上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 豊穣の秋…いや、もう冬だけど。満開だったり。 | トップページ | いいよー、いいねー、ちょっと脱いでみようか~(笑) »

過去との決別(え?)、そしてパイナップルケーキ。

本日は夜から中国茶普及協会の先輩宅にて「地球にやさしい中国茶交流会」の練習…というか?お茶飲み会というか?美味しい物をたべながらおしゃべりする会というか?がありました(笑)

個人的には、茶席の設えを先輩たちに見て貰って確認したい!というのがありまして、キャリーケースに一式詰め込んでレッツゴー。

先輩宅(というか別邸らしい)は、ものすごーく素敵な場所です。これぞ隠れ家中の隠れ家!詳しくは書けませんが、路地裏に素敵な建物がある京都の町家みたいな感じを想像していただくといいかもしれません。とっても贅沢な空間です。

設え関係のやりとりあれこれをしつつ…、さて、じゃあ茶でもいれますか!

と、テーブルの上を見ればこの状態。

20111209_001s

時間が18時すぎからだったので、夕飯をかねて、先輩が用意してくださったものやら皆が持ち寄ったものやら…。これを目の前に、お茶淹れまーす。(笑)

「じゃあ、私、設えも見て貰いたいので最初に淹れます~」と、いそいそとキャリーからクロスやらなにやらを取り出して並べている際…パチャン、と、聞き覚えのある音がしました。
足下にはビニール袋。

私は知っている、この音は。

ガラスのポットが割れた音だ…修復不可能なくらいに!(泣)

…以前勤めていた茶館で使っていた、手作りガラスのポット。キレイで使い勝手がよくて、働き始めてすぐに欲しくなった一品です。横浜のガラス工房で職人さんが作っているもので、当時としても頑張って買った思い出の品です。そう言えば、来る前にパッケージするときに、改めてしげしげと見惚れたんだよなあ…目に焼き付けとけという点の思し召しだったのかしら…。

職人さんの手作りなので、多少のヒビや、欠けは修理ができます。お店で使っている時はかなりハードな使い方をしていたのでしょっちゅう修理に出していました。

それができないくらいの音が、パチャン、です。

ガラスの質とまん丸な形のせいか、このポットは割れる時にガチャンではなく、水が撥ねるようなパチャンという、なんとも言えない音をして砕けるのを、私は経験から知っておりました。

案の定、袋の中を見ると原形をとどめないくらい木っ端みじんなガラスの欠片になっていました。ほぼ、10年の付き合いだったね、さよならガラスの丸ポット…通称「丸ポ」(泣笑)。

いっそ清々しいくらいに粉々になってしまったので、気を取り直してガイワンを使ってジャスミン茶二種類を淹れました~。なかなか好評?でした。ポットで淹れる方もガイワンで淹れたんで今イチ、雰囲気がつかみづらかったですが。

淹れ手ばかり集まった(練習会だから、当たり前なんですが)会なので、順番にお茶を淹れていきます。淹れながらお稲荷さんだの、イカキムチだの食べているというざっくばらんな雰囲気。個人的には、かしこまった茶席よりも、このなんでもありな場が大変好きです。(笑)

ジャスミン茶の後は台湾の高山茶、広東の鳳凰単叢、台湾の凍頂烏龍茶と続いて、思う存分飲んだり食べたり食べたり食べたりしました。

その中で面白かったのがこちら。
20111209_007s
台湾中部のお土産で「土鳳梨酥」…日出というお店のものだそうです。

台湾土産で「鳳梨酥」=フォンリースー=パイナップルケーキは有名なのでご存じの方も多いかと思います。名刺の半分くらいのサイズで、厚みが2cmくらいある形が一般的な、パイナップルジャムの入ったケーキというか、クッキーというか…な代物です。

この日出の「土鳳梨酥」はパッケージがふるっていて、一見、CDとかDVDのケースのようなのですが、中にはCD代の台湾名物パイナップルケーキが入っています。お土産としては、とってもいい大きさだし、おもしろい!

ちょっと調べたところ、この日出の土鳳梨酥は、知る人ぞ知る名物だったようで。オフィシャルHPはこちら

食べた時に、酸味がしっかりしていて、パイナップルの香りがしっかりしてます。
凍頂烏龍茶との味わいが絶妙!これぞ台中のマリアージュや~!(笑)と、大喜びしてたのですが、オフィシャルのHPによると、どうもパイナップル自体が違うようです。「5号がわからんなら香水でもわからん。2号がわからんなら、実はあんたはパイナップルがわかっとらん」とのこと。この5号やら2号やらはパイナップルの品種だそうで、2号は日本統治時代にはすでにあった古い品種のことだとか。「土」がついているので「田舎のものって意味かしらねー?」と、H先輩と話していたんですが、「土」は「元の」とか「原種」という意味があるらしいです。

なお、日出のパイナップルケーキ、スタンダードのものは、無地で小さくて丸い形のようです。さらにオフィシャルのホームページを見ていたら、CD型包装の他にも、本型包装とか、プレゼント用の包装もすごく可愛い…!オフィシャルから海外宅配もできる(黒猫大和さんで)ようなので、興味のある方は是非おためしください。(勝手に宣伝)

あら、お茶の話がどっかいっちゃった。
やっぱり烏龍茶は3煎目からが勝負だな、とか、鳳凰単叢は淹れ方でだいぶ味が変わるな、とかわいわい言いながら食べて飲んで、最初の設えの話はどこかに飛んでいってしまった(何か割ったような気もするけど、それも飛んでいった…)ホクホク気分で終了しました。素敵な場所を貸していただいたC先輩他、お世話になりました先輩がたいつもありがとうございます~。気分がとても軽くなりました。

お土産までいただいちゃって、一体何をしに行ったのかちょっと帰り際に目的を思い出せなくなりそうでしたが、楽しかったし、美味しかったから、いいでしょう~。

おまけ。

…暗い夜道を歩きながら、今日失ったもの(ポット)を思い出し(←本当に忘れていた、笑)

呑まなきゃやってらんねーや!

と、思い立ち、コンビニで大量のお酒を買い込み、なんかすべてを見透かされた感じのT先輩が帰り際にそっと分けてくれたイカキムチを肴に呑んだくれてから、寝ました。さよなら、丸ポ。今までありがとう。失って気づいたわ、あなたの存在にいかに助