上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« くろみつクリーム | トップページ | 右奥歯の挽歌 その1 »

ベイクドチーズケーキ プーアル茶ソース

なんのことはない、生クリームが余っているので使いたい!ということで、ベイクドチーズケーキです。

20120512_016
たぶん、普通のチーズケーキからするとありえない砂糖の量。3分の1くらいでしょうか。
焼いたチーズの固まり、それが私のチーズケーキだ!(笑)
ワインに合います。

今日はプーアル茶ソースをちょと甘めにして添えてみました。
プーアル茶とチーズは合うと言われます。発酵してる同士だからかしら。
20120512_027
当然のように、プーアル茶といっしょにいただきます。

結論:プーアル茶がすべてを持っていく…。

プーアル茶がやせる、とか、油を流す、とか言われますが、プーアル茶がやせる=水と比べれば新陳代謝がよくなってやせる人もいるでしょう。油を流す=鍋についた油は確かに落としてくれますが、身体の中ではそういうわけにはいきませんよね。…というわけで、あんまりそっちのことに注意したことがなかったのですが、チーズケーキにプーアル茶ソースをかけて、プーアル茶を飲むと、意味がものすごくわかりました。

チーズケーキの味が舌に残らない!

チーズケーキって結構こってりとして、お腹にたまるイメージだったのですが、一口食べてびっくり。舌の上にチーズの風味が残りません。食べた後にも、「チーズケーキを食べた!」という感慨がありません(笑)

一緒に食べた人たちも「…軽い、わけじゃないよね?でも何も残らない!」とびっくりしていました。

…プーアル茶がすごいのか、どうなのか、明日は紅茶と一緒にいただいてみて結論を出しますが…

いいことなのか問題点なのか?とにかく後くされのない、さっぱりしたティータイムでした。(もの足りなさすぎて、他のものをつまみたくなるものの、食べた量は結構な量なので自粛します)

今日は夜からプーアル茶会。うまくいけばチーズケーキを持っていこうかと思ったんですけど、うまくいったんだかなんだかわからないくらいに「無」なチーズケーキになってしまったので(笑)やめときます。プーアル茶づくし!

« くろみつクリーム | トップページ | 右奥歯の挽歌 その1 »

茶館つくろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/54691805

この記事へのトラックバック一覧です: ベイクドチーズケーキ プーアル茶ソース:

« くろみつクリーム | トップページ | 右奥歯の挽歌 その1 »