上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« シウマイ弁当と玉緒姐さん | トップページ | コーヒークラブ活動 その9 »

(猫)シャーッ! (対して)カーッ!

ロンドンオリンピックのおかげで、すっかり宵っ張りになっています。

リビングでテレビ観戦した後、そろそろ寝ようかなと思ったところ外から猫の鳴き声が。

近所に猫を飼っているというか、エサをやっているというか…放し飼いという範囲にどこまで入るのかわかりませんが、そんな感じの家があり、その猫がよく領域侵犯をしてきます。

かわいいと思わないわけじゃないんですが、どっちかというと、私にとって猫は「迷惑」の印象が強いです。
そんなわけで、庭の中で猫をみかけると追い払います。一休みしている姿をみかけたら、次にはそこで休めないように障害物を置きます。…どこかの国同士が海でやっているようなことを小規模に庭で行っています。(笑)

そんなわけで、「ヤツめ、また来たな」という感じで、追い払う気が満々で外に出てみますが、深夜なので真っ暗。カサカサと逃げる音がしました。

しばらく辺りを伺いましたが、物音がしないので逃げたと判断し、屋内に戻ろうとしたところ、すぐ後ろで小さく「シャーッ」という威嚇音が。

ん?
逃げないヤツがいたのかな…と思って目を凝らしますが、真っ暗闇のため、よくわかりません。
そーっと近づいてじっとしていると、今度は左から「シャーッ!!」という声が。

左は屋内の明かりがじんわり漏れているので、視界に猫がこちらを向いて毛を逆立てているのが見えました。
「シャーッ!!」
「カーッ!」
威嚇音には威嚇音で返すことにしています(笑)

「シャーッ!!」
「カーッ!」
「シャーッ!!」「シャーッ」

んん?
どうやら二匹いるみたいです。見えている猫の他に、暗闇の中からも小さい威嚇音がしました。

いや、よく考えたらこんな至近距離なのに、なんでこの猫は逃げないんだろう?そう思ったところで、前日にこの猫が子供を連れて歩いていたのを思い出しました。
見えているのは母猫、暗闇にいるのは子猫のようです。見えないけど。

昨日見た子猫は、歩くのがおぼつかないほどの子猫でした。もしかして、子猫は足が竦んで立てなくなっちゃっているとか、そういうことかしら…?
なんとなくいや~な予感がして、懐中電灯を探してくることにして一旦家の中に戻ります。

この間にいなくなってくれればいいなあなんて思いつつ…

懐中電灯がすぐ見あたらないので、ミニLEDライトを持って現場に戻ると、相変わらず(そう思えば)子猫のか細い声と母猫の声がします。近寄れば、母猫が「シャーッ!!」と威嚇してきますが、「カーッ」と答えておいて(笑)、ライトを…ライト…電池切れしてるし!

ふと思いついたのはカメラでした。たまたま近くにあったので、ストロボを焚いて撮影。
201207yyyy_067

写真で確認してみると、やっぱり子猫がいました。

でも、逃げないのはおかしい…というか、なんか変な格好しているような?
不審に思って、もう一枚。ズームして撮ります。

201207yyyy_069

…挟まれてるー!?

地面から生えた二本の木の間に前足が挟まれているようです。何やってんだー!

状況は把握できました。
改めて懐中電灯を持ってきて、左からの威嚇音に威嚇音を返しつつ(あなたの子供をどうにかしようってんじゃないんだから!むしろ助けるつもりなんだから!)、恐る恐る子猫を掴み上げようとしますが…壊れそうな生き物は怖い~。(泣)

ふにゃふにゃした生き物は怖いです。頭をひっぱったら取れてしまいそうだし、簡単に骨折れそうだし、と、何やら心中で一杯言い訳をしつつ子猫に手を伸ばしますが、やっぱりこわいので、木の方を広げてみました。(笑)

あっさり脱出。

(お互いに)よかったぁぁ。ああ怖かった。

猫の鳴き声もなくなり、さっぱりした気分で眠りにつきました。

次はお互いベストの状態で戦おうな!

…とか思っている時点で、ヤツらの術中に嵌っているのかしら(笑)

« シウマイ弁当と玉緒姐さん | トップページ | コーヒークラブ活動 その9 »

いきものゆえに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/55348832

この記事へのトラックバック一覧です: (猫)シャーッ! (対して)カーッ!:

« シウマイ弁当と玉緒姐さん | トップページ | コーヒークラブ活動 その9 »