上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

星子さんにメロメロです。

最近の一番のヒットといえばこちら!

201304ddddd_003

梅のリキュール「星子」です。

梅のリキュール、ということでいわゆる「梅酒」とは一味違い、梅の風味、香りはそのままにスパイスがプラスされているのですが、これが絶妙!

コチラのwebで購入したのですが、2009年と2010年を買ってみました。(他は売り切れだったのですよ!)味の違いを確かめようとか思っていたはずなのに一本をあっという間に飲んでしまいました(笑)

水割り、氷割り、星子さんをレモンとミントとソーダでモヒート風にしたりと、いずれも本当に美味しかったです!お酒好きの方はぜひお試しあれ!大絶賛中~♪

あおぞらマルシェ

下北沢のカトリック世田谷教会の敷地で「あおぞらマルシェ」が開催されました。

130428_124337
↑カメラが斜めじゃなくて、私が斜めなんです。坂なんです。(笑)

こだわりの野菜や惣菜が並ぶ、美味しそうな空間の片隅になぜか中国茶会。

130428_160637

ビックリ茶会という名前で、行ってみるまで誰が何の茶を淹れてくれるかわからないという茶会で参加しました。バイタリティ溢れるKさんには本当に頭が下がります。楽しいイベントをありがとうございます。

私はジャスミン茶(非売品、笑)をいれました。初夏(まだ早い…)に青空の下のジャスミン茶は最高だと思います〜♪

スタッフの皆様お疲れ様でした!

多摩川クラシコとは?

昨夜はFC東京と川崎フロンターレの試合を見に行ってきました。今年初めてのナイターです!

この二つのチームはJFL時代からなにやら腐れ縁の続いているチームで、J2からJ1に上がる際にも優勝を競い合っていたライバルです。昔からの因縁をからめて多摩川を挟んだ両岸の戦いということで「多摩川クラシコ」と呼ばれいるんですよー。Jリーグ好きな人にしかわからない呼称ですけども!

そんなわけで、試合会場は

130427_172614

フロンターレのマスコットを模した(たぶん)イルカにまたがるFC東京のマスコットが飾られていたりと、盛り上がってました。なんか浮かれて私もリストバンドなんか買ってしまった!

130427_184204

ドロンパ(マスコット)が隠れているみたいに見えるかしら???

試合は2-0で、相手さんの調子が悪かったせいもあって勝ちました。普通の試合でも勝つと嬉しいのですが、クラシコで勝つと嬉しさ倍増でございます♪

初めまして!迎香さん。

いつも茶を淹れるときには「初めまして」ではあるわけなんですが、今日の茶は人種自体が初めましてというか、ようするに新品種としての初めましてでした。

その名は台茶20号さん。要するに台湾で作られた品種登録として20番目の方になるわけです。お名前を「迎香り」さんともうします。

201304dddd_001

外見はお兄さん(?)たちとほとんど変わらない気がしますが…それは作り手さん次第でもありますからねぇ。さて、どんなお味でございましょう。

メモ代わりにお兄さんたちもついでにご紹介しときましょうかね。
消費者に覚えてもらいやすいように名前がつけられはじめたのが台茶12号からですね。

台茶12号 「金萱」きんせん 青茶・紅茶向きとされてますが、ほとんど青茶じゃないかな。作り手さんのやり方によっては乳香、いわゆるミルクティーというかバニラのような香りを出せる、という衝撃的だった茶。一世風靡しましたが、最近はそこまで乳香を強く出すのは流行っていないらしい。私はわりと苦手だったりします。

台茶13号 「翠玉」すいぎょく これも青茶・紅茶向きとされますが、ほとんど青茶、しかも発酵度の低めのものが合っているようです。生花のような花の香りがして、私はわりと好きです。

台茶14号 「白文」はくぶん 発酵の浅い青茶に向いているらしいです。お会いしたことがありません。

台茶15号 「白燕」はくえん 東方美人や白茶に向いているらしいです。お会いしたことがございませんが、向いている茶からすると、きっと産毛がたっぷりついた太い芽のでる品種なんだろうなあ。

