上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

だーかーらー…来るなら来い!台風め!(本気にしないでよ)

本日は、毎年恒例、東京の海の上(川の上?)でかつての同僚と集まる会の日です~。一年に一度しか会わない人もいれば、数週間に一度は会う人、数年に一度どころか、仕事以来の10年ぶり!なんていう人も集う貴重な日です。

そこに台風が直撃。…!

というわけで、とりあえずランチから始めたのですが…場所はスカイツリーを目の前に望む好立地のホテル、東武ホテルレバント東京。お昼のビュッフェにお邪魔してきました。2011年10月にリニューアルしたそうで、とてもキレイでした。スカイツリー効果ってすごいな(笑)

ビュッフェも好評のようで、予約をしないと難しそうでした。レストラン「ヴェルデュール」は、30mものブッフェカウンターがあり、和洋中なんでもござれな食べ放題。
ピザ釜もあれば、ラーメンもその場で湯がいてくれるし、蒸し物もじゃんじゃん蒸したてを渡してくれます。これは人気あるでしょうねえ…

というわけで、テンションが上がり、みんないそいそお皿に盛っていたのですが…いつも幹事をしてくれるF女史の顔で(笑)、すばらしいお料理が!

S201210c_013
フカヒレスープも美味しかったけど、タラバ!や、大正エビなどなど

S201210c_014
うわー、Fさんと働いてこれほどよかったと思ったことはないわ(笑)くらいに喜びました。こちらの中華は、普段が中華街の中華を基本にしている私には大変日本向けに改良された親しみやすい味わいでした。

ちなみに杏仁豆腐。
S201210c_015
甘みが少し強めなのですが、まん中にクコと白きくらげと桂花陳酒(かな?)の寄せものが入っていて変わってました・・・。おしゃべりに夢中だったのでもっとしっかり見ておけば良かった。

ちなみにチョコレートファウンテンが二台あって、甘い香りが苦手な私は逃げ回ってました(笑)

そんなことをしている間にも、台風は刻一刻と近づいておりまして、本当は浅草探索なんぞをしながら船に乗るはずだったのですが、急遽変更、ホテルの上階にあるスカイツリービューのバーラウンジ「REN」さんに移動して、眺めを楽しむことになりました。

スカイツリーまでわずか1,5km。

S201210c_027

台風が至近のドラマチックな空と一緒に存分に眺めたのでした~。本当に絶景です。ここすごい(笑)

ちなみに、スカイツリーを見ながら…
S201210c_033
ビールです。
当然当然!

途中から合流する予定だった人もいるので、終始連絡が行き交います。携帯電話やスマホが発明されていてよかった(笑)

電車は動くのか。
台風はどこまで来ているのか。
東京の電車は運休は少ないような気がしますが、すぐに徐行運転とか本数を減らしたりするので油断がなりません。まあ…本当はこれだけ遠いんだよなと距離を感じる貴重な機会だと思いましょう。我ながらポジティブすぎるか…?

結局、中央線の間引き運転が始まっているあたりで解散になりました。

明日仕事がある人も多いですしね。年末にリベンジしましょう!
ちなみに、今回久しぶりに会ったHさんが全然変わって無くて嬉しかったです♪(私に向かって若返りましたねといってましたが、それ、微妙です…どうとっても微妙、笑)

早めの帰宅になりましたが、みな無事に帰られたようで、まずは無事が何より。

では、年底見!

中秋茶会@中目黒

昨日は、すでに恒例のyしー宅でのお茶会でした。
今回はハイチからもお客様を招き、相変わらずグローバルな広がりをみせる茶会です。

S20120929_009
入り口に掲げた、毎度のへぼ字。なんとなく、雰囲気だけ、ニュアンスが伝われば、それしかない(笑)

さてさて、今回は30日が「中秋節」、日本で言うところのお月見の日です。ということで、セッティングもそんな感じで。

S20120929_002

黄色い皿は月を見立てているんですよ。二つあるけど(笑)

今回も茶は10種類ほど召し上がっていただきましたが、季節的には「桂花茶」を飲みたい!
S20120929_019_2
浮いているのは桂花=キンモクセイです。
ほやっとキンモクセイの甘い香りが漂います。

