上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 法事でござーる。 | トップページ | 関東あばれんぼう »

黄金の一滴

春になると、真っ先に緑茶の新茶の季節!ということになるのですが…そういえば、静岡の茶市場が始まったという記事を今日読みました。リンク→静岡茶市場)…私は緑茶はもちろんですが、「黄金桂 おうごんけい」という烏龍茶が飲みたくなります。

別に、特に春と関わりが深い茶なわけではないのですが、私にとってはなぜかこれが「春」を思わせてしょーがないのです。衝動的に飲みたくなったので、大きめの蓋碗(ガイワン)をキュウス代わりにして、茶葉をごっそり入れて、たっぷり抽出!
120424_140953
先日のプーアル茶勉強会で、散々「熱そう~」と心配されてしまったガラスの蓋碗…反りが深いので熱くないんですよ~。これはキュウス代わり専用の蓋碗なので、反りが思い切って深いのです。興味のある方は横濱中華街の悟空さんでどうぞ♪


水色は輝く黄金色。
120424_141145
ペットボトル飲料の「金の烏龍茶」というとピンと来る方も多いかもしれません。→伊藤園のウーロン茶

今日使った葉は、焙煎がごく軽く、爽やかな清々しさがあり、あとからフワッと花のような香りが漂います。もう少し焙煎がきいたものの方が本来の好みなのですが、春!という感じがするのはこのくらいの軽い焙煎でいいみたい…アイスにしても花のような香りの特徴がしっかりと残るので、夏場にがぶ飲み烏龍茶(贅沢だけど)にしても美味しいです。

そしてやっぱり何か食べたくなってしまうので、お菓子を用意…
120424_141411
埼玉県狭山市「かにや」さんの「関東あばれんぼう」。このネーミング(笑)

「かにや」さんは地元では知らない人がいないほどの有名店です。狭山、入間、飯能という我が家の親戚が集まっている地域で愛されています。「高級菓子=かにや」と、小さい頃からインプリンティングされているが如く。(←親戚が多いので、当然私もインプリンティング済みです。笑)

ここのお店、和菓子と洋菓子がまったく頓着無く並ぶ様は壮観です。あらためてホームページを読んでいたら、会社の事業内容が「献上品のお菓子・ヨーロッパのケーキなど高級和洋菓子の製造・販売」になっていて笑ってしまいました。美味しいモノ全部、というざっくばらんな感じが素敵すぎる。というわけで、純和菓子からデコレーションケーキまで扱っています。

今日のおやつの「関東あばれんぼう」は

広大な原野を馬で疾駆した関東武士。たくましく剛健な伝統は、こんな風土の中で生まれました。ミルク、卵黄、バターの豊かな風味をその遠い昔物語と共にお味わい下さい。
「かにや」ホームページより

という一品です。読めば読むほど、よくわからない説明ですが…こんな風土、どんな風土?(笑)

ぱっと見た目、台湾の「鳳梨酥 パイナップルケーキ」に見えるんですが!
ぼーっとしてたら写真撮るのを忘れてしまった。(食べきってしまった♪)

味はもちろん、全然違いますよ~。バターの風味が濃厚で、しっとりとやわらかいのです。中にミルクあんの入ったおまんじゅうとバターケーキの中間みたいな感じでしょうか。私の好みからは一歩あちら側のものなんですけども、「かにや」さんのなら、小さい頃から「かにや→高級→美味しい」ともう刷り込み済みですから没問題。(問題ありそう、笑)

写真は明日にでも!
ああ、極楽極楽~。

« 法事でござーる。 | トップページ | 関東あばれんぼう »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/54549109

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の一滴:

« 法事でござーる。 | トップページ | 関東あばれんぼう »