上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 東京マラソンで台湾茶! | トップページ | 磯の香りの(?)ベルギーチョコ »

桜餅と毛葉茶…そしてかりんとうにあんこ。

ちょっと早いですが、そろそろ、友人達の間では花見や桜の話題が賑わってきておりますが。

今日は気がついたら母が桜餅を作ってました。柏餅は恒例で毎年作っているのですが、桜餅は珍しいです。っていうか、初めてじゃないでしょうか。何故?理由は「この前、桜の葉の塩漬けを手に入れたから」。情緒もなにも期待してはいけません。(笑)

桜餅、関東風の長命寺と関西風の道明寺があります。

関東風、または江戸風は小麦粉、上新粉、などを薄く焼いたものでこしあんを丸めたものをくるりと巻いてあり、それを桜の葉で巻く感じのアレです。

関西風、または上方風は糯米を砕いた道明寺粉を蒸したものにほんのり砂糖を入れて、小豆あん(ほぼ粒あん?)をくるみ、丸く形を整えます。いわゆる丸餅状態のものを桜の葉でくるんであるアレです。

…母が作っていたのは「なんちゃって上方風」なのか。
そもそも、糯米を炊いて、すりこぎで潰して道明寺風にしている時点で、雰囲気だけで作っているのがバレバレです。まったく調べる気がなかった様子。あなたの大雑把が素晴らしい。(笑)もちろん、砂糖を入れる気はさらさらなかったようで、なおかつ、食紅もものすごくちょっとしか入ってないので、ほとんど色がありません。

出来上がりがこちら。
120227_170353
…かぎりなく、柏餅っぽい桜餅。
まあ、桜の香りが、というか、ものすごく立派な桜の葉だったので、葉に中身が負けている感じですね。味はいうまでもなく、素材の味が活きています。(笑)

ちなみに合わせた茶はコチラ。
120227_173913
静岡駅で買ったものです。珍しい。

120227_173953
茎と、葉脈のしっかりしたところと、ちょっとの葉…触るとふわっふわです。とろろ昆布みたいです(笑)

大量に生産している工場じゃないとこんなに集まらないよなーと思いながら、熱湯でガッと淹れて、ガッと飲みました。大雑把な桜餅もどきにはよく合います。粉茶と茎茶の中間みたいな感じです。ちょっと、煎がきくのが粉茶と違うかしら。

ちなみに、あんこが余っていたので…最近、気になる存在だった「かりんとう饅頭」、かりんとうにあんこをディップすれば同じ味になるんじゃないかという宿題に挑戦。

120227_170634
かりんとうにアズキあんディップ。いろんな意味で美しくない画像で申し訳ない。

→結論。あずきあん多めで、かりんとうをちょっと囓ると、かりんとう饅頭の味わいに似ているような気がする。素材的に当たり前だ(笑)…やってみたかったんです。いいんです。

« 東京マラソンで台湾茶! | トップページ | 磯の香りの(?)ベルギーチョコ »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
毛葉茶、初めて聞きました。
近ごろ お茶と甘い物が無性に欲しくなるので、
美味しそうなお茶とお茶うけの組み合わせを、羨ましく拝見しています。
クルミっ子は、本気でお取り寄せしようかと・・・
こちらは道明寺の桜餅ですが、桜の香りと葉っぱのしょっぱさが大好きです。
雰囲気だけで桜餅を作ってしまおうというお母様いいですねー
関東と関西の融合??桜餅ですね♪

かちがわまなこさん、こんにちは!

毛葉茶、珍しいですよね~。子供の頃、祖母の茶工場(狭山茶の生産をしてました)の、機械のすみにひっかかっていたものとよく似ています。(笑)そして、たぶんそれでしょう~。大量につくらないとまとまった量が出ないと思うので、生産農家よりも茶問屋さんが集めて売ってるんじゃないかな~と勝手に想像してます。どこかでみかけたら、一度おためし下さい。けっして、「すごく美味しい」とかの高級品ではありませんが、毎日ガブガブ飲めるという意味で親しみやすいお茶です。…むしろ、手触りをオススメします(笑)

なんかブログを振り返ると、毎日充実したお茶の時間をとっているように見えますが、決してそんなことはなく!このところ、たまたま、何故かいただきものやら何やらで美味しいお菓子をたくさんいただく機会があっただけなんですよ~…と、なんの言い訳をしているやら(笑)クルミっ子はぜひぜひ、どうぞ♪

母の桜餅は…まあ、手作り感満載ということで。湿った重い母の愛が詰まっております。

コメントありがとうございます!