台茶16号 「白鶴」はくかく なんだか日本酒のような名前ですな(笑)珍しく緑茶向け品種なんだそうですよ。龍井茶という釜炒り茶向け品種。それから花に特徴があるようです。花が大きいんでしょうかね。お会いしたことがありません。

台茶17号 「白鷺」しろさぎ この白シリーズはお会いしたことがありませんなー。これは青茶や寿眉という白茶向きの品種らしいです。寿眉限定ってどういうことなんだろう。葉が薄いのかしらん。

台茶18号 「紅玉」こうぎょく 台湾に紅茶ブームを巻き起こした一因にもなったでしょうか。私はどうしてもリンゴのイメージが強くてりんごっぽい香りがするのかと思ってしまうのですが、スパイシーなミントのような香りを持つ、不思議な紅茶になります。美味しいです。

台茶19号 「碧玉」へきぎょく 玉シリーズが続くのかとおもわせておいて、次は違った(笑)青茶向き品種なれど、お会いしておりません。

台茶20号 「迎香」げいこう 最初は名前が違ったような気がするんですけども、今はこの名前に落ち着いたみたいです。青茶向け品種。本日いただく。

台茶21号 「紅韻」こういん 紅茶用品種。紅玉のインパクトが大きすぎたので、こちらをいただくと正直なところちょっと拍子抜けしたような…甘い紅茶だった覚えがあります。

201304dddd_004

大先輩であるところのアッサム入りバウムクーヘンと一緒にいただきました。

うっ。大先輩の一本勝ちで、茶の味がわからない(笑)

ということで、あらためて何も食べずにいただいてみましたが…きみはずいぶんおとなしい子だね、という印象です。ちょっと香りが不思議な香りを放った瞬間があったのですが、うまくひきだせなかったのでしょうか。もしかして難しい人なんだろうか…。

というわけで、近日中に再チャレンジの予定です。

201304dddd_005

新顔茶葉は、飲み終わった後に触りまくるのでこの有様。

ちなみに顔の小鼻脇に「迎香」という名のツボがありますね。鼻づまりの方、おすすめです(笑)

下北沢あおぞらマルシェに参加します♪

お知らせが直近になってしまいましたが…!

下北沢あおぞらマルシェ Vol.4 にお友達と参加します。
会場 下北沢“カトリック世田谷教会”
日時 4月28日(日) 『前夜祭』 16:00~22:00
   4月29日(祝) 『大本番』 09:00〜17:00

初めてのイベントなので様子もよくわからないのですが…300円で一席のお気軽茶席を設けてお待ちしておりますので、お近くの方はちょろっと遊びに来てくださいませ~。

中国に行く予定がキャンセルになってしまったので、俄然モチベーションをこちらに移している今日この頃です(笑い)

さくら草と新茶♪

狭山の新茶をいただいたので、早速いただきました。

201304ddd_001

「新茶」のパッケージをみるとときめいていしまう季節ですね。ふふふ。

201304ddd_003

早生品種「山の息吹」のやわやわとした茶葉が入っていました。山の息吹、品種名が素敵です。

芽吹きの季節は、庭も生命感に溢れかえっていて、ぼーっとしているだけで力をもらえる気がします♪そんなわけで、さくら草をちょっとだけ拝借。

201304ddd_008

お菓子は鎌倉のFさんからいただいたものです。さっくりして美味しい…なんだろうこれ(笑)バウムクーヘンでいいのかしらん?

茶はいかにも早生の新茶らしく、優しくておっとりとしたふわふわの風味でした。茶の表現としては、これは変かもしれませんが、ふわふわした感じ、が私の中では一番しっくりきます。

いよいよ新茶シーズン開幕!という感じで、やっぱり胸がときめくわー!

