上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 香港4DAYS ~ぐるっと見回すとの巻~ | トップページ | 帰国しました♪ »

香港4DAYS ~安心、安全を祈ってみようの巻~

今回は、今までやったことのなかった観光!!を頑張ってやってみたのですが、その中でお寺(正確にいうとお廟?…道教のお寺ですね。)にお参りすることができました。いつも通りすがりに眺めてたんですけどねえ。中までじっくり見る機会がなかったのです。

場所は油麻地と佐敦の中間、どちらの駅からも徒歩でいける感じです。
「天后廟」、日本の横浜中華街にある「媽祖廟」と基本的には同じ神様が奉られてる…ようです。千里眼の海の神様です。はい、詳しくないです。すみません。
Hongkong2012_031
おじいさん達が憩いの場にしている公園の奥にあります。広東系のおじいさん(おばあさんはあまり見かけません。たぶん働いているんだろう、笑)は、小鳥を連れて散歩してたり、将棋を打ったり、おしゃべりしてたり…公園に集まってます。おじいさんを見つけたい時は公園へ行くべし!(関係ないけど、東北地方ではあまりこういう光景はありませんでした。たいてい太極拳とか怪しい踊りをしている人が集まります。やはり寒いからでしょうねえ)

ちなみに公園も天后廟も翡翠市場のすぐ近くです。

入り口には写真撮影禁止の札が立ってます。(2012年1月現在)そんなわけで、遠慮してたんですが、欧米系の観光客の人はガッツリ撮ってました。だめでしょー。

中央に天后廟、左右に観音廟があるんですが、詳しいことはよくわかりません。道教の神様は日本の神様に負けないくらいたくさんいるので、中に入ると、メインは海を司る天后様らしいんですが、三国志の関羽もいるし、土地神様もいるし、孔子もきっといたんだろうし…さながら「神様のデパートや~」な雰囲気です。

真ん中の天后廟に入ると、もうもうと線香の煙が辺りを埋め尽くしてます。それもそのはず、お参りの人がお線香(お箸くらいの太さのものから10円玉ぐらいの太さの線香まで多種多様)を各種神様に捧げているので、それだけでも結構な煙りなんですが、さらには一週間くらい保つというグルグル巻きの線香売られていて、廟の天井にびっしりと飾られているんです。

張り紙で、赤180ドルと黄色130ドル(いや、この価格は怪しいです。覚えてません。とにかく赤い方が高かった)と書いてあったので、せっかくなんで買ってみようということになりました。今買うと春節(旧正月の1月23日)まで保ちそうですしね~。

赤い線香と黄色い線香、何が違うのかときいてみると、品質が違うんだよー。赤の方がいいんだよー、ちょっと長持ち、という答えが返ってきました。「ちょっと」ってのがどのくらいなのか気になるところですが(笑)、せっかくなので赤を選びました。

すると、赤い札とマジックを用意してくれます。先に、ある程度のこと(家内安全とか健康第一とかそんな感じのことです)は札に印刷されているので、それにプラスしたいお願い事があるのならそれを書くように、とのこと。もちろん名前もです。

Hongkong2012_039
そうするとおじさんが、こんな感じで札をくっつけてくれまして。(注:写真撮りなよ、とおじさんが言ってくれました。「え、いいの?」と確認したら「いいの、いいの」…線香買ったからなのか、混んでなかったからなのかよくわかりませんが、お許しが出たのでここから写真を撮ってます。)

Hongkong2012_038
じゃーん、できあがり。

次に点火。ガスバーナーをおもむろに差し出されて何事かと思いました(笑)
Hongkong2012_042
点火するWさん。何せ太いんで、なかなかなかなか点火しません。

点火したら、後は天井から下げて貰います。
「雨が降ってるから屋根の下に入れとくね~」…って、このおじさんはなかなか軽やかな人でした(笑)
Hongkong2012_043
なかなか良いポジションに飾って貰いました。ふふふ。

まあそんなわけで、天后廟の参拝(?)の後に左右の観音廟にもお参りしたのですが、どちらも神様のデパート状態。大きく奉られているのはもちろんタイトルロールを持っている神様なわけですが、相当かぶっているんじゃないかしら。いいのかしら。

Hongkong2012_044
観音廟。こちらも煙りがもうもうとしてます。

ちなみに、一つの観音廟ではチャルメラと銅鑼の音がして、何かしら~と思ったら、どうやらお葬式?法事?があったようで、道士さんが火の周りをくるくる回りながら儀式をやってました。
死者に持たせるものは焼いて煙になって届ける、という中国式。お金も家も家財道具一式が神で作られてました。ちなみに家は2階建てのゴージャスハウスで、中には召使いらしき女性の姿が何人かありました。家族が作るんですかね~?衣装ダンスも超立派でした。

なかなか見ることがないので貴重な体験をしました…。写真撮りたかったけど…こういうのは撮られたらイヤですよね。というわけで妄想してください。

おまけ。
Hongkong2012_045
廟の境内(?)、塀の中だけど建物の外、という微妙なところにお供え物が…狛犬に捧げてあるのか、ご神木に捧げてあるのか…???キッチュな色味が香港ぽいなーということで記念撮影。


« 香港4DAYS ~ぐるっと見回すとの巻~ | トップページ | 帰国しました♪ »

行ってみよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/53767073

この記事へのトラックバック一覧です: 香港4DAYS ~安心、安全を祈ってみようの巻~:

« 香港4DAYS ~ぐるっと見回すとの巻~ | トップページ | 帰国しました♪ »