そしてメイン!
S20120929_016
中秋月餅です!
これも毎年いただいている横浜中華街の聚楽さんのハスあん黄身入り月餅です。丹念に練られたハスあんと、黄身の塩加減がばっちり♪

カットすれば…
S20120929_017
満月発見!…中国の人はおもしろいことを考えるもんですなあ…。今まで食べた中でも、今回が一番美味しく感じたのはなぜでしょう。会話が楽しかったからでしょうか。

烏龍茶も淹れましたよ~。
S20120929_021
ところで、この茶壺、かぼちゃじゃございません。

やっと使えたこのシリーズ!
S20120929_023
菊紋茶壺といって、菊の花を模したものなのです。たいていの場合9割以上の確立で「かぼちゃ」と呼ばれますが。ちがうって(笑)

野菜ソムリエということもあって、yっしーは準備中に毎回色々なものを食べたり飲ませてくれるのですが、さすがに配合が上手!

S20120929_010

今回もらったキウイと梨のジュースは爽やかで美味しかったです!

そして私が準備を終えてくつろいでいる横でキッシュの仕込みをしていたり。
S20120929_015
キッシュはプーアル茶でいただきましたが、やっぱりプーアル茶は洋食にはバッチリですな。

お集まりの皆さま、今回も大変ありがとうございました♪10年ブリくらいにMさんにもお会いできて嬉しかったなあ。


どら焼きをいただきましたとも。

先日、薫風さんでいただいた どら焼き を毎日食べてました。(笑)

201209d_008
これは通常版。なぜか紅茶でいただくシリーズ。台湾の紅玉という紅茶です。

201209d_012
これはライム。(なんとライムピール?があんと一緒に入っています。意外な美味しさ!)日本の大井川紅茶でいただいてみたり。

こちらはビスコッティみたいなもの。なんていうお菓子だったんだろう。(今更…)
201209d_005
頑張って(?)不得意な方のダージリンで楽しむ。(…自信がない感じで淹れると、イマイチ味も自信がないのです)

美味しいお菓子のある生活は心が豊かになります。ホントに。体重も豊かになるけど(笑)

ビジュアル的には凸凹コンビ(笑) 労山茶と太平猴魁

まあこれを見てください。

201209d_025

なんじゃこりゃ、な感じですが…どちらも中国の緑茶です。
左は「労山茶 ろうさんちゃ」、右は「太平猴魁 たいへいこうかい」、
どちらも横浜中華街の悟空さんで求めました。

とくに太平猴魁の茶葉の大きさは、初めて見る方はぎょぎょっとするくらいに大きいです。なんか強そうな外見の割りに、ほんわか優しい味わいの茶です。
急須には入らない大きさなので、グラスでいただきました。しかもシャンパングラスに入らないので、ワイングラス(笑)

201209d_038

インパクトでいうとどうしても太平猴魁に負けてしまいますが…

労(中国語だと山ヘンの付く労の字ですね)山茶は、山東省青島、中国の北限の茶です。
日本でいうと茨城…三戸くらいの緯度でしょうか。肥沃な土地、高山雲霧、昼夜の温度差があり、茶の生育に適しているそうです。水の美味しいところとしても非常に有名です。やっぱり茶の産地は水が美味しいところですね♪

1957年に「南茶北引」ということを思いついた人(?)が浙江省あたりから優良茶樹を持ってきて植えたのが始まりだそうです。龍井43号や福鼎大白茶、キーマン紅茶の品種なんかもあるそうで、まあ基本的には耐寒性の強いものが多いんでしょうねえ。

といっても1990年代の初めの頃はまだまだ生産量も少なく、技術的にも低くかったようですが、政府が資金を提供したり技術指導を入れたりした90年後半くらいから俄然名前が知られるようになりました。確かに10年くらい前に飲んだイメージではピンとこなかったんですが、今回飲んだら、美味しかったです。びっくりしました。

労山では緑茶が圧倒的に多いですが、少量の青茶や紅茶、花茶なんかも生産され始めています。

うーん、なんでだかわかりませんが、中国の緑茶は夏を越したくらいに飲むと美味しいです…。

菊の香りでいただきます

9月の9、中国語ではjiu(ジゥ)という発音になります。ちなみに菊の花はju(ジュゥ)・・・微妙に違いますが、似てます。

それでなくても秋の花といえば菊を思う方も多いのでは。

Skiku

見た目にも可愛らしいので、この時期は菊の花のブレンド茶をおすすめしてます。これはプーアル茶とのブレンド。肉まんとの相性がいいです♪

突発秋分茶会

古くからの相棒であるところのY(本当にYさんばっかりなんですが…)ちゃんが、お友達を連れて来てくれました。
リクエスト:台湾の紅茶とか日本の紅茶とか!