徳島のあんどーなつ

なぜか徳島のあんどーなつなるものが家にあったので(母上が買われたらしい)今日のおやつはこちらでございます。

小麦粉に卵と砂糖だけの、昔ながらのあんドーナツです。見た目も素朴です。

201304dd_002

茶は大阪の老舗紅茶舗ムジカティーさんのニルギリOPにしました。インドのニルギリは高地の茶葉だそうで、CTC製法でつくられるものが多いとか。このくらいは覚えておこう。紅茶は何を読んでも覚えられないんですけども…

201304dd_003

↑中のあんこは控えめの量ですが、まわりのドーナツも結構味がしっかりしているのでちょうどよいです。こしあん。

徳島のふじやさんのものですが、おふくろの味はどこのものでもそれほど変わらず、なんだか安心できる味わいでした。

寺の庭には満開

静岡から、お茶つくるぞーとの声をききつつも、残念ながら今日は法事でありました。

寺の境内は花盛り。あまりにきれいなので、ずっと庭をぶらぶらしつつ写真撮ったりして。

130423_113107

130423_113121

別にお庭の有名な寺ではないのですが、この時期は花がたくさん。中でも目を引いたのがこちら。

130423_113137

まるで血の様な(!?)ツツジのてんこ盛り。あんまり…あんまり気味の良い花ではないような(笑)考えすぎでしょうか。

ゴールデンウィークに鉄観音の産地に行く予定でしたが、鳥インフルエンザの影響を考慮して中止になりました。去年から予定していた旅行に行けないのはこれで何度目!?
どうもそういう運気のようです。しょーがないので庭で夏みかんの木でも枝下ろししましょう。

静岡のニュースを見ながら狭山茶忠兵衛!

静岡の茶のニュースがガンガン流れてくるので、新茶が飲みたくてしょーがないのですが、まあとりあえず手元の日本茶でもいただきましょう。

吉野園さんの限定狭山茶。和紙火入れ忠兵衛、です。

201304d_004

こちらは、想像よりもぐっとまろやかでした。美味しいなあ。

相変わらず狭山茶は遺伝子にすっと染み渡ります。最近は朝に烏龍茶、昼間が日本茶のことが多いです。なんとなく気分で。

クリスピー・たい焼き

clover leafさんのクリスピー・たい焼きなるものを発見したので、いそいそと買いこんでみました。

201304d_003

餃子によくある「羽根つき」です。たいやきに羽つきって…?と思いましたが、見てみたら羽というより板にたい焼きがくっついている感じでしょうか。

食べると、たしかにサックリというかパリッというか…ん?でもこれはどこかで食べた味によく似ている…!?

あ、青梅せんべいだ(高尾せんべいでもいいのか。瓦せんべいでもいいかもしれない、笑)

作った方には申し訳ないんですが、途中でそう気が付いたら、そうとしか思えなくなってしまいました。クリスピー・たい焼き=青梅せんべいあんこいり。

美味しいです。(ひどい)

茶は赤福のほうじ茶で。

勝てば官軍

FC東京の試合を観に、味スタまで。

今日はENEOSデーということで、エネゴリくんとドロンパがスタジアムをペアになって遊んでいました。ウホッウホッと胸を叩くしぐさをサポーターにしてもらおうと思って、意外にノリが悪いのでドロンパががっくりしていたのが可愛かった(笑)

130420_120902

↑ってなわけで、エネオス・コラボ・ドロンパ。みんな写真撮ってたので、ネット上に相当数が出回っているはず。

前回はドイツなソーセージを食べて負け試合だったので、今回はトルコなケバブをいただいてみる。

130420_122746

勝ったから次回もケバブだな(笑)

謎の紅茶をいただく

たいていのものには、いただいた時にメモをつけたり、袋に書いたり、シールを貼ったりするのですが、それでもたまに袋の底に何も言わずにじっとしている茶葉がいたりします。

この方、「25g」としか書いていない袋にはいっておりました。(そして、絶対に25gなんて量はない)

201304zzzz_001

みた感じは紅茶…しかも日本の紅茶です。

飲んでみると…やっぱり日本の紅茶ですが、ずいぶんとざっくりした大きな葉をカットしているなあという感じ。渋みも少なく、コクもあり、美味しいんですけど…なんだろう???

そもそも、いつのものだろう(笑)

ま、美味しくいただきました。それでいいや~。

擬似伊勢参り

先日、Wさんからいただいた「赤福さんのほうじ茶」→コチラご参照ください。 がありましたが、Mさんからは伊勢茶をいただきました。

201304zzzz_002

販売元を見てみたら、たぶん赤福さんのほうじ茶とおなじところでした(笑)すごい偶然ですね!なんの申し合わせもないのに、手に入っちゃった。おかげ横丁の伊勢茶処さんのもののようです。在来種(やまちゃ)だけを扱っているとのこと。

釜炒り、陰干し、手もみでつくられた番茶です。

201304zzzz_013

さて、どんなお味かな?