東京マラソンお疲れさまでした!

お母様の作られた桜餅、素朴な感じで良いですね。
明日のおやつは桜餅で決定デス!
桜餅にはやっぱり日本茶ですかね?

お茶とお茶請けの取合せ、難しいけど面白いですね。

話題の「クルミっ子」いただきました!
お徳用「クルミっ子・壊れ」(20個1575円)を買って来ました。(直営店と工場でのみ販売だそうです)
キャラメルの甘さも、粘り具合も程良くて、絶妙ですね。
かちがわまなこさん、絶対買いですよ~♪

今までお茶請けと言ったら、「塩気」もの(煎餅、ナッツ類)中心でしたが、すっかりスイーツにも目覚めてしまいました。

「クルミっ子」、いろんなお茶と合せてみましたが、清香系のお茶より濃香系のお茶との相性が良いようですね。
今も、悟空の「重火焙煎 一級 金片単叢」飲みながら戴いてます。
う~ん......ってお茶まで、「クルミっ子」との相乗効果で美味しく戴けます(笑)

今のところ、悟空の「陳年 雲頂水仙」との取合せが一番美味しかったです!

雲頂茶園って、いろんなお茶がありますね。
この、「雲頂水仙」って岩茶なのでしょうか?

Qingheさん、こんにちは!

桜餅には…やっぱり日本茶かなあと思います。別に中国茶が合わないというより、気持ちの持ちようで。あとは、せっかくの桜の香りなので、あまり香り高いお茶じゃない方が活きるかな~と思います♪

「クルミっ子」は皆さんに好評のようで、勝手に宣伝したかいがあります(笑)
焙煎のきいた烏龍茶には全部合いそうな感じですよね~。やっぱりクルミの相性が良いのでしょうか。

>雲頂水仙
雲頂茶園さんのある場所からいって、岩茶とはいえないと思いますが、作り方は武夷の岩茶を意識しているのは間違いないんじゃないかと思いますが、わかりません。岩茶の武夷水仙などと比べると、風味が違うのがわかると思いますよ~。

水仙はあちこちで作られているので、飲み比べがまた楽しいですね!

コメントありがとうございます!

こんばんは!

Kさんのところで無農薬のケバ茶いただきました。
湯冷まししないで、熱湯でガッと淹れて!

所謂”高級な”日本茶のうまみがわからないバカ舌なもんで、もっと高価なお茶よりずっと美味しく感じました(笑)
程良い渋みが、ゴマのチーズケーキにもぴったりで、暫らくはケバ茶が続きそうです。

Qingheさん、おはようございます!

あ、飲まれましたか、毛葉茶。なかなか、毛葉だけ集める気になる人は多くなさそうですが(笑)おいしいですよね~。気取らずにガブガブいけるので、日常茶には大変使い勝手がいいです。ケーキなどにも負けない、しっかりした風味がありますよね♪

Kさんにもどうぞよろしくお伝え下さい(笑)Kさんのお店になかなか行けてません。

コメントありがとうございます!

はじめましてプログを拝見しました。文中にて毛葉茶を飲まれたとの事。
毛葉茶の販売先を探しておりますが、なかなか見つかりません。ご存知でしたら是非教えて下さい。

小竹美乃利さん、こんにちは!

お返事がすっかりおそくなってしまい申し訳ありません。

毛葉茶をお探しとのことですが、その後見つかりましたか?
私が手に入れたのは、静岡駅の特設コーナーで販売されていたものです。なかなか流通にのらない部分だと思いますので、私もほかの場所で見つけたことがありません。

ちなみに写真にあるものは仙寿園さんのものですが、こちらもホームページhttp://senjyuen.jp/ では販売されていないようです。
直接お電話かメールでお問い合わせいただくのがいいかもしれません。

お役に立てず申し訳ありません。

コメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/54093191

この記事へのトラックバック一覧です: 桜餅と毛葉茶…そしてかりんとうにあんこ。:

« 東京マラソンで台湾茶! | トップページ | 磯の香りの(?)ベルギーチョコ »