…というわけで、急遽スタンバイ。

S201209d_043

整理がてら、茶壺など並べてみたりしつつ…

S201209d_045

女性ばかり(しかも茶の世界の玄人さんばかり)なので、なんの気兼ねもないのんびりした会となりました。

台湾の蜜香紅茶の飲み比べとか(贅沢!)、ベニフウキ色々の飲み比べの他、私はあまり詳しくないのでダージリンの話やインド・スリランカの紅茶の話は大変興味深かったです。

S201209d_048

デザートにお出しした、いちぢくの赤ワイン煮、アイスクリーム添え。ミントは庭から引きちぎって載せました(笑)

初めの冷茶から数えると14種類!よく飲みました~!もうちょっとボリュームのあるものを用意しておけば良かったですね。次回の教訓にします。

うーんしかし、紅茶は淹れる方法での味の変化が相当ありそうですね。なるほど、そこがおもしろいのかと改めて思いました。やっぱりg数は計らないといかんようですねえ。(←そこからか!)

粉ものを作り上げる人

先日Yさんからいただいたパン。

S120920_212444

パンに対しての経験値が低いからだけじゃないと思うのですが、玄人はだしの出来映えじゃありませんか。
味も当然、ものすごく美味でございました。

ちょっと、居住関係がいろいろあったので、トースターを使うわけでも、バターがあるわけでもない上に珈琲もなくって、そのままモソモソいただきましたが、それでも十分に美味しかったです。なんでこんなのできるんだ!嫁に欲しい。(笑)

私、液体は割と得意だと思うのですが・・・粉物を作り上げられる人は、本当に素晴らしいと思います。

中華街で中華以外という贅沢。

観光で横浜中華街に行けば、当然(?)食事は中華が食べたくなります。

横浜に一泊することなどがなければ、なかなか中華街で中華以外を食べようという気にはならないかもしれませんね~。ただ、中華街の中には、中華以外のお店も色々ありまして、中華街勤務の人たちや、舌の肥えたハマッ子が行きつけにするようなお店は、ちょっとびっくりするくらいレベルが高いです。

割とこぢんまりしたお店が多いのも特徴でしょうか。もし、機会があれば中華街で中華以外、お試しください。

そんなお店の一つ、ビストロ イージーリビング (BISTRO EASY LIVING)さん。

気心の知れた仲間2,3人と行くのにオススメです。

120922_192608
ニョッコフリットとハートランドビール。

このお店の何がいいって、ハートランドビールの生があるところです(笑)ちなみにヒューガルテンホワイト(こっちは瓶だけど)もあります。ありがたい。

最近は中華街で中華よりもそれ以外を食べる機会が多いです。ある意味、贅沢だよなあ・・・。

中華街の裏側に

横浜中華街に行くと、たいていの場合はお土産買ったり、美味しいお店を探したりで時間が過ぎてしまうと思うのですが、それでもちょっと時間ができると行くのは元町でセレブな雰囲気を味わい・・・それで終わってしまいませんか?

それではもったいない。歴史の息吹を感じるものがたくさんあるんですよ!
私も中華街で住んで初めて気がつきましたが、これは京都にちかいものを感じます。

道端に・・・

120922_131956

大砲・・・!!?

とか。

道端に・・・

120922_132142

・・・わざわざ説明文が必要とは思えないただの壁(失礼すぎる)?

など、京都や奈良の重要文化財や国宝なんて指定がないからこそ、余計にぎょっとする遺物の数々。中華街から一本はずれるとこんな史跡が点在しています。・・・写真にしてもインパクトがあんまりないんですが、実物はもっと街中にまぎれていて「???」となること請け合いです。

もうむしろ、見つけたらすごいんじゃないかい!レベルの紛れ込みかたをしているので、これを目的にゲームにしてもおもしろいかもしれません。

ぜひやってみてください。(笑)

いつか、これを元に企画してみたいもんです。

中華街在住。

久しぶりに横浜中華街在住になっています。諸事情がありまして、とりあえず月曜日までは中華街の住人です。

ちょっと来ないと店がどんどん入れ替わるのが中華街ですが、今回はずっと閉まっていて、もう止めちゃったんだろうなと思っていた店が復活していて驚きました。どういうことだ、気まぐれだったのか!!?(でも10年くらいやってなかったと思うんだけど…?)