201304zzzzz_002

今日は少し暑いくらいだったので冷茶でいただきました。
濃いめに淹れたものを氷に注ぐだけです。

どことなく、赤福さんのほうじ茶の面影がある(笑)、やっぱりちょっと鉄観音烏龍茶のような香りを感じます。ものすごく主張するところがあるわけではなく、ほっと息抜きをするには最高の味わい。これはお供はたい焼きでしょう!!

ってなことで、たいやきをお供にペロリ♪ごちそうさまでした。

アイスボックスクッキー

いわゆる冷蔵庫で凍らせて作る、バターが多めのクッキー、アイスボックスクッキー…今日は予定がキャンセルになったので、思い立って作ってみました。

わかります?

201304zzzz_005

わかってもらえますかー?(泣)

キュウスにしたかったんですけど、なんだか縦長になってしまってかわいくない~!

緑茶の茶葉を増量した、ホロニガクッキーです。出来上がりを想像して作るのはなかなか難しいですな!

品評茶をいただく

静岡のIさんからいただいた品評会の出品茶を分けていただきました。いよいよシーズン到来ということで奮発して開封しちゃいますぞ!

静岡市の藁科川上流の大川地区のものです。静岡市は広いので、市内から車でちょっといっただけで、ものすごい山深い雰囲気を味わうことができますねえ。

品評茶は、まさに品評会用に特別に作った茶です。茶葉をみれば、その違いがわかります。

201304zzz_006

どーん!この迫力。
一枚一枚が松の葉のごとく、かたく捩れて棒状になっています。しかも揃っていてキレイ!色もツヤがあって、まさに「見てもらう」ための茶葉です。

うーわー、どうやって淹れようかしらん。

201304zzz_002

とりあえず、うちにはこれしかないので、煎茶用の一式をひっぱりだしまして、玉露の淹れ方を思い出しつつ、気持ち温度を高めでやってみました。茶葉の縒りがきついので、蒸らし時間は長めです。

201304zzz_015

で、最初の一杯がこちら。色がほとんど映ってませんが、実際に淡い淡い色で、ほとんど白湯のようです。なのに香りはしっかり!口に含むと、まさに茶葉の芽のふくよかな味わいがあります。うわお。

2、3煎と温度を少しずつ上げていただきましたが、色はずっと淡いままでした。しかし、驚くべきは開いた後の茶葉でしょうか。

201304zzzz_009

一枚一枚がキレイに戻ります。中国茶の緑茶の茶葉よりも薄くて繊細!苦丁茶の茶葉にこれに近いのがあったな、なんて思いましたが…

うーん、やはりプロが品評会に出す茶葉はまったくの別物ですねえ。どうにもちゃんとこの味をひきだせた感じがしません。もったいない。申し訳ない。そんなわけで、もうちょっとチャレンジしてみます。

赤福のほうじ茶

みんな大好き!!な伊勢名物の「赤福」。その「赤福」さんの店頭販売限定訂正:赤福さんでは飲めるだけで、買えるのはおかげ横丁のお店だけ!というほうじ茶をいただきました。(もうだいぶ前なんですが…)

201304zzz_007

どうですか、この間違いようのないパッケージは!(笑)

201304zzz_008

割としっかり炒りと浅炒りが混在している感じの茶葉です。香ばしいいい香りが袋をあけた途端に鼻をくすぐります。おいしそう!そして赤福餅が食べたい!!!

が。

赤福餅はございませんので…黒糖まんじゅうで我慢しよう。粒あん派の私がこし餡をあえて選んだあたりに、赤福へのリスペクトが現れているのでございます(笑)

201304zzz_013_2

赤福餅の味を思い出しながらいただきました。
Wさん、ごちそうさまです♪

肉まんランチ

我が家の不動の人気肉まんの一つは、昨日に続きまして「華正楼」さんの肉まんです。

中華街で蒸して売っているわけではないので、観光で行くとなかなか買う勇気が(値段も結構するので)必要ですが、お土産にするならぜひともオススメしたいです。最近では高島屋さんで扱っているところも若干あるみたいですが、基本的には行かないと買えない一品ですし!

