上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« トートバッグ作ろう | トップページ | 黄金の一滴!黄金の豆。 »

杏仁豆腐!

杏仁豆腐。

中華料理の締めといえば杏仁豆腐・・・という方も多いのでは?日本の中華料理のお店では、置いてない所の方が少ないんじゃないかというくらいにメジャーなデザートです。横浜中華街でも、料理を出すお店には必ずといっていいほど置いてますね~。(ちなみに、日本における中華料理の三種の神器は麻婆豆腐、エビチリ、杏仁豆腐だと何かで読みました。この三種類はマストアイテムだそうな。)

今でこそ、中国の大都市の大きめなレストランでは珍しくなくなりましたが、私が留学していた当時は、本当に日本人の多い場所(五つ星ホテルとか、日系ホテルとか)以外では「杏仁豆腐」をまったく見ることがありませんでした。留学生が、最初に外食して驚くことの一つだったように思います。
そもそも、「杏仁豆腐ありませんか」と聞いて、「それはなんだ?」と聞き返される始末(笑)

今の中国に杏仁豆腐があるのは日本人観光客向けが発祥といってもいいかもしれません。
まあちょっと考えてみればわかるんですが、水道水がそのままでは使えない地域も多いので、冷たいデザート自体がほぼ皆無だったのです。(当時はコカコーラなんかも缶やペットボトル以外は買わないようにしてました。カップに注いでもらうタイプのものは濃縮還元のものなので、それを薄める水の出自がわからないと怖くて飲めなかったのです…)漢方の考え方的にも、冷たいものは好まれてませんでしたし!

帰国してすぐに、「じゃあそもそも杏仁豆腐ってどこのものなんじゃい!」「なんで中華料理として日本でこんなにメジャーなんじゃい!」と疑問がわいて調べたことがありますが、当時のインターネット上の情報ではほとんど手がかりがありませんでした。謎の杏仁豆腐。

最初に考えたのは台湾。でも、行ってみると、当時の台湾もほぼ中国と同じで、日本人観光客向けにしか作っていないようでした。あまりメジャーでない。

となると私の行っていない場所か…?というわけで、今、ネットを調べてみると発祥は「広東省」と書いているところが多いようです。

個人的には広東省、または香港じゃないかな~と勝手に思ってます。ご存じのように香港は長いことイギリス領で、中華料理の新しいものをたくさん生み出しています。(エビチリやXO醤とか)そして、デザートというか、スイーツが生活の中にあり、とくに柔らかくてトロリとしたものを好みます。(マンゴープリンや亀ゼリーなどは有名ですよねー)それでもって、広東と香港の料理人は交流も多いし、店が料理人を引き抜いたり引き抜かれたりも盛んらしい(笑)…ってなことを考えると、発祥の地はあの辺だと思うんですけど…実際のところはどうなんでしょうね(←ここまで書いておいて、笑)

ご存じの方、ぜひ教えて下さい~♪

そんなわけで、自作。
20120109_004
の、杏仁豆腐。…何をトッピングしようかと思いながら、冷蔵庫に保存していたら3日も経ってしまったので、慌てて食べる。シロップだけの素杏仁豆腐。シロップを三温糖で作ったのでなんか…黄河の底に沈んだ豆腐みたいでございます(泣)

デザート強化!

« トートバッグ作ろう | トップページ | 黄金の一滴!黄金の豆。 »

茶館つくろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/53693907

この記事へのトラックバック一覧です: 杏仁豆腐!:

« トートバッグ作ろう | トップページ | 黄金の一滴!黄金の豆。 »