120922_173309

中秋節に向けて、月餅ののぼりがあちこちに立っています。秋の風物詩ですね♪

どらどらどーんとやれ、どんどんどーん♪

今日のタイトルがわかってしまった人は、素直に自分が「団塊ジュニアであること」を認めましょう(笑)
わからなかった人は勉強不足なだけで、年輪にうそはつけませんのであしからず!
  
今日は、Y先輩のお手伝いしている千駄木の和菓子屋さん(…この説明でいいのか?)に行ってきました。
お店の名前は「薫風」さんです。

120920_145122_2
↑竹の鉢植えが置いてあるときがオープンだそうです。わかるか!(笑)

メインはどら焼き。一味違うのは、あんに様々な季節のフルーツ練りこんであったりするところです。でも、あんこ自体が どえらく 美味しいです!! 粒あん派の皆様、要チェックですよ!本当に。
(あと、皮は皮で美味しいです。個人的には別々のほうがいいんじゃないかというくらい、それぞれが美味しいのです!)

120920_145605_6

レモン、ライム、チェリー、ハスカップなどなど、季節によってもどんどん変わるとのこと。

お店は、喫茶店というより、アトリエという雰囲気です。
一歩はいると
120920_145749_2
皮の製作中!(笑)
いい香りがしております。
店頭に並んでいるのよりも、今焼けたその皮が欲しい!(笑←本当にいただいちゃった。すごい美味しいです)

本当は秋に合う中国茶の話をしに行ったんですが、全部すっとばして、もう、この皮の美味しさしか残ってません(笑)粒あん、そして皮、久しぶりにテンションがあがりまくりました。あんこが欲しい。あんこがどんぶり一杯欲しひい!これを次の目標にさせていただきます。迷惑か(笑)

ジャスミン茶とヨーグルトってどうよ!?

茶のゼリーは割と好きでよく作りますが、今回は今までの物にちょっと捻りを入れてみました。

120919_202052

上からヨーグルトソース、ジャスミン茶のゼリー(クラッシュ)、ヨーグルトゼリー、一番底に白ワインのコンフィチュールをレモン汁でシメてみました。

最初はさっぱりスッキりゼリーを目指して、全体にレモンの風味を合わせたら不評だったので、今回はヨーグルトのまろやかさに頼った出来映え。

…なんだか…イマイチ、いや、イマサン、ヨンくらい(笑)

ジャスミン茶とヨーグルトは、組み合わせは悪くないんだけど比率を間違えると、ぼやんとした味になってしまいますね。この路線はやめよう。←あきらめが早い。

もう一つ仕込んだのがあるので、こちらはまた明日のお楽しみ。

ぽかんと時間があいたので

いろいろあって、ツアーに行かなかったということは、その時間がまるまる空いてしまったわけでして…まあ、心にもぽかんと穴が空いているような気がなきにしもあらず。

さて、どうしようかな…とりあえずゼリーでも固めるかな…(←何も考えなくてもできるんで)

ぼーっとゼラチンと格闘していたら4種類のゼリーが出来ました。
消費期限を軽く2年くらい超えているんだけど、固まるだろうか!?

明日が楽しみです。

いってきまー…

杭州ツアー初日…になるはずでしたが、私は東京におります。

まあいろいろいろいろいろいろ考えた結果、今回はツアーに不参加を決めました。もう気持ち悪くなるくらい色々考えた結果なので、後悔はしません。また次の機会にしようっと。

我が愛しきモヒート

横浜に住んでいたとき、夜の蝶となってはばたいていた頃(笑)の話ですが、とあるお店でマスターがモヒートを出してくれました。

ラム 45ml ライム 1/2個 ソーダ水 砂糖 1tsp~3tsp ミントの葉 適量
wikiによる標準的な材料。

120913_150245

ライムとミントがたくさん使われているので、これぞ爽やかカクテル!というくらい、目にもグリーンが嬉しいカクテルです。最近は缶飲料にもなっていますが、やっぱりフレッシュミントを贅沢に使ったのが一番美味しいと思います。