201304zz_002

一個が大きいです。蒸し器で20分かかります(笑)

プーアル茶と卵スープを作って、簡単だけど贅沢ランチの完成です。

私はこの肉まんに山西黒酢をつけながら食べるのが好きです。
一個なのにお腹いっぱい。この満足感は他の肉まんにはないかもしれません。

桜花月餅♪

横浜中華街の老舗、「華正楼」さんの期間限定月餅をゲット!

桜花月餅です。

130411_164646

うっすら桜の模様が見えます。

中は控えめな桜色で、ほんのり塩のきいた上品なあんでした。この時期で回る桜のお菓子は数多く、中には桜の香りが強すぎるものもあるのですが、私にはこれくらいがちょうどいいです♪美味でございます。

201304zz_004

桜あんなのに、色がいちごあんみたいに見えますね…

合わせた茶は雲南緑茶。中国南方の雲南省の緑茶です。花のような香りとはっきりとした渋みがあり、太陽の光をたっぷり浴びましたー!という元気のでるような緑茶です。

グラスに直接茶葉を入れ、熱湯を注いだら開くまで待ちます。その後は湯を注しながら、長いこと飲んでいられるので、今日はこれを片手にデスクワークに励みました。

すぐれもの!

台湾でYさんが買ってくれた紅茶のパッケージが素晴らしい♪

201304cc_017

こんな感じで一本ごとのパッケージになっています。これは蜜香紅茶。
開封すると、こんな感じ。

201304cc_019

穴が細かく開いています。
これ一本に300ccの湯という風に説明書きがされているのですが、台湾のホテルでやったときにはマグカップに入れるとこれ自体が浮いてしまってなかなか使いづらかったです。

これはやはり、こうでしょう!

130410_120225

ペットボトルの有効活用!水と一緒に一晩おいておいたものです。
茶葉を捨てるのもカンタンだし、これ、すごーくいいと思うんですが…日本の茶業者さん、日本茶でつくりませんかねぇ。


横浜で夜のさくら遊び

昨夜は、横浜・元町にある日本茶専門店「茶倉」さんにて、「をとな あそび」をテーマにしたお料理とお茶、さらには音楽を楽しんじゃうという贅沢なイベントがあり、お呼ばれしてきました♪

201304z_022

空輸で取り寄せたという、本当に贅沢な桜が満開で迎えてくれる中、ポップスから囃子、お太鼓やら三味線、端唄と春の味覚をばっちりいただきました♪うーん、大人になってよかったなー。

201304z_004

すべて手書きのコースターやランチョンマット、そして菜譜まで、心遣いがうれしいです。ウェルカムティーは桜茶でした♪

201304z_005
そして先八寸。春の盛り合わせです。食べたり呑んだり話したりで大忙しだったのですが、本当ならこれと日本酒があったらもう十分だったかも!

201304z_007
つづいて鮮魚。鯵の握り寿司が美味しかったー!

201304z_008
碗物は山椒の香る若竹。すごーくいい香りがしていました。

201304z_010
肉料理はおざさ豚のロースト。添えてあるマッシュポテトがわさび風味で美味でございましたよ!!

201304z_012
和風アクアバッザ。佐島の魚と葉山の野菜と湧き水で…湧き水で!?(笑)アゴナシとカワハギとお野菜がたくさん。これもこれだけで十分な一品ですよねー。贅沢。

201304z_014
飯物は猟師飯ということで、海草(山の人間には海草というくくりでしか認識できない)がたくさん入っている麦飯でした。よく混ぜて食べると、するするとお腹に収まります。

201304z_016
デザートは果物の宝石箱とアイスでした。フルーツは熱々で、お碗の中のほうじ茶アイスと桜風味のアイスに添えて食べると、お互いの味が出会います。食べきれない~!

