上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 静岡道楽 | トップページ | 失敗しちゃった茶って…? »

発酵している日本茶たち

一昨日、横浜・元町の日本茶専門店「茶倉」さんにて、日本の発酵茶の試飲会に行ってきました。

日本の発酵茶はここ数年で一気に熱くなってきたようです。一つには緑茶の価格の低迷…消費が落ちてしまって、供給過多になっていること、東日本大震災の放射能関連の影響などがあります。今までどおりの日本茶を作っていて続けられないという危機感が生産者の方にはあるのでしょう。

茶倉さんでは定期的に(?)茶農家さんなどのゲストを招いて試飲会を開いているそうですが、今回は静岡の「ふじのくに山のお茶 100選」のつゆひかりを使った静岡型発酵茶についてのアンケートに答えるということで、ヨコハマTEA PORT TOWNの仲間達と一緒に参加させていただきました。

そもそも「ふじのくに山のお茶 100選」のつゆひかりを使った静岡型発酵茶ってなんじゃい?という話になると思いますが、

まず、「ふじのくに山のお茶 100選」とは…

「ふじのくに山のお茶100選」は、静岡の山のお茶の特徴を生かし、先人より引き継がれた高い製造技術により生産される、釜炒り茶、烏龍茶、紅茶、ほうじ茶など、静岡でしか作ることができない味や香り、色や形に特徴を持った個性ある銘茶で、静岡県が開催した中山間の100銘茶コンテストの入賞茶の総称です。

静岡県公式ホームページより
というわけで、簡単に言えば静岡の中山間地で作られる特徴あるお茶100、みたいな感じでしょうか。100種類もあるのがまずすごいわけですが…。

その中の「つゆひかり」という品種を使った静岡型発酵茶、これがいわゆる日本茶としての発酵茶の一種を目指しているそうですが、詳細はまだ模索中らしい…模索しているのでアンケートで意見を募っているのでしょう。

そんなわけで、試飲をしてアンケートに記入します。

「日本の発酵茶」は、たぶん今ものすごく迷走というか、手探りしつつ、各地、各団体、各生産者さんが頑張っている途中なので、まだ見ぬ場所に向かっているものについてのアンケートです、たぶん。難しい(笑)

中国茶基準で判断しそうなのを置いといて、日本の緑茶じゃないのも置いといて、まあそうすると結論として私にはよくわからないわけですが(言っちゃった!)、こういうときは何も考えない素直な判断で答えてみた方がいいですね。うーん、これ役に立つのかな、立つといいんだけど。

その後は、15種類以上の茶を試飲しましたよ♪上記の100選以外の茶も、混ざってますが、静岡だけでこんなに!?と驚くほどバラエティに富んでいました。
201211chu_033
「日本茶」「やぶきた」という概念がふっとびます。こんなに
201211chu_035
品種や
201211chu_039
発酵度の違う茶があるんですね~。

個人的に気になったのは半発酵の「春巡」「香蘭」「そうふう」紅茶の「藤かおり」など。全部覚えきれておりませんが。

先ごろ村松さんのところで出来たベニフウキの包種茶(私の行った前々日に会心の作があったらしいですが、昨日また村松さんからそれを越えるかもしれないのが出来たと電話をいただきました。うーん、自己記録常に更新していくとどうなっちゃうんだ…届くのが楽しみです)や、氷出しの梅ケ島の隠れ茶
201211chu_041
も、贅沢なお味でした。

さらには、この日ゲストでいらしていた佐藤さんの「黄金みどり」。しずおか地産地消推進協議会ホームページへリンク

先日のイベントのミーティングの時に日本茶インストラクターのKさんが写真と共におすそ分けしてくれて度肝を抜かれた茶葉を作った方です。上記サイトにも小さな写真がありますが、菜の花畑のような黄色い芽の茶です。つくられた茶葉も、旨みと苦味が強い不思議な印象です。水出しで5分置くと美味しい!色で味も淡いのかなと思ってしまいますが、緑の茶葉より香味が強いです。水出しで旨みが強いのはわかりますが、口の中に香りがぶおわっと広がりました。不思議です。しかも、煎を重ねるごとに黄色味が増すそうです。わけがわからなーい!
8煎以上いける、と伺いました。なんだかもう異次元です。

201211chu_042

白菜じゃないですよ(笑)

もともとは佐藤さんが偶然見つけた突然変異の黄色芽を吹く茶樹を27年かけて増やしたそうです。これは見た目も淹れ方も香り、味も話題になること間違いなしの茶葉です。うーん、面白い…。

そんな黄金みどりの粉末で、茶倉さんが作ってくださったのがこちら
201211chu_040
…この写真を見たら、何に見えるんだろう(笑)
白玉団子です。抹茶白玉に近いものですが…色が不可思議で、画面がおかしくなったみたいに感じますね。たくあんみたいですが、口の中には茶の香りと苦味が広がりました。つくづく面白い…。

その他、にもいろいろ奇抜なもの(笑)が出てきて面白かったです。11時から外が暗くなるまで楽しんでしまいました。

久しぶりにちょっとお茶酔いしました!ん?日本茶でお茶酔いしたのは初めてだなあ…。

« 静岡道楽 | トップページ | 失敗しちゃった茶って…? »

行ってみよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/56054422

この記事へのトラックバック一覧です: 発酵している日本茶たち:

« 静岡道楽 | トップページ | 失敗しちゃった茶って…? »