をくすぐります。おいしそう!そして赤福餅が食べたい!!!

が。

赤福餅はございませんので…黒糖まんじゅうで我慢しよう。粒あん派の私がこし餡をあえて選んだあたりに、赤福へのリスペクトが現れているのでございます(笑)

201304zzz_013_2

赤福餅の味を思い出しながらいただきました。
Wさん、ごちそうさまです♪

« 肉まんランチ | トップページ | 品評茶をいただく »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

極楽さんこんばんは☆
やはり生産者さんの思いとしては赤福餅と合わせてもらおうとの思いがあるのでしょうか?
ああ、あのするするっと入る赤福・・・食べたくなりましたよ(*^_^*)
何個でもいけそうですもんね☆赤福おそるべし(笑)

あ、ええと、赤福さん(伊勢の本店)ではこのお茶飲めるだけで、買えるのはおかげ横丁の中の(確か)伊勢福さんというお茶屋さん限定なんです。
ラベルが赤福なのに赤福で買えないという摩訶不思議…。
ところでこのお茶、個人的にはなんとなく味わいが低発酵の烏龍茶っぽい感じもしたんですが…。
極楽先生、どうでしょう?

赤福専用のほうじ茶が売ってるんですね(笑)
寒い時期にお伊勢参りに行くと、あの赤い茶釜の湯気につい
引っ張られてしまいます(笑)
香りがすると、そんなことも思い出しちゃうのかな(笑)

静岡では昨日茶取引が始まって 新茶シーズンになりました。
ここんとこ「まだかなぁ」 と街を歩き回ってたんですが
週末までは おおはしりばっかりでした  (おおはしり ばか高いしbearing
それでも今年の茶取引は早いんだそうですね。
私も桜のせいで 新茶、気が早すぎました(笑) お邪魔しました

@よっしゃーさん、こんにちは!

赤福という文字を見たからなのか、なんなのか、とにかくあのこしあんの感じが口の中に想像されてしまい、飲む前から赤福の味を再現しているという状態でした(笑)

あー、赤福食べたくなりますね。ときどき百貨店で売っているときがあるので、間違いなく購入しちゃいます!

コメントありがとうございます!

malicoさん、こんにちわ!

記事が遅くなりまして申し訳ない。ごちそうさまですv

>ラベルが赤福なのに赤福で買えないという摩訶不思議…。
本当ですね。なんだろう。赤福で売ってはならない事情があるんでしょうかね。妄想しちゃうぞ(笑)

>ところでこのお茶、個人的にはなんとなく味わいが低発酵の烏龍茶っぽい感じもしたんですが…。
先生じゃないですけど、烏龍茶っぽい感じはわかります。某有名棒茶の水出しを飲んで鉄観音と勘違いしたことがあります。えへん!
クキの量と焙煎のマジックじゃないかなーと個人的には思ってますが、どうでしょうね。

ごちそうさまでした!コメントありがとうございます!

てんちゃんさん、こんにちは!

>赤福専用のほうじ茶
まさにPB商品ですよ(笑)実は私はお伊勢さんにいったことがないので、いつもお土産でいただきます。

>静岡では昨日茶取引が始まって 新茶シーズンになりました。

私もネットニュースなどでいろいろ見て「始まったかー!」とワクワクしました♪例年より、若干早いみたいですね。茶農家さんは新芽がでるタイミングで寒くなったので霜にヒヤヒヤしていたようですが…茶の芽のまぶしい季節がやってきましたねー!!飲むぞ!

ところで「おおはしり」という言葉がするっとでてきてしまうてんちゃんさんは、まさに静岡の人ですねー。私は静岡以外で「おおはしり」って聞いたことがないです。(たまたまでしょうか)

コメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/57177864

この記事へのトラックバック一覧です: 赤福のほうじ茶:

« 肉まんランチ | トップページ | 品評茶をいただく »