上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« コーヒークラブ活動 その7 | トップページ | 雪うさぎ »

香六安茶三昧。

先日、香港で2種類の香六安茶を買ってきました。

「香六安茶」、なかなか謎のお茶です。ほぼ間違いないのは、香港発祥のブレンドティーで、黒茶、青茶、キンモクセイがブレンドされているということでしょうか。香港人好みの焙煎が強めの香ばしい香りに、キンモクセイのほのかに甘い香りが入って、日本人にも馴染みやすい「普段飲み」に持ってこいの茶だと思います。

12,3年前の自分のノートを見ると、横浜中華街の重慶飯店の喫茶(現在のメニューにはないようですが)で「古勞(労)銀針」を飲んでいるのですが、それが今にして思えばかなり香六安茶に近いのです。マグカップに茶葉とお湯が入ってサーブされたのですが、ぱっと見た目は黒い茶葉、何やら細かいツブツブが浮かんでいる…これがキンモクセイか米蘭の花なんじゃないかと今にして思うんですが…。香ばしい香り、さっぱりとした後味。

じゃあ、古労銀針=香六安茶かというと…そういう説もあるようですが、古労茶といえば普通は広東省鶴山産の緑茶を指すようです。私はまだ出会ったことがないのでなんとも言えませんが…その古労茶の芽を多く含んでいるのが「古労銀針」、でしょうねえ。

じゃあなんで、古労銀針=香六安茶という話が出てきてしまうかというと、多分、広東で仕入れてきた緑茶に焙煎をかけて青茶やら黒茶やらとキンモクセイとか米蘭をブレンドして「古労銀針」という名前で売っていたところがあるんじゃないでしょうかねえ。あくまでも想像ですが。

話がズレました。まあそんなわけで、香港らしいブレンドティー、香六安茶。3種類あります。

120123_165530

120123_165509

120123_165447

ガイワンが蘭、竹、菊の柄になってます。いずれも香港の老舗茶荘のものです。菊だけ明らかにキンモクセイが多いのですが、なんでかというと、この店舗だけ香六安茶を二種作っていて、何が違うんだろうと思って値段のいいものを買ってみたからです。あ、こういうことなのね、という感じ。

熱湯で、最初を軽く流してから淹れます。渋みも出にくい茶なので、ポットでほったらかしても平気な気軽さがいいんですが、今回は飲み比べなので、g数、温度、置き時間は、ほぼそろえてます…

120123_170105

はい、こんな感じ~。微妙に水色が違ってますが、写真の方が差が出てます。実際に見るとそこまで差はないです。菊の香六安だけ、キンモクセイの香りを非常に主張しています。(笑)

120123_171613

120123_171644

120123_171735

茶葉が開くと、何種類かの茶葉がブレンドされているのがよくわかります。菊の香六安茶は明らかにキンモクセイがふんだんに使われている上、青茶もわりと焙煎が弱めのようです。蘭の香六安茶もキンモクセイがしっかり見えますが、菊のに比べると、キンモクセイの色が黒いです。茶葉と一緒に焙煎した時間が長いのかしら。竹の香六安茶のキンモクセイはよーくみないとキンモクセイが見えません。それぐらい一体化してます。

味はどうかといいますと、まあ見たまんまです。(笑)
蘭→ちょっと青茶(烏龍茶)が強いかも?渋みが感じられます。実は値段はこれが一番高いんですが…なんでだろう。(笑)値段の割りには納得がいかないかな。
竹→ブレンド割合が絶妙で、何も知らないで飲んだら何が混ざっているかわからないかも。香ばしさも強いです。
菊→まず、とりあえずキンモクセイ。(笑)いや、もうこれは香りからして、桂花茶と言った方がいいかもしれない…。味はブレンドの妙で、プーアルともウーロンともいえない感じですが。

そんなわけで今日のおやつは香六安茶(菊)と、母上特製の蒸しパン(重曹蒸しパン)のプルーンソースがけ♪

120123_170634

蒸しパンが非常にシンプルな風味なので、キンモクセイの香りでアクセント、味はプルーンソースでアクセント…甘そうに見えますが、実はほとんど甘くないデザートです。

母上…重曹が苦いです…。(笑)

« コーヒークラブ活動 その7 | トップページ | 雪うさぎ »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~ヽ(´▽`)/
ブレンドテイーというと紅茶みたいな認識でしたけど
以前お話しした茶館でもグリーンテイーとホワイトテイーのブレンドとか
ジャスミングリーンテイーとか組み合わせがいろいろあることを知りました。
楽しみ方がたくさんあって楽しいですね♪


cuddle bunnyさん、こんにちは♪

ブレンドティー、どんどん増えてますね。ベース茶葉にフルーツや花をブレンドするものもブレンドティーですが、茶葉に茶葉をブレンドするのももちろんブレンドなわけで、これをする職人さんはさすがだなーと思います。茶葉×茶葉ブレンド、いつかはオリジナルを作ってみたいです…野望(笑)

おいしいブレンドティーをみつけたら教えて下さいねー!
いつもコメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/53806402

この記事へのトラックバック一覧です: 香六安茶三昧。:

« コーヒークラブ活動 その7 | トップページ | 雪うさぎ »