上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« かりんとう饅頭を探して…かりんとまん | トップページ | 東京マラソンで台湾茶! »

中目黒から人形町でミーティングで中華で、もう頭いっぱい。

昨日はかりんとまんを食べて一日が終わったわけではもちろんなく、学生時代の友人達と…なんだろう、交流をしました(笑)

①Hと一緒に中目黒の和樂さんに行って、岩茶房さんへ行きました。ギャラリー和樂さんは2月6日を参照していただくとして、岩茶房さんは…ちょっと思い入れのあるお茶屋さんです。
かれこれ10年以上昔に中国茶の店に就職をする、となったとき、まだ中国茶の専門店がいくつもなかったのですが、そのうちの一つであり、そして、その中でも今も残っている数少ないお店の一つでもあります。場所は当時は下目黒にあったのですが、移転して現在は上目黒になりました。

120224_152938

福建省北部、世界遺産にも登録されている「武夷山」は岩山です。伝説では、この岩壁にへばりつくように茶樹が生えていて、その一本一本がすべて違う香りをもつ茶樹だったとかなんとか。(武夷伝説はそれこそ山のようにあります。)古くからの茶の名産地でもあり、また、皇帝への献上茶にもなっていたことが直接の原因かどうかは知りませんが、数多くの種類を抱える「武夷岩茶(岩山の茶だから岩茶、がんちゃ、と呼びます)」には身分制のような格付けがあります。

聞いたことがある方も多いことでしょう、筆頭は「大紅袍」だいこうほう、ダーホンパオ。原木は1株しかなく、現在は保護ということで、原木の茶は作られることはありませんが、1980年代に香港のオークションで破格の値段が付いたことで一躍有名になり「幻の茶」と呼ばれるものです。現在は、挿し木で増やされた子孫達が「大紅袍」として出回ってます。
その他に、白い鶏のとさか、という名の通り、茶葉に白い縁取りがある「白鶏冠」はっけいかん、嵐の後に川に流れ着いていた様が金色の亀みたいだったとかいう伝説の(笑)「水金亀」すいきんき、諸説様々あるけど、イマイチイメージが湧きにくい(説明が適当すぎる)「鉄羅漢」てつらかん、この四つを武夷四大名叢(叢は本当は木ヘンです)と呼びます。武夷四天王みたいなもんでしょうか。

その下に名叢と呼ばれる品種がつづいたり、最近は新しく品種が加わったり。そもそも「正岩茶」と「州茶」という区分けがあったりするんですが、個人的には「これは美味しい」「これはあんまり好きじゃない」とか、そんな分け方で十分だと面倒くさくなって思ってしまいますが、こういう大雑把な人にはならない方がいいような気がしますので、よい子はマネしないでください(笑)

あああ、茶の説明が長すぎる!

まあそんなわけで、福建省の北部にある武夷山の烏龍茶はいろんな種類があって、「岩茶房」さんはなんとこの「武夷岩茶」の専門店だよ!中国にもそんなにないよ!すごいよね!という話です。

120224_153003

今回、Hと私が注文した岩茶は「黄龍」と「白牡丹」。私は聞いたことがない岩茶でした。どちらも比較的新しい岩茶のようです。(ちょっとwikiを覗いてみたら、wikiの岩茶のページ、力が入ってなさすぎだろう!と思いました、笑。ファンが多いので思いも寄らぬ薄さでびっくり。)

「黄龍」は少し果物のような香りをもち、キレのある風味。偶然ながら「辰年だから~」と選んだHは、とても中国的な選び方をしたなと思いました。(笑)

私は「白牡丹」を選びましたが、これには理由があって、白茶に「白牡丹」という名の茶があるので、それと何か関係があるのか…というか、同じ木なのかどうか知りたかったので飲んでみました。結論としては、関係なさそう。味わいはまろやかで甘い香りがやさしく漂いますが、7煎目くらいまで飲んだら化けたかも。(そこまで飲まなかった)

120224_155308

縁側でお茶する、という雰囲気を感じる店内は、非常にゆったりとしていて素敵でした。(昔のアットホームな感じも素敵でしたが)昔えらく感動した豚まんを今回は食べなかったので、次回のお楽しみにします…。写真に写っている茶器のセットは昔と変わらず。また、右端に移っている天然石のゲーム盤(?)も昔と変わらずで懐かしかったです。

