上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 中国トイレ指南 ちょっと古いけど。 | トップページ | 中国トイレ指南 応用編 »

昇階茶寮さんで特急ティーブレイク

本日は、あまり時間がなかったんですがどうしても行きたかったので八王子の「昇階茶寮」さんにお邪魔してきました。二度目です。

前回は携帯の充電がなくなってしまい、写真が撮れなかったのでリベンジ!

120303_185529
…うっ、写真が暗すぎた…。カウンターの予約席に黒猫さんがいるんです。いつもいます、たぶん(笑)

カフェ、というよりもバーのような落ち着いた雰囲気で、一つ一つ丁寧に作られた店内はとても気持ちがいいです。家の近くにこんなお店があったら、私は茶館を作りたいなんて思わないのに(←他力本願、笑)

メニューも日本茶から中国茶、お酒やカクテルまで楽しめます。メニューが読み応え十分で、マスターの思い入れがかいま見えます。

前回、オーダーできなかった「にくきゅう最中」。
120303_185454
にくきゅうですよ!かわいいです。
あんこは甘さ控えめなので、2個でもペロリ。どんなお茶にも合いそうですが…もっとよくメニューみてから注文すればよかった…!

というのも、合わせたお茶が「煎茶エスプレッソ」。
120303_185933
エスプレッソ的な量。(笑)
うまみ、苦み、渋みが順番に口の中に広がって、なんとも絶妙な味わいでした。
が、なにせ濃厚なので、最中を完全に上回ってしまいました。普通の煎茶か薄茶、いや、いっそ包種茶くらいがよかったかしら?

気分的には濃い~日本茶が飲みたかったので、バッチリだったんですが~。最中の余韻が何もなくなってしまいました…。

今回は時間が余りなく、やっぱり何か忘れてきてしまったような気がしてしょーがない。東方美人のアフォガード食べたかった…また行く目的ができた、ということで満足するしかないかな~。

外見からはちょっと想像のつかない場所にある昇階茶寮さん、八王子南口に隠れてます。お近くの方は是非一度行ってみて下さい♪(毎度、勝手に宣伝。)

« 中国トイレ指南 ちょっと古いけど。 | トップページ | 中国トイレ指南 応用編 »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
にくきゅう最中が可愛すぎます!!猫スキーな私は食べるに食べられないかも。
お店、八王子かぁ。行けない場所じゃないな……。
いつか行ってみたいです。にくきゅうが私を呼んでいる(笑)

あ、その前のトイレ記事、ぶはっと吹き出しながら読みました。

kaoruさん、こんにちは!

トイレ話に挟まれて、昇階茶寮さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです(笑)

にくきゅう最中、可愛いですよ~!ネーミングだけじゃなくて、あのぷっくり感がたまりません。猫スキーさんは、店内にたくさん猫ものがいるので楽しめると思います。メニューやブログでも猫大活躍なので、ぜひホームページもご覧下さい。きっと楽しめますよ♪

トイレ記事…気合いが入りすぎていて、自分で意味がわかりません。(笑)

コメントありがとうございます!

 先日はご来店いただきましてありがとうございました。
実物150%増しぐらいに素敵に紹介していただいてありがとうございます。m(_ _)m
 はい、黒猫の齋藤さんはいつもあの場所にいらっしゃいます。たまに予約が入るとテーブル席に移動して場所取りをしていて下さる頼もしい方です(笑)。
 トイレの記事も楽しく拝見させていただきました(笑)。水路の行く先がとても気になります…。

升階茶寮店主さん、こんばんわ!

うわ、いらっしゃいませ~。・・・前後の文章が大変申し訳ない状態になっております。申し訳ありません、他意はございません。(笑)

お店の素敵さはとても表現しきれないので、こんなところでご勘弁ください。東方美人のアフォガードが食べたかった気持ちだけで書きました。

>黒猫の齋藤さん

そんな勤勉な方だったとは!(笑)知らずに申し訳ないことを、てっきりあの場を永遠に占拠しているのだと思ってました…ごめんね、齋藤さん。次に行ったときに謝ります(笑)

またお邪魔させていただきます♪
コメントありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/54133861

この記事へのトラックバック一覧です: 昇階茶寮さんで特急ティーブレイク:

« 中国トイレ指南 ちょっと古いけど。 | トップページ | 中国トイレ指南 応用編 »