上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 中国トイレ指南 応用編 | トップページ | 中国トイレ指南 応用編 続き »

あがの(が、にアクセント)のまんじゅう

上生菓子も、じょうよ饅頭も、もちろん好きですが、心が惹かれるのは、田舎まんじゅうです。
大きくって、粒あんで、甘くて、塩気がきいているような!

…そんな私にぴったりなお土産をいただきまいた。
120305_132848
中華まんのようなボリューム(笑)

埼玉県飯能市(はんのうし)吾野(あがの)、のまんじゅうです。
120305_132650

母上の実家が飯能市にあったため、私も飯能は心の故郷です。
このあたりのうどんはうまい!
昔から小麦を作っていたためか、地粉が美味しいです。そして、うどん屋さんもたくさんあります。

まんじゅうは総じて、うどん粉の皮でできた大きくてずっしりした田舎饅頭。母上が作るまんじゅうが大きいのはこのせいでしょう。お茶請けというよりは、畑でかぶりつくのにふさわしい、小腹が空いたお腹にちょうど納まるサイズなおです。

この饅頭は米屋さんがつくっているとか。
吾野に遊びに行ったら、お菓子屋さんだけじゃなく、商店のちょっとした店先のでっかい饅頭をぜひお試しください。

…挙げ句の果てには「飯能すいーとん」なるものまで登場しているらしい。粉文化圏です。(笑)

« 中国トイレ指南 応用編 | トップページ | 中国トイレ指南 応用編 続き »

食すべし!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/54152365

この記事へのトラックバック一覧です: あがの(が、にアクセント)のまんじゅう:

« 中国トイレ指南 応用編 | トップページ | 中国トイレ指南 応用編 続き »