最後のしめは…

201304z_019
茶倉さんの茶!私は京都のかぶせ茶(城陽産)をいただきました。お隣のNさんは手焼き濱番茶です。

お料理も音楽も素晴らしかったのですが、やはり新しくお会いした方々との会話が楽しかったです。日本茶関係の方はもちろんのこと、整体師さんから方丈さんから噺家さんまで、お話できなかった方も多いのですが、バリエーションに富んだ方々は、まさに横浜の夜に相応しいユーモラスな方ばかりでした♪

桜あそびと銘打っての会でしたが、桜に負けないくらいに話に花が咲いたかな~!
素晴らしい機会をいただけて本当に幸せでした。皆様にありがとうございます!


【気分は】マンゴープリン【南国】

買っておいたマンゴーが熟れてきたのでマンゴープリンを作ってみました。

マンゴープリン、好きな人が多いですね。私はそうでもありません(笑)弟様からのリクエストなんで仕方なしに。

201304cc_006

どうでしょうか。マンゴープリンというと、マンゴーの果肉が中に入っているのも多いですが、別にしておいて乗せてみました。プリンは滑らかなほうがいいかなと思いまして。

ざっくりした作り方。
マンゴー2個のうち、0.5個分は飾り用に使うので丁寧に切る。あとはぐちゃぐちゃでOK!
1:小鍋に生クリーム100ccくらいとぐちゃぐちゃマンゴー、砂糖10gくらいを淹れて軽く温めます。
2:別の小鍋でゼラチン5gを50ccくらいの熱湯で溶かします。
3:1をミキサーでよく混ぜ、混ざったところで2を投入。よく混ぜる。
4:氷をあてて、とろみがつくくらいまで時々かき混ぜながら冷やします。
5:小分けにして冷蔵庫に入れます。
6:できあがり。飾り用の果肉を乗せたり生クリーム、ミントなどで飾ります~。

庭でアップルミントの葉を摘んできて飾ったので、今日はお茶もミントティー。宮崎の紅茶にブレンドしました。マンゴープリンがこってりなので、爽やかなミントティーはなかなか合うみたい。

201304cc_009
(茶葉と同量くらいのミントが入っております)

ちょっと早いですが、気分は南国なティータイムでした♪

春のとり放題!撮り放題?

庭でもりもり山盛りの青菜をとりました。

201304cc_013
三つ葉!お吸い物にしようっと。

201304cc_014
菜の花!胡麻和えかな。

201304cc_015
いろいろごちゃまぜベビーリーフ的なもの!サラダ。

201304cc_025
山椒!佃煮!

S201304cc_022
そして、満開になったヤマブキ。ヤマブキなのにヤマブキ色でなく、白でございます。

201304cc_037
ついでに、どうにかして芝桜を背負った写真を撮りたかった玉緒さん。似合うじゃないか。

春の乾杯♪

…別に毎日呑み会しているわけではないのですが、どうもそう思われているような(笑)

大阪のWさんから季節のお便りです~と、イカナゴのくぎ煮が送られてきました!イカナゴ、関東風にいえばコオナゴですね。春の風物詩ということで、Wさんが炊いたのを送ってくださったのですが、イカナゴの生なんて見たことないよね、と話ながらいただきました。

201304c_016

日本酒のいいのがなかったので、とりあえずビールで!奥にあるのは我が家の伝統・切り干し大根の煮付けでございます。

イカナゴよりはキビナゴの方が手に入れやすいか…?なんて言っていたのですが、相変わらず、Wさんに春のお便り返しは何がよいかと迷い始め…のらぼうの採れたてが渡せたらいいんですけどねえ。海が近くにないと悩みます(笑)

春のティーパーティーin府中の森の古民家の中

散々悩まされた荒天でしたが、結局野外ではなく古民家の中で現代喫茶人の会恒例の春のティーパーティーが催されました。場所は府中市郷土の森博物館の旧田中家住宅です。明治天皇の行在所にもあてられた、甲州街道府中宿を代表する商家だそうです。

201304cc_011

風が強かったのでどうかなとも思ったのですが、やっぱり自然光の側がいい!ということで、縁側に面した場所をいただきました。

201304cc_008

梅の木がよくみえて、向こうには土蔵があるんですよ~♪
ここで烏龍茶席ということで、四種類の烏龍茶をお淹れしました。今回はお1人様ずつ、茶を選んでいただいて注文いただく形式にしてみました。

一番人気は私の思い入れの深い白芽奇蘭。福建省の烏龍茶です。ちょっと懐かしいような感じのする甘い香りを持っています。
そのほか、台湾の炭焙包種茶、老鉄観音、蜜蘭香単叢。それぞれに特徴のあるものを楽しんでいただけたかな~?と、思います。

201304cc_009

それにしてもロケーションが良すぎて、茶を淹れながら縁側を眺めてぼんやりしてしまいました。(器用ともいう、笑)

相変わらず他の茶席に行けなかったのが残念ですが…また来年も楽しみです!
強風の中お越しいただきました皆様、ありがとうございました♪

味スタ、風雲急を告げる!

