上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 黒糖ゴーフレットと謎の老茶 | トップページ | 月世界 »

玉露を堪能♪

玉露、と聞くとどんなイメージを持つでしょうか。

私のイメージでは高級な茶、うまみ…言いつくろってもしょーがないのでぶっちゃけて言いますと、何よりも「だしの味」!でした(笑)

しかし昨年、ひょんなことからイベントで使わせていただくことになった福岡県八女市星野村の高木茶園さんの玉露。

201302c_003

こちらはさわやかで、後味がすっきりとしています。日本茶インストラクターさんに話を聞いたところでは、淹れ方によってもだいぶ味が変わるけれど、八女の玉露はさらっと爽やか系なんだそうです。

玉露って、だしの味(これが一番わかりやすいと思う)がするんでちょっと苦手~と思っていたのですが、こちらの玉露を約70度の玉露にしては高めの温度で、ササっと抽出すると、清涼感とうまみが絶妙のバランスで味わえました。美味しいじゃないか~!

糸のように細くて脆い、繊細な茶葉も見ごたえがあります。

201302c_002

玉露に触れる機会が本当に少なかったので、なんとなく手が出しずらかったのですが、これは美味しい。
栗まんじゅうと一緒にいただきました。

201302c_006

ほとんど色のない一煎目ですが、香りも味も濃厚です。口に含むとインパクトが強くて驚きます。五月の茶畑を吹き渡る風のようだ~(笑)

201302c_008

さらに温度を上げての2煎目。緑が鮮やかで美しい。やわらかい渋みが出て、上品な味わいです。

普通の煎茶よりも煎が効く感じでしょうか。4,5煎と杯を重ねて、最後はポン酢につけて日本酒のあてにしました。…う、うまい。

201302c_009

日本人でよかった…。

« 黒糖ゴーフレットと謎の老茶 | トップページ | 月世界 »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/56734291

この記事へのトラックバック一覧です: 玉露を堪能♪:

« 黒糖ゴーフレットと謎の老茶 | トップページ | 月世界 »