平日の夜、モヒートをオーダーすると出してくれるお店が少ないのは、やはりミントの葉の仕入れ量が難しいんだろうな~なんて勝手に思います。普通は一葉、二葉の飾り程度しか使わないのに、モヒート一杯で10枚くらいは使ったり(もちろんお店によるけど)するでしょう~。

写真は、ノン・アルコール。ライムソーダのミント風味ですが、暑いときにはぴったりです。

…そいういえば、モヒートという名前がなかなか覚えられず、今でも「あの…蚊…モスキート…じゃない…モヒート」という思い出し方をしてオーダーしております(笑)

西荻窪・喜田屋のむらさきまんじゅうと豆大福!!

うーん、久しぶりにまんじゅうだ!

お土産にいただいてしまったおまんじゅう。豆大福と黒米むらさきまんじゅう!!最近食欲なかったんですが、あんことなれば、別腹ですがな!

西荻窪には意外(?)においしい和菓子屋さんがあるんですよね。喜田屋さんは、たぶん私が想像している店じゃないんだけど(笑)、あのへんだろう。

さらっと調べたところ、こちらの豆大福は人気があるようで…いただいてみて納得。
見よ!この美しいフォルムを!(笑)

120915_121945
…あんこが苦手なK氏をして、「なんかうまそう」と言わしめた外観。

これ、95%粒あんです。しかも残りの5%のうち、3%以上がエンドウ豆。ようするに豆の固まり!
豆好きにはたまらない、まさに夢の豆大福なのであります!(笑)

120914_161730

こちらはむらさきまんじゅう。まわりのむにっとした皮と、あんこが甘すぎることなく、かといって物足りなくもない、絶妙の加減です。単純に私の好みに合う!

これは日本茶!しかも絶対に深蒸しか粉茶か、そんなかんじの!!ということで、最近めっきりのんでいなかった深蒸し茶でいただきました。

どうにもこうにもジャパネスク。

パフェについての考察がてら。

パフェ。私を悩ませるこの憎いヤツめ。

ということで、昨日はKくんにパフェのレクチャーをしていただきました。パフェ!

120913_150014
↑バナナキャラメルチョコレート(順不同)パフェ。

私はこの外見に耐えられない(笑)ので、ワッフルを頼んでみました。ワッフル。店で食べるのは初めてかも!

ザックリ内容をまとめてみると、パフェはグラスによってもだいぶ変わってくるのねー、というのが一つ。今回のこのパフェは、上がかなり広がっていて、主な内容物はほぼすべて上に揃っている状態なのです。細くなっているところから下はコーンフレーク(Kくんも邪道だと言っていた)とソースのみ。

上の部分はともかく、コーンフレークが邪道とするなら、下には何があればいいのかときいてみたら「アイスクリームかな」との答え。そうなんだ!パフェの知識レベルが上がった気がする(笑)

120913_150413

これは私がオーダーしたリンゴキャラメルワッフルでございます。
ワッフルもいろいろあるようで、歯ごたえがさっくりしたのやもっちりしたのやふんわりしたのなど…これはもっちりしてました。全粒粉なのかな?これなら、砂糖入れないで、醤油でたべたら美味しいんじゃないかと言う私にKくんの乾いた笑い声が返されました。

好みの問題だから、しょーがない。

そんなわけで、「なんか考えて」という丸投げをKくんにしてみたので、何かいいパフェを考えてくれるといいな…(他力本願極まれり)

杭州まで研修ツアー

日本中国茶普及協会主催の「第5回中国茶と中国文化にふれあう杭州7日間 中国国家資格「初級・中級・高級評茶員」研修ツアー」…長いタイトルだな…に行ってきます。9月17日(月)~9月23日(日)の予定ですが、延泊していつものWさんと上海リベンジ(Wさんのリベンジ)をしてきます♪

結構お値段もするし、時間も必要だし、ということで実は興味があっても参加しずらい方が多いんじゃないでしょうか。なんていう勝手な思いこみですが、レポートするつもりなので、気になってる方の参考になればいいな~と思います。…時間のある今の内に(すでに相当遅いけど)評茶員の資格はとっておこうかなと思いまして参加。実は今年の目標の一つ…ってことで、合格しなかったらまた次の機会にご一緒できるかも(笑)

