上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 福島屋のかりんとう饅頭! | トップページ | 春のイベント満喫 »

韓国の緑茶をたのしむ

Dvc00255
今日はちょっと珍しいものをご紹介します~。

韓国の緑茶です。

Kouzan
高山茶(台湾の高山茶のイメージで見るとびっくりしちゃいますね。緑茶です。)


Tikuro
竹露茶


韓国の茶の歴史に関しては詳しくないのですが、李朝の仏教排斥運動の際、仏教と一緒に茶も排斥対象になったそうで、聞いたところによると、茶樹自体があらかたなくなってしまったそうです。そんなわけで、韓国の茶、というとコーン茶やゆず茶、ナツメ茶なんかが主流になってるんだなー、いわゆる緑茶とかはあまり飲まれてないんだなーと、漠然と思っていました。

先日、知り合ったMiki Tea WorksのKさんがその韓国の緑茶を扱っているということで、興味津々、色々お話を伺いました。で、今日その中の「高山茶」と「竹露茶」をいただいてみました。

韓国における緑茶の存在に関しては大方、前述のような感じらしいのですが、寺院では隠れて茶樹の栽培をしていたところもあったそうで、それが今に続いている緑茶だそうです。大量につくるわけにはいかなかったでしょうし、僧侶がつくるということで、思想的にも特別なものとして扱われたんじゃないでしょうか。

驚くのは、今回いただいた茶にしても、まず実生(中国や日本では基本的に挿し木で増やした茶樹が使われます)の茶樹だけである、ということと、オーガニックもオーガニック、肥料どころか水さえ雨だけという自然環境の中で育つ茶樹の茶であるということです。…やっぱり何か仏教的な考えが土台にあるんでしょうねえ。

作り方も、全て手作り、ということで、当然お値段は私には普段飲めるような価格帯にならないわけなので、せめて居住まいを正して、気合いを入れていただいてみました。

基本は釜炒りの茶ということなので、そのイメージで…まず高山茶から。

ぬ。

高温の釜で炒っただけあり、パリッとした香ばしさが漂います。味わいは非常にストイック。甘さがあまり感じられず、言葉は悪いですが、痩せた土地の茶樹の味がします。そりゃそうか。肥料なし…昔飲んだ日本の山に自生している茶樹で作ったものに通じるものがあります。削ぎ落とされた味わい、正直、「美味しいか」というと「美味しくはない」←あくまでも私の感性ですよ!…んですが、何も纏わない、茶の本来持つ力がそのままという意味では「茶らしい茶」だと思います。今、こういう茶を飲む機会はほとんど失われているので、貴重といえば貴重です。

逆に言うと、農家さんがいかに頑張って茶の面倒を見て、市販の茶になっているのかよくわかります。さすが、寺院の茶。超・硬派!(笑)

もう一つの竹露茶、こちらは高山茶よりも甘みがあります。それでも、日本の釜炒り茶に比べればずいぶんとスッキリサッパリとした感じですが…比べて、高山茶の方が環境が厳しいことが伺えました。

釜炒りということで、日本を代表して熊本の逸品、青柳茶もいただきました。
Dvc00253
…うわ~、甘さとコクが際だつ~。
香りの良さは龍井茶を思わせます。おいしい~。やっぱり舌が慣れているせいもありますが、このくらいハッキリと味が欲しい…。

農家さんって偉大だなあ。

というわけで、三種類、それぞれの味わいがありましたが…予想以上にストイックな風味の韓国の茶に驚き、茶農家さんの意義を改めて思う時間になりました。
ちなみに、用意した茶菓子は、最後の青柳茶まで口つけられませんでした(笑)…韓国の二種類は茶菓子食べていいような雰囲気がしないんですよ~。→栗饅頭(特大だったので6分の1)と金平糖♪

« 福島屋のかりんとう饅頭! | トップページ | 春のイベント満喫 »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
また寄せてもらいました~

韓国の緑茶!わたしも週末のイベントで初めていただきました!
「竹露茶」。竹林のなかの低木として茶の木が栽培されているような写真をみましたよ!
非常にさっぱりとした味。極楽天山さんのいう“ストイックな風味”という表現がぴったりですね!
余分なものがない味といったふうでした!

みつよめさん、おはようございます!

イベント盛況だったようですね!次回を楽しみにしています。

韓国の緑茶、飲まれましたか!
>余分なものがない味
確かにそんな感じですよね。
なんか物足りないような、いやいや、これが本来の姿なんだ!と思わせるような。

世界中探すと、まだまだ色々な茶が出てきそうですねえ。
あらためて 茶 っておもしろいなあと思います♪

コメントありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/54179585

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の緑茶をたのしむ:

« 福島屋のかりんとう饅頭! | トップページ | 春のイベント満喫 »