その後、同じ中目黒でYッシーと合流。中学時代、私とYッシーは同じクラス、高校時代にHと私は同じクラス、YッシーとHは最近フェイスブックで繋がった、という不思議な3人ですが、もうなんか、怖いくらいに学生時代のノリで盛り上がりました。あまり公にはできない会話がてんこ盛り。(笑)

さらにその後、Hが、今度はYさんという高校時代にYッシーと同じクラスだった友人と待ち合わせて、Hの後輩が待つバーへ行くというので、くっついていきました。もうわけがわからないと思いますが、わかんなくていいです(笑)私もわけがわかりません。池尻大橋なんて行ったことない!そこから三宿へって、それどこやねん!連れて行かれるがままですた。

ついたのはSound Bar W(サウンドバー ダブ)さん。とにかく、アルファロメオの話と、日本代表の試合の映像と、バブル時代と、が混沌とした…これもよくわからない空間になってましたが、楽しかったからもういいです。はい。

で、なんだかんだで(バーの後、1人で呑み直しをしたりしている…)深夜2時すぎまで呑み、(一応ここまでが昨日の話になるんですよ!)この日は日本橋公会堂にてミーティング。内容は…まだ秘密。(笑)

120225_120255
日本橋劇場とくっついている公会堂…水天宮のすぐ近くです。りっぱな建物です。

ミーティングの後に、水天宮近くの中華料理屋さん「翠蓮」さんでお食事をいただきました♪ここ、中国のどこ料理なんだか想像がつかない感じ(厨房の人は四川系ではないでしょう。ちょっと広東系かとも思いましたが、点心の味付けが微妙に広東じゃない気がする…)ですが、美味しいです。

120225_135033
食事の写真はすっとばして、デザートにいただいた杏仁豆腐。
ヴィジュアルはおいといて(笑)、美味しかったです。ココナッツミルクと杏仁豆腐なんですが、寒天で作った杏仁豆腐の歯ごたえと、ココナッツミルクのコクが大変うまくまとまっております。まとまっている、は褒め言葉!

というわけで、頭一杯お腹いっぱいな感じで…昨日から今日にかけて、フル回転です。明日は東京マラソン(走らないけど!)だ!

« かりんとう饅頭を探して…かりんとまん | トップページ | 東京マラソンで台湾茶! »

我思うゆえに我あり」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
岩茶房さん、いいですね~。私は昔、真夏の暑さの中、友達と探してたどり着いたら定休日だったという悲しい思いをしたことがあります。
私が当時見たお店の外観とはちょっと違うような気がすると思ったら移転されていたのですね。知らなかった……。
最近、中々茶芸館も行けなくて寂しいですけど、こうして極楽天山さんのブログを見て楽しませてもらってます。

白牡丹って白茶だけじゃないんですね。どうしてもイメージが白茶になってしまって、岩茶の白牡丹って想像できないです。
でも美味しいんだろうなぁ。
今日も美味しい話題をありがとうございました!
そして東京マラソン、台湾茶ブースでのお仕事お疲れ様でした。

kaoruさん、こんにちは!

岩茶房さん、いいですよね♪もう移転されてから結構経つと思うのですが、ちょっといつ移転されたかは定かではありません。前はビルの中だったんですが、今は一戸建てで、のんびり感がアップ!ですね。

>白牡丹って白茶だけじゃないんですね。
お、お詳しいですね。そうなんですよ、白茶のイメージが抜けないですよね。岩茶の白牡丹は私も知りませんでした~。武夷岩茶の表に出てくる種類がドンドン増えていて、手に負えません。(笑)美味しいけどお値段も張るし、日常茶というよりは、とっておきの時の一杯ですねえ。

バーチャル茶館めぐり(?)におつきあい、どうもありがとうございました。せめて雰囲気だけでも楽しんでいただけるといいな♪と思います。

東京マラソンのお手伝いは…あくまでも趣味のお手伝いですから(笑)ご迷惑をおかけしてなければいいんですが…ちょっと心配。

コメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/54085300

この記事へのトラックバック一覧です: 中目黒から人形町でミーティングで中華で、もう頭いっぱい。:

« かりんとう饅頭を探して…かりんとまん | トップページ | 東京マラソンで台湾茶! »