上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 熊本の釜炒り茶と水ようかん | トップページ | 緑茶をいただく »

天空茶会 第三葉 のお知らせ

今年も、天空茶会がやって参りました!

Stenku

天空茶会は、日本中国茶普及協会認定インストラクター会が催する中国茶のお茶会です。インストラクターやアドバイザーが作ったお茶席で中国茶をお出しします。

「お茶席」というと、何を着ていけばいいのかしら、作法がわからないんだけど大丈夫かしら、と聞かれることもあるのですが、中国茶の…というより、とりあえず、この天空茶会ではその当たりの心配はまったく必要ありません。カフェで一杯くらいの気軽な気持ちでお越し下さい。わからないことがあれば、インストラクターやアドバイザーが気さくに応じてくれる…はず!少なくとも、私は相当気軽です(笑)

なにせ中国茶「普及」協会ですから、何も知らない方に知っていただくことこそ本望!なはず!(笑)

そういえば昨年、日本中国茶普及協会のインストラクターになった私ですが、日本中国茶普及協会と普及協会の認定インストラクター会が別組織だということに気がついたのは昨年の天空茶会です。(←遅い)

普及協会の関連のイベントは、なんとなく「協会」がやるもので、それに「参加する、参加できる」のがインストラクターやアドバイザーだと思っていたのですが、この天空茶会を筆頭に「認定インストラクター会」が主催するイベントが多々あります。これはその名の通り、インストラクターが自主的に開催するイベントで、もちろん「協会」の前面バックアップがありますが、私のようにフラフラっと協会会員になり、インストラクターになった者には、ちょっと目からウロコでした。

そんなわけで、この天空茶会は主に東京近辺に在住のインストラクター会が主催する自主企画なわけです。役員さんたちが中心に動いてくれているのですが、その企画力、行動力には頭が下がります。(褒め殺しではありませんよ!笑)ありがたいことです。そんなわけで、私もそこにしっかり掴まっていきたいと思います。

閑話休題。

第一葉、第二葉と続いての、今回が第三葉となります。

第一葉ではお客さんになってました。

昨年の天空茶会 第二葉の様子はこちら→天空茶会 第二葉 当日!

今回も淹れ手で参加させていただきます!

日時:2012年6月23日(土)11:00~16:30   ★茶席受付:10:30~

会場:江戸からかみ 東京松屋 ★百貨店ではありません
最寄駅:地下鉄銀座線 稲荷町駅より徒歩3分  JR・地下鉄 上野駅より徒歩15分

内容:茶席、茶藝披露、茶葉販売

料金:1セット 1,000円(2種類のお茶+簡単なお茶菓子)

◎茶席予約について 茶席では2種類のお茶をお楽しみいただけます。

◎お茶席料は当日お支払(現金のみ)ください。(クレジットカード等はご利用いただけません)

※当日券も販売いたしますが、数に限りがございますので、事前予約をお勧めいたします。

第一回目茶席 11:00~11:45
第二回目茶席 12:00~12:45
第三回目茶席 14:00~14:45
第四回目茶席 15:00~15:45

詳細・お申し込みはコチラ→日本中国茶普及協会ホームページ

これを機会に、中国茶の扉を開いてみてください~♪
会場でお待ちしています。

« 熊本の釜炒り茶と水ようかん | トップページ | 緑茶をいただく »

行ってみよう」カテゴリの記事

コメント

極楽天山様、天空茶会お疲れ様でした。連れ合いが飲ませていただきました。丁寧な説明と入れたばかりと、時間を置いたものを両方いただけて違いがよくわかり、演出としてもよかったと言ってました。打ち上げで席を替わってもらってすみませんでした。
次回に向け、頑張りましょう。

呑亀(のんき)さん、こんばんわ!

どなたかと思ったら!ご来訪ありがとうごーざーいーまーすー。
お客様の中にそんなスペシャルゲストがいらしたとは露知らず、楽しんでいただけていれば良いのですが…。(サプライズゲストさんが多い会でした!)

次回もいろいろ楽しみにしています!これからもよろしくお願いいたいます~!

コメントありがとうございます♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/54867933

この記事へのトラックバック一覧です: 天空茶会 第三葉 のお知らせ:

« 熊本の釜炒り茶と水ようかん | トップページ | 緑茶をいただく »