体調だけがちょっと心配ですが…もう平気。もう平気なはず。

茶香炉

茶香炉をご存じでしょうか。

お茶に興味のある方は、わりと見かけることも多いと思うのですが、こういうものです。

1208di_011

アロマオイルを垂らす場所に茶葉を置いているだけの極めて簡単なものですが、意外に良いものです。

私が持っているのはキャンドル式なので、火が強いと「茶の香り~♪」というよりも「焙じ茶の香り~…いや焦げ臭い?」なんてことになりますが。そんな時には慌てず割り箸を使って火から離します(笑)

使う茶葉は基本的になんでもいいのですが、紅茶やプーアル茶、ハーブティよりも、緑茶やジャスミン茶が良いです。色が緑っぽくて柔らかい茶葉のものがいいです。古くなってしまった緑茶や香りのとんだジャスミン茶はもってこいですよ♪あまりにも茶葉が大きいものは、ちょっと崩してからの方が良いかもしれません。

放っておいてもいいのですが、ときどき茶葉をかき混ぜるとまた香りが強くなります。

自然の香りなのでしつこくはないのですが、意外にしっかり香ります。私がよく行く按摩の先生には、「あなたは茶の香りがします」と言われるので、きっと髪の毛とか洋服に焚きしめられているのかもしれません。(でも言われるのはこの先生くらいだ)

使い終わった茶葉はどうか、水は入れるのか、と質問されたことがありますが、どちらも不要です。
アロマオイル用の香炉(電気・キャンドル関わらず)でも物によっては茶香炉の代わりになるそうなので、お持ちの方は是非お試し下さい♪

ちなみに、茶香炉に使った後の茶葉は…美味しくはありません(笑)←試しました。

月餅じゃないんだもんね!日餅なんだもんね!

奈良の東大寺で買ってきたお土産、その名も「日餅」。

1208di_007

東大寺ミュージアムに安置された国宝「日光・月光菩薩立像」にちなみ、第220世別当北河原公敬猊下のご創案により、日(太陽)に捧げる菓子「日餅(にっぺい)」を作らせていただきました。
葉風泰夢ホームページより 東大寺南大門に隣接する「東大寺総合文化センター」内にある茶廊葉風泰夢(さろう はーふたいむ)さんのものです。

中華街で働いている時に、観光客の方が意外に「月餅」を「げっぺい」と読めずに「つきもち?何コレ?」とか、そもそも「げっぺいって何ですか?」なんて方も多かったので、私が思っていたほど、そんなにメジャーなもんじゃないのかも…と、未だにその認知度はよくわからないのですが。

月の餅と書くだけあって、そもそも中国ではお月見(中秋節)に食べるのがメイン。普段も売ってなくはないものの、季節物には間違いありません。中秋節前になると、各店舗がこぞって月餅を売り出して、日本でいうと年末のお飾りみたいな感じでみんなが買い求める光景が見られます。

今年の中秋節は9月30日。そういえば、国慶節(10月1~3日)と合わせて秋の連休になるんですよね。今年は8連休だとか。いいなあ~。

それはそうと、日餅。

1209ch_001

中はまんじゅうと月餅を足して二で割ったような一品。

1209ch_003

シナモンがきいていて、どことなく異国の風情を感じます。

1208di_009
さんざん迷ったあげく、ほうじ茶でいただきました。

うーん、奈良浪漫…。(笑)

横浜でイベント!

10月28日(日)、横浜でイベントがあります!

お茶が好き、ということだけで参加する人たちが横に横に繋がっていくイベント…になるといいなと思います。

自分の立ち位置、この国の茶の立ち位置、いろいろ振り返ってみようとか(←私が勝手に思っている)、それぞれに思い入れのあるイベントになるはず!

横浜中華街からも近いので、是非、足をお運び下さいね♪

詳しくはまたこのページでご紹介させていただきます~!

まずはとにかく、この名前だけ覚えておいて下さい。

ヨコハマ TEA PORT TOWN PARTY 2012」公式ホームページ開いてます。

茶の港、なんて浪漫だわ~。(はい、ロマン好きです)

HBFM(happ birthday for me!)