130406_113243


明日の茶会が催行されるのかどうなのか、横目でにらみつつ、味の素スタジアムでサッカー観戦です。

なるべくなら、外出は控えてくださいね~という気象庁のお告げを完全無視の方向で参ります。じゃあサッカー中止してくれよ(笑)

不穏な雲行きの中、始まった試合は、内容も塩っ辛いものでした。とほほ。

でも、屋台村で美味しいソーセージとビールをいただいて、まあ、そんなに悪くなかったかな!と思いたい。

130406_111015

雨も風も、それほど強くならないうちに帰宅できました。
アクシデントといえば、飛田給の駅で私がコケたくらいです…。

めーだかーの学校はー♪

思わず鼻歌が出てしまう春の一日。明日からは台風なみの荒れ模様らしいですが…明日はサッカー観戦、明後日は野外の茶会があるのでお天気を心配しつつ…

庭には池ならぬ水槽ならぬ…桶があるのですが、いや、甕?とにかく、たまに水草を植えたり、稲を植えたりして遊ぶ水溜りです。近年、近所のマダムたちの間でメダカの繁殖が流行っているらしく(笑)、珍しい品種をもらったりして、でも同じ甕で飼っているうちに混血が進んでなんだかわかんなくなっちゃったりしたりしています。

今日、その甕を除いたら、桜の花びらが浮いてました。

201304c_005

春だわ~♪

ここのところ寒かったりしましたが、確実に水温む春になっておりますな!

201304c_002

どれだか知りませんが、楊貴妃なんていうノーブルな名前のメダカがいるらしいですよ。(web上で調べたら、相当赤みの強いメダカみたいです。うちのはかなり血統が薄まっているんじゃないかな~?)

そんな甕の脇の椿の葉を頂戴して、お茶の時間。

今日は狭山づくしです。狭山茶にさやまっちゃ餅!

201304c_012

さやまっちゃ餅は狭山の「かにや」さんのお菓子です。狭山で生まれた「明松」という抹茶を使っているのがポイント。量はたくさん使われているわけではないと思うのですが、インパクトのある茶の風味です。

何より目が洗われるような狭山の緑!

今日はなんだか来客が多く、ずーっと紅茶系を淹れていたので、自分用には日本茶にしました。遺伝子が落ち着きます(笑)

桜の海で泳いでおいで。

我が家のうさぎ、玉緒さんと桜見物にでかけました。

公園はもう花びらが一面に散っています。

130401_165828

どうせ玉緒さんには「地面が白いわね」くらいにしか思ってもらえないんでしょうけども。

公園で遊んでいた小さい男の子が声をかけてくれました。

「うちもうさぎ飼っているんだー。鳥もいるよ」

「なんていう名前なの?」

「鳥はー、ウミでー、ウサギはー、ネコー!」

…その後、ネコ、ネコと呼ばれながら追い回された玉緒さん。さすがに不本意だったかも(笑)

130401_170106


大正珈琲浪漫(適当)

お客様がいらしたときに、いつもいつもいつもいつも(笑)茶ばっかり出していると思ったら、そんなことはなく。
たまにコーヒー党の方にはコーヒーをお出しします。

今日は庭でいい花を見つけたのでコーヒーに添えてみました。

あら、なんだか大正浪漫っぽい感じってこんな感じみたいな?(笑)

コーヒーカップを茶杯に代えてお出ししたらば、ちょっとびっくりされました。

201303ddddd_002

ま、自己満足です。

お客様には正直なところ、花が邪魔だったと思います(笑)

エイプリルフールネタを作ってアップロードし忘れました。

くやしくてしょーがない。

ネタは来年まで寝かせておきます。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »