上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« すごい色… | トップページ | 玉露を堪能♪ »

黒糖ゴーフレットと謎の老茶

…なんかこのところ、お茶菓子紹介ばっかりやっているような気がしますが。
昨日に引き続き、菓寮 花小路さんのお菓子です。黒糖ゴーフレット~。

201302cc_004

ゴーフレット自体が焦がし砂糖風味というか、ちょっと苦味があるような感じで、中のクリームがしっかりと黒糖の味わいです。私にはよく比べることができませんが、ゴーフルにしては硬めらしいです。たしかにサックリというよりもバリバリしてます。

割ってから食べるのが正式だ、とか、割るための専用ハンマーが売っているなんて聞きましたが、本当でしょうか。かつがれた?(笑)

このほんのり苦味のある風味に合わせるということでピン!ときたのが老茶です。
老茶、長期保存して熟成した茶です。
特に「あの老茶」とか「あの味」というわけではなかったので、長年保持していた「老茶」をひっぱりだしてきて淹れました。

この茶、なんだかわかりません。(きっぱり)

出所、出自がさっぱりわかりません。私の走り書きで「老茶」という文字だけが手がかりです。
少なくとも私が5年は持っているのも確か。あなたはどうして我が家に来たのかしら~?

茶葉の見た目は広東烏龍茶のようなのですが、香りがまったく違う!
お客様に出すには得体がわからなさすぎるし、試し飲みをするような量もない!(全部で6g弱)

ってなわけで、ずるずると飲まずに持っていたわけですが…思い出したが吉日ということで飲んでみました。

…プーアル茶っぽいような香りがするけど、味が絶対にプーアル茶系統じゃない…なんだこれ。
美味しいかといわれれば、美味しいような気がします。まぎれもない老茶の味わい。今、私が求めていた味は持っているので他はどうでもいいか?

もう残っていないので、謎は謎のまま、永遠に残ります。

« すごい色… | トップページ | 玉露を堪能♪ »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

極楽さん、こんにちは!
お茶は、保存の仕方さえよければ古くてもお腹を壊したりはしないものなのですか?coldsweats01
この記事のタイトルが「ハリポタ」のタイトルぽくってよかったです! ハリ~ポッタ~「黒糖ゴーフレットと謎の老茶」movie

@よっしゃーさん、こんにちは!

>お茶は、保存の仕方さえよければ古くてもお腹を壊したりはしないものなのですか?

お茶の敵は紫外線と温度と湿度です。そんなわけで、これらに当たると風味が落ちてしまうのですが、別にお腹は壊しません(笑)

お腹を壊すほどの茶というと、カビが一番の原因ですかね~。白カビは言うに及ばず、黒カビはなかなか見てもわからないので、あまりに古い茶はお気をつけ下さい。
カビが生えてなければ、たいていはほうじ茶にすれば飲めますよ~。

一部の茶は長期間保存することによって風味が増したり、まろやかになり違った味わいになったりします。日本の茶では基本的には向かないですけども。

>記事のタイトル

言われてみれば、本当ですね。大笑い~happy02
炎のゴブレットが炎のゴーフレットみたいに聞こえるんですかね(笑)

コメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/56710651

この記事へのトラックバック一覧です: 黒糖ゴーフレットと謎の老茶:

« すごい色… | トップページ | 玉露を堪能♪ »