上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 天空茶会 準備 | トップページ | コーヒークラブ活動 その8 »

天空茶会 第三葉

さて、「天空茶会 第三葉」の当日です。
第二葉の記事と合わせてご覧いただくとより一層雰囲気が伝わるかもしれません。

S_014
毎回、題字が素晴らしい…。

天空茶会は私の所属する日本中国茶普及協会インストラクターが主催する中国茶のイベントです。

ふと第二葉の記事を読み返したら、朝やっていることがほとんど変わらないので笑ってしまいました。寝不足なのも変わらず(茶葉が詰められないと安心して眠れない…)。
まあ一回経験しているので、心の余裕は段違い(?)です。稲荷町駅前のベローチェで朝ご飯を食べるくらいには!(笑)

今回も前日準備には入れなかったので、セッティングは当日です。
淹れ手組はそれぞれのテーブルでセッティングをしていきます。前日にセッティングをした席を横目に見つつ…ま、こんなもんかしら。
S_013
淹れ手組。

その間、裏方さん達も会場設営をしてくれています。
Ss_015
ちなみに裏方さんたちは上は白、下は黒、と着るものが決められています。お揃いじゃないんだけど、色は揃っているのできちんとした印象です。

受付はもちろん、試飲コーナーの運営、物販コーナーの販売、お湯の用意、洗い物、スタッフのお弁当の手配、アンケートの手配、記録…淹れ手と同数か、それ以上の裏方さんが頑張ってくれます。感謝!

受付開始の10時30分までにちゃんと準備も終わり、開場。
今回は前回ほど予約の出足がよくなかったようですが、午後の後半は満員御礼でした。当日券を求めて午後の回に来てくれた友人は入れず…ごめんね~!

私は淹れることで楽しみ、お客様とお話をして楽しみ、他の淹れ手さんのセッティングを見て楽しみ…とにかく楽しみました。ふふふ。

Ss_016
手作りの紫色のマットが映えていた席にて、女子力の差を思い知る。(笑)
「茶器が熱くなっちゃうので!」と、指カバーを使っていたのが、大変可愛らしかった(失礼!)です。

Dvc00257
眼の錯覚か、と思わせるような写真ですが、手前のおしぼりは超・豆おしぼりです。
お菓子をどうしても手で摘むことになっちゃうので…と、こんな気くばりが素敵。

Ss_006
爽やかなブルーが眼を引く席にて。
私も服装とのコーディネートまでは考えついたんですが、恐るべしは会場備品とのコーディネート!(笑)背景の屏風は会場である江戸からかみ「東京松屋」さんの備品です。茶席のテーブルはランダムだったのに、なんでコーディネートできてるんでしょうか。謎だ。

前回に比べると、茶席の数が一つ減ってスペースがゆったりしました。
また、時間の使い方や、お客様の移動などが改善されていて、スペースにも時間にも余裕があります。三回目ということで、経験者が増えていることも、スムーズな流れと無関係ではないのでしょうね。中心でまとめてくれている役員さんたちにも大感謝です。

S_002
季節柄、あじさいやカエルの小物が目立ちました♪
他の方の茶席を見ると、「こんなこともできたのか」「この手があったか!」「これは私には無理(笑)」と勉強になります。

S_009
前回は他の席の茶菓子まで見る余裕がありませんでしたが、今回は茶菓子もしっかり拝見、ところによって味見。(笑)
こちらは全部袋に入っているということで、準備が圧倒的に早かったです。そして、袋なのに美味しそうに見えるのはすごい。

肝心の自分の席はどうだったかというと…いろいろいろいろ反省点はありますねええ。
とにかく言えるのは、いつもいつも私は話しすぎだよね、ってことです。
もっとこう、ゆったりした席にはできないもんかという…これについてはまた明日。(笑)

当日、会場きお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!
茶席に座っていただいたお客様、お楽しみいただけたでしょうか。楽しい時間をいただきました!ありがとうございます~!

今回も表演茶芸の披露が二回ありました。音楽に合わせて、茶を淹れる所作を披露します。
今回は男性が披露しましたが、男性のならではの所作というのも、とても美しいです。
天空茶会もそうですが、淹れ手、お客様を見ても、中国茶普及協会全体を見回しても女性が多いのですが、男性にも是非やっていただきたいなー。特に男性の茶芸は絶対格好いいんですよー!(特に年配の男性の茶芸は素敵すぎる!と思います)興味のある方は是非、茶の世界に足を踏み入れてください。

終了後は、例によって近所で打ち上げ会です。
インストラクターやアドバイザー同士の親睦という意味では、一番中身が濃いかもしれません。いろいろいろいろ、楽しいです。11月の第四葉の役割分担を発表するという暗黙の取り決めがあり(?)、「次回は淹れ手で!」「次回は裏方で!」と決意表明があるたびに、喝采やブーイング(笑)がとびかっていました。

楽しい仲間に興味が沸いたら、是非次回の天空茶会にお越し下さいね♪いやもう、いっそ仲間になりましょう…と、前回と同じシメにしてみたり。(笑)

協会ホームページはこちら!次回の初級インストラクター研修は 2012.8月開催です~。

« 天空茶会 準備 | トップページ | コーヒークラブ活動 その8 »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/55049232

この記事へのトラックバック一覧です: 天空茶会 第三葉:

« 天空茶会 準備 | トップページ | コーヒークラブ活動 その8 »