上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« プライスレス弁当 | トップページ | コーヒークラブ活動 その11 »

京華楼の四川坦々刀削麺

寒くなってきました。

いつも食べたいわけじゃないんだけど、寒くなってくると一気に食べたくなるのが中華街の京華楼さんの坦々麺です。もっぱら関帝廟通りの別館ばかりですが…。

中華街で働くことになったとき、「やった!休憩時間に全店制覇できるかも!?」なんて浮かれていたのですが、実際には、休憩時間が2時から4時くらいの変な時間になるため、意外とその時間に営業している飲食店が少ないのでした。(しかも土日は混雑しているんで、なんとなく他店でも忙しいのに邪魔しちゃ悪い感じがしてしまうし)

そんな中で重宝していた思い出があります。いつでもやってる安心感(笑)

刀削麺は私が留学していた山西省の名物。方にタネを担いだりして、包丁でうまく削いで湯の中に麺を飛ばしていくのを、テレビなんかでご存じの方も多いのでは?伸ばして細くした麺や、切って細くした麺と違って、削いだ麺はかなり幅広です。そして、断面図は不定形なものの、総じてみれば割と扁平なダイヤ型。両端は薄く、まん中が厚くなっています。

そんな訳で、どんな名人がやってもこの刀削麺はたぶんちょっと芯が残っているところと、ぺろんぺろんに薄い部分が混在することになります。

私の経験上、それでも全体的に芯があるときと、柔らかめなときがあります。どっちが来るかは運次第。(笑)

121029_134200

この日はどちらでもなく中間な日でした。(笑)
それでも、この麺を全部すすって食べられる肺活量の人はあまりいないんじゃないでしょうか。箸で持ち上げようつぃても不定形で芯があるので一本ずつくらいしか上がらないし…レンゲをうまく使いつつお召し上がり下さい。

ちなみに一杯で相当量がある…というか、味が単調で飽きてきてしまうので、オススメは最初は普通に食べて、途中でテーブルにある花椒粉をもっさりかけます。一気に四川の山椒辛い味わいに変化します。あ、私は辛いのには強い方なので、まったく辛さは問題ありませんが、たいてい一緒に行く人は最初に「辛い!」といいます。

個人的な食べ方の好みとしては(何を語ってるんだ…いつもながら、笑)、最初に全体をよく混ぜたあと、なるべく底の方の細かい、柔らかい麺をひろいだして食べていきます。その間に芯の結構残っているものも多少は柔らかく
なるんじゃないかとか考えつつ、だいたい細いのを食べ尽くしたくらいで味に飽きてくるので花椒粉を満遍なくかけて芯がある大物を一本ずついただきます。全部食べ切れたことがあったかなあ?

もし、中華街でこれに挑戦する方は2人で二杯はやめておいた方がいいです。1人はこれ、もう1人は麻婆豆腐とかご飯ものにするのが正解なのでは…とくに女性の場合は、まず食べきれないですよ~。

中華街の中でも有数の、紙ナプキンがティッシュ代わりに使われているお店です。間違いない。(笑)

« プライスレス弁当 | トップページ | コーヒークラブ活動 その11 »

食すべし!」カテゴリの記事

コメント

極楽さん、こんばんわ!坦々麺大好きです。横浜中華街に行ったのはかれこれ・・・・すぐには思い出せない(^^ゞ くらい前ですが、福岡にも坦々麺の美味しい店は結構あって、無性に食べたくなる時があります!くせになりますよねnoodle 時間をつくって、過去の「食すべし!」も拝見します◎

@よっしゃーさん、おはようございます!

福岡のおいしいもの…ほとんど滞在したことがないので「博多とおりもん」をお土産でもらったのくらいしか思い浮かばないのですが、うわさはいろいろきいてます!福岡の坦々麺はまた一味違いそうですね。食べたいなあ。

福岡に行った際には坦々麺、と記憶しておきます。

コメントありがとうございます♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/56005667

この記事へのトラックバック一覧です: 京華楼の四川坦々刀削麺:

« プライスレス弁当 | トップページ | コーヒークラブ活動 その11 »