上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ばばんばバンバンバン♪ その2 | トップページ | ばばんばバンバンバン! その3 »

辛党ジンジャーエール

しょうがをたくさんいただいたので、寒い冬にはジンジャーエール!ってなことで、タネをつくりました。番茶のお話は一回お休み~。

私は辛党なので、辛いジンジャーエールです。わりとイロイロ試しましたが、自分の好みは自分が一番よくわかるということで…こんな感じで落ち着きました。辛党さんは、お試しあれ♪

適当すぎるレシピ

★しょうが…いつもあるだけ全部。だいたい100g~200gです。今回は皮ごとスライサーでスライスしました。しょうがの量があまりないときは摩り下ろして最大に味をひき出します。

★砂糖…たいてい三温糖で作ってますが、なんでも大丈夫です。グラニュー糖ならすっきりした甘さに。黒砂糖も面白いですよ。250~350gくらい。しょうがの量に適当に合わせます。

★スパイス…以下、パウダーでも大丈夫。パウダーの時には、だいたいこのくらいの量を目安にします。なお、我が家のスパイスはたいてい中華街で買ったものなので、たぶん、西洋のものを使うと味が違うと思います。シナモンは肉桂、クローブは丁子を使っております。…問題ないです。
お茶パックに入れると、後が楽なのかもしれませんが、なんとなく味がちゃんと出ないような気がして、いつもそのまま豪快に放り込みます。

クローブ 5,6個
ナツメグパウダー 二ツマミくらい
シナモン 小さじ1くらい
タカノツメ 3~5本 タネごと輪切りにして全部入れてます。一味でもいいんじゃないかと思います。
黒胡椒 5,6粒 粗びきで入れることも。

★レモン汁 80ccくらい 生レモンが最高ですが、半分は○ッカレモンみたいなもので済ませる場合があります。

1:レモン汁以外のものを小さい鍋に入れ、水400ccを加える。

2:中火で火にかけ、焦げないように、たまにかき混ぜる。沸騰したら中~弱火くらいでくつくつと。10分くらい。

3:あら熱をとったら、レモン汁を加える。

121210_150637
薬膳スープではございません(笑)

4:ザルなどで漉す。(濁ったジンジャーエールが好きなので、ザル。)

121210_153446
時間がたつと沈殿して、上の方が澄んできますが、かきまぜながら使います。

5:冷蔵庫に保存して、飲みたいときに希釈して飲みます。このタネ:ソーダ水が1:4くらいです。

201212z_003
ピリピリしてます♪辛いのが苦手な方にはおすすめしません。

寒いときにはお湯割りもOK。
ソーダ水の代わりにビールを注ぐとシャンディーガフのようなもの、ができます。

なお、ザルに残ったしょうがは、スパイスをちまちまと取り去り、ビンで保存しておきます。「ジンジャーエールの残り」と呼んでいますが、大変美味しいです。パンに乗せる、ヨーグルトに入れる、カレーの隠し味…やらないけどクッキーやケーキに練りこんでも良さそうです。本当は格好いい名前があるに違いないものができます。

さらに!レモンを使うので、レモンを絞った残りでシンク周りをこすると、クエン酸効果で美しくなりますよ!お徳!(笑)

« ばばんばバンバンバン♪ その2 | トップページ | ばばんばバンバンバン! その3 »

茶館つくろう」カテゴリの記事

コメント

うぉ、辛党なジンジャーシロップですね!

私は新生姜の時期にグラム100円を切ると大量に買ってシロップ作ります。
新生姜だと辛くないんですよねぇ
で、レモン絞るときれいなピンク色になるんですよ

夏もいいけど、冬も冷え対策にはいいですよね♪

えるさん、こんにちは!

ピンクジンジャーエール、かわいいですね♪
友達がつくってくれたことがあります。
そうか、新ショウガだとピンクになるんですね~。

私は辛党なので、前述のようなかわいげのないジンジャーエールになってしまいますが…温まり方は相当なものです。ふふふ・・・

ちなみに友人に出した際には「カレーより辛い」と言われました(笑)

コメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/56298618

この記事へのトラックバック一覧です: 辛党ジンジャーエール:

« ばばんばバンバンバン♪ その2 | トップページ | ばばんばバンバンバン! その3 »