上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ジャスミン茶って。その2 | トップページ | ジャスミン茶って。その4 »

ジャスミン茶って。その3

中国で、中国人が一番消費する茶というと、なんとなーく、烏龍茶とかプーアル茶だと思いませんか?

これは外国人が、日本人と言えば、毎日抹茶を点てているんじゃないかというとんでも幻想(笑)と同じくらいな間違いです。ちょっと前まで、中国で烏龍茶を飲んでいる人は福建省、広東省と華僑の人たちと一部の茶通の人たちくらいでした。プーアル茶も産地である雲南省、モンゴルやチベットなどの小数民族、広東省、華僑の人たちなど、中国全体で見るとごく一部の「マイナー」だったのです。

じゃあ、広い中国の他の人たちは何を飲んでいたのか…といいますと、6、7割の人が「緑茶」を日常に飲んでいました。(過去型なのは、現在進行形でライフスタイルがどんどんと変わっているからです。若い人や都市部を中心にペットボトルの烏龍茶や紅茶が好まれるようになってますしね!でも、やっぱり日常茶は緑茶の人が圧倒的に多いと思います。)

緑茶といっても日本の緑茶とは違います。日本の緑茶はほとんどが「蒸し緑茶」といって、摘んだ茶葉を蒸して作る製法のものですが、中国の緑茶はチャーハンのように炒める「釜炒り茶」が多いのです。

そして、なおかつ緑茶の中でもジャスミンの花の香りをつけた「ジャスミン茶」が想像以上に多く消費されています。

なぜか?一つには水質の問題があると思います。

茶の産地はたいてい軟水で、お水も美味しいところが多いのは日本でも中国でも共通なのですが、中国で茶を生産しているのはだいたい上海よりも南方です。(大雑把に言ってますが)
そもそも茶の木は亜熱帯が原産のものなので寒さに弱いんです。日本の産地を考えていただいても有名なのは九州~静岡~埼玉あたりですよね。冬、霜が降りるところではなかなか難しいのです。(これも品種改良や、温暖化、ビニールハウスなどの影響で現在は一概には言えないのですが)

で、じゃあ茶の木を栽培していないところはどーするのかというと、当然、作ったところから運んでくるわけですが、日本に比べると中国は広~いです。で、主産地である南方から東北部へ運んだりしている際に茶の香りが飛んでしまうので、よりハッキリした花の香りをつけるようになったという説も聞いたことがあります。

おっと話がずれました。

水です。これは実体験からのお話ですが、私はかつて中国の山西省に留学していました。北京から高速道路を使って6時間くらいの黄土高原のど真ん中、内陸部です。
ここの水が超絶!でした。硬水…というか、今思うと本当にすごいなーと思うんですが、まず、シャンプーは泡が立たない、水を沸騰してすぐ使うとお腹をこわす(笑)…1時間2時間沸騰させたものじゃないと飲めないのです。そして、ヤカンには白いものがびっしり着きます。

ここで日常に飲まれていたのはジャスミン茶です。マグカップに茶葉を淹れて、よーく沸かしたお湯を注いで、ふーふーしながら飲むのです。

…白湯はすっごくマズイんです。でも、このジャスミン茶は美味しかった。美味しかったので日本に茶葉をもって帰ってみたら、ブフッと吹くくらい香水を飲んでいるかのような香りのキツさでした。ちなみに、留学中に日本のものが恋しくなるだろうとおもって持って行った日本茶は、無味無臭のわけのわからん飲み物に変化してました。(笑)

まあ、全部が全部こんな水なわけではないにしろ、こういうような水質の場所では茶の本来の香りを出すのが難しいですね…。珈琲も、苦~いインスタントコーヒーが異様にまろやかになってましたから。

というわけで、茶の香りが出にくい場所ではジャスミン茶がすごい美味しい、というお話でした。っていうか、他のお茶は飲めたもんじゃないんで、ジャスミン茶しかないとも言う…(笑)
(ん?なんか余談が多すぎてよくわからない文章になってしまったかも…)

なお、中国東北部でジャスミン茶が好まれる理由は諸説様々あります。ほかにも、寒さの厳しい土地の人の南方の暖かさ、花への憧れが理由なんじゃないか、なんて説もきいたことがあります♪

« ジャスミン茶って。その2 | トップページ | ジャスミン茶って。その4 »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/53516844

この記事へのトラックバック一覧です: ジャスミン茶って。その3:

« ジャスミン茶って。その2 | トップページ | ジャスミン茶って。その4 »