9月9日は救急の日。
そして、旧暦ならば重陽の節句。
そしてそして、私の誕生日~。

お誕生日おめでとう~♪
とりあえず自分で祝ってみる。

お祝いメールを下さった方々、ありがとうございました!

胃が痛いので、母上様が宇治抹茶あずきプリンを買ってきてくれました。

1208di_006

おはぎと抹茶プリンの誕生日。(笑)

海の向こうと、テレビの向こうと

ちょっと体調を崩してしまい、楽しみにしていた秋の一大イベント、中国の茶博覧会へ行くのを見合わせました。

時節柄、「中国に行ってくるよ!」というと「大丈夫?」「やめた方がいいんじゃない?」という声を貰います。

脳天気なのかもしれませんが、私はデモの報道には割と楽観的。画面の向こうの状態と、行ってみた時の状態にあまりにも差があって、これまで何度となく拍子抜けしているからです。

もちろん、有る程度自分の行動範囲がわかっていて、顔を合わせる相手の想像もつくからこそ、それほど心配しないでいられるのでしょうが……報道から入ってくることは、本当に物事の一面でしかないことを念頭に置かないといけないなあとの思いは年々強くなっています。

昔はなるべく歪みのない眼鏡越しにニュースを見ようと思ってましたが、今では、ニュースの外側になにがあるのかを考えるようにしています。

話は変わりますが。

私の経験では、かの国で「謝れ」ということを言われたことは一度もありませんでした。怒号を浴びたり、誹られたりしたことはありません。(気がついてないだけかもしれないけど)

その代わり、「あの歴史を知っているか」という確認は何回もとられました。

私は初めて行く前に、人々に囲まれて、謝れと言われたら、怒られたら、虐められたら、ということは考えていましたが、「知っているか」という確認をとられるとは思っていなかったので、目からウロコでした。

しかも笑顔で。

学生や、インテリ層の人たちとはもっと深いところまでの話をしたこともありますが、しかし、私が一番多く関わった、いわゆる市井の人たちに、夜行列車の中なんかで周りをぐるり囲まれて話されたことは「知っているか」という確認ばかりだったように思います。

この日は何の日か知っているか。給料は一ヶ月いくらだ。あの場所で何があったか知っているか。祖先が何をしたか知っているか。山口百恵はどうしてる。

この会話の流れは同じでいいんかい。

先日も日本で、ですが、これと似たような経験をしました。

「知っているか」

笑いながら問われたこの問いに、私は今でも何を答えたら正解になるのかわかりません。
笑顔の意味もどう捉えていいのかよくわかりません。

この言葉に対する答え、求められているものを考えると、双方のギャップがすごく大きいような、逆にものすごく些細なことのように思えます。

体調が悪くてぐだぐだしながら、そんなことを延々考えておりました。

(はい、本日はものすごい、歯にものが詰まりまくっている文章、笑)

台湾と交流する方々のための応援茶~。

ひょんなことから台湾観光協会さんのお手伝いに行ってきました。

お正月にも来たなあ・・・。なんだかんだで台湾とは縁があります。

観光協会のキャンペーンの結果発表会(だったと当日知る、笑)があったので、それに参加され方に向けて台湾茶のサービスをして参りました。観光親善大使の小林幸子さん(そうだったんだ!と、これも行ってから知る)もいらしていて、大変和やかな会場でした♪

120830_152740

台湾に行く方、台湾観光協会さんのホームページをぜひチェックした方がいいですよ!

ウェルカムプレゼントキャンペーンというのがあるのですが、これが本当に貰って嬉しいものを貰えてしまうんです!(すごく回し者的な言い方ですが、本当です)私が一番嬉しかったのは悠遊カード(Easy Card)」。日本で言うならスイカとかパスモとかイコカとか…その手と同じICカードです。台北の地下鉄(MRT)やバス、台湾鉄道の一部、コンビニ、タクシーでも使える優れもの!個人旅行の人には特にありがたいですよ!

私が貰った時は50台湾ドルくらいが入っている状態で、そのあまりの太っ腹さ加減に驚きました。(笑)場所によれば、これで空港から市内まで行けてしまう!

というわけで、台湾に行く予定のある方は是非とも事前に観光協会のホームページのチェックをしてみて下さい♪
(日本もやればいいのに…と、ちらっと思ったり)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »