上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 台北旅行 一日目 ~地下街を練り歩く~ | トップページ | 台北旅行 二日目 ~下町・迪化街~ »

台北旅行 続・二日目 ~彩虹の猫空~

下町歩きの後は…私としては、今回の旅のメインイベント!猫空(マオコン)へ行きました。

今はゴンドラがあるので比較的簡単い行けてしまうのですが…このゴンドラにも乗ってみたかったんですが…あいにく5月中は検査のために運行していないんだとか。なんというバッドタイミング!

ってなことでバスで行ってみました。MRTで萬芳社区駅(なんにもない駅だ…)まで行って、S10バスで猫空へ。それでも、台北の町中から小一時間しかかからないんです。
Staiwan_016
山です!

ゴンドラ駅の辺りで降りて、ふらふらすることにしました。
Staiwan_019
ゴンドラを眺めつつ、山道を(と、言ってもキレイに舗装されています)ぶらり。

小雨がぱらついたり、止んだり、霧雨になってみたり、晴れたり。お天気はかなり不安定ですが、傘を出すほどでもないかしら。
道路の脇には茶畑があります。
Staiwan_024
この猫空になんて来たかったかといえば、山の斜面に点々と茶館があって、山の風景を楽しみつつ茶が楽しめるからなのです。

茶館と言っても、いわゆるカフェとはちょっと違います(そういうのもあったけど)。茶農家さんが、茶を作る傍らにやっている…食堂?みたいな感じで、気取った雰囲気はまったくなく、自然の中で茶を飲む、田舎料理を楽しむ、という場です。
Staiwan_018
斜面には点々と茶館が並びます。土日は相当の混雑をするそうです。
台北中心部からの距離から言って…東京の人は高尾山を思い浮かべるといいかもしれない(笑)もっと近いので気軽にいけます。仕事帰りに猫空で一杯、お酒じゃなくて茶、という集まりもあるらしいです。

傾斜はさほどない山の中を進んでいくと
Staiwan_027
臺北市鐵觀音包種茶研發推廣中心」を発見。日本語で言えば、台北市の鉄観音烏龍茶研究開発推進センター…とでも?建物がとても可愛らしいです。壁面のロゴがなんとも台湾的。

センターは無料で開放されていて、鉄観音茶飲み放題です。マグカップを自由に使って、中にある竹の椅子で一休みできます。
Staiwan_028
無料なのにうまい。いや、無料だからか。(笑)こういう普通飲みできる茶葉の質で、その土地の茶に対する考え方がわかりますよね…。

製茶の機械や、製造方法の展示などがしてありますが、まあ興味のない人はただの休憩所としてもいい場所です。あ、でも飲食物の持ち込みは禁止ですよー。

さて、ここで地図をいただいたので近くにある「壺穴」を目指してアスファルトの道をはずれました。
延々続く階段道。
Staiwan_052
緑が鬱蒼として、マイナスイオンがムンムンしてます。あんまり下ると、帰りの道が怖いんですけど(笑)

心配するほど下りませんでした。ほっ。
ここが「壺穴」です。
Staiwan_050
台湾の地名は、おもしろい名前のところが多いなーと思うのですが、「猫空」もかなり変わった名前です。なにやらメルヘン(笑)
この名前の由来が「壺穴」と呼ばれるこの場所が由来になっているそうです。石が作り出したこのポコポコした穴を原住民が「皺穴」と呼んでいて、それを福建語で「了康」と発音したそうで……さらにそれを漢字で書いたら「猫空になったそうです。(ダイジェスト)

長い階段を下りて、登って…いい汗をかいたところでお茶にしましょう♪
あまり何も考えずに
Staiwan_082
ここらへんで。

猫空には約60件ほどの茶館というかレストランというかがあるようです。その中の一つ、「相逢居」に行きました。

雨がぱらついたりするので、席についたらオーナーさんがパラソルを持ってきてくれました。
Staiwan_078
山を見ながらティータイムです。

工夫茶器と呼ばれる、烏龍茶用の茶のセットが一式と、茶葉が一缶(75g)、バサッと渡されます。
Staiwan_054
…あとはお好きにやっちゃって、という放任主義。
気楽でいい!
けど、何も知らない人はキョトーンかしら。

私がカメラを構えるとWさんが見られるのが嫌そうに(笑)茶を淹れてくれました。ふふふ。
Staiwan_060
人にやってもらうのはいいなあ!すっかり甘えてサービスしていただいちゃいました。

オーダーしたのは、もちろん鉄観音です。とりあえずは、地元のものをいただきましょう~♪
他にもお茶請けをいくつか注文しましたが、袋ごと渡されるので、自分でカゴに盛りつけます。ちなみに、茶葉もお菓子も持ち帰れます。どちらかというと、売店で茶葉と菓子を買って、茶器と場所を借りるという雰囲気ですかね。売店じゃなくて、席まで持ってきてくれるんですが、雰囲気はそんな感じです。

さて。
Staiwan_068
いただきます。

野外はいいねえ…
なんて、二人でまーったりしていたのもつかの間。お店の目の前に…
Staiwan_062
虹が!!

おおおお!
絶景、絶景。
大喜びで写真撮ったりしていたのですが、この虹、かなり長い間消えませんでした。10分以上?

余裕が出来たので
Staiwan_065
虹に乾杯~♪
なんてこともできました(笑)

実は、この虹が消えてから、もう一度虹が出ました。
なんなのここ!?そんなに頻繁に虹が見える場所なのかしら?オーナーさんが、お子さんに「ほら虹よ!」と言っていたので、日常茶飯事というほどではないと思うんですが…私の人生で一番長く虹を見た日になりましたよ。しかもばっちり目の前で。すごい。

Staiwan_075
二回目の虹。だいぶ薄暗くなってます。

4時くらいに席について、2時間ほどゆったりとお茶をしました。なんとも贅沢な時間です。

虹と、自由に動き回っている猫と犬(笑)が楽しませてくれました。

Staiwan_066
「猫空の猫」。Wさんがパパラッチしていましたが、どうしても顔を写せずにくやしそうでした(笑)

思わぬ虹の出現に大満足して、夕飯を食べる場所を探そうと歩き出したら…背後にまたもや!
Staiwan_085
本日、三回目の虹が出現。
本当になんなのかしら、これ。(笑)

猫空は虹の名所、とは聞いたことがないのですが、荒れ気味のお天気に感謝ですね。

ゴンドラ駅の手前のお店に入って夕食にすることにしました!

本当は、台北市街を見下ろすロケーションで茶と茶葉料理をいただく、というのが猫空の醍醐味です。いきあたりばったりで、さっきのお店からは台北が見られなかったので(かわりにレインボービューでしたから、結果はむしろよかったんですが)今度は台北市街が見下ろせる場所をキープです。

平日、しかもお天気悪いのにお客さんはいます。物好きな人たち!(←筆頭、笑)道を歩いている人はほとんどなく、ゴンドラが止まっているので自家用車で来ている人たちが多そうです。

夕闇の中の台北。
Staiwan_092
絶景かな、絶景かな♪
台北101ビルがよく見えます。

食事は「二人合餐」という、二人分コースをお願いしました。
Staiwan_094
(たぶん)ジャスミン茶のチャーハン。
これが最初に出てきたのですが…うまい!

そして、
Staiwan_098
今の時期は筍、と事前にチェックしていたので、お目当ての筍料理~!
筍と鶏、台湾の田舎料理では定番ですが…味付けがとっても上手!

猫空の料理は、なんとなくもっと野性味溢れる感じだと思っていたので、ちょっとびっくりするほど洗練された味付けと盛りつけでした。
…風景で割り増しになっているとは思いますが、台湾で食べた中でも指折りの美味しいご飯です。そして二人で食べきれないほどたくさん出てきました。

サツマイモの天ぷらは半分も食べられなかった…未だに思い出して悔しくなります…。

Staiwan_109
夜景に向かって、「猫空最高ー!(マオコンサイコー!)」と叫んだり(笑)

Staiwan_100
締めはスイカとグアバ。

お店は「四哥の店」、オススメです。
Staiwan_111
次回も必ず行きたい!と思わせてくれるお店です。

とっぷり夜も更けた9時頃、バスがなかなか来てくれなかったんですが(自家用車じゃない人はタクシーを呼んでいたようです)お腹をこなしているうちに来てくれました。台北市内なので、バスの運賃は行きも帰りも15元。MRTとバスだとかなりお安く移動できます。

帰りはMRT動物園駅から帰りました。駅近ホテルなので余裕があります。

さ、足揉みマッサージ、足揉みマッサージ!(笑)

« 台北旅行 一日目 ~地下街を練り歩く~ | トップページ | 台北旅行 二日目 ~下町・迪化街~ »

行ってみよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/54893528

この記事へのトラックバック一覧です: 台北旅行 続・二日目 ~彩虹の猫空~:

« 台北旅行 一日目 ~地下街を練り歩く~ | トップページ | 台北旅行 二日目 ~下町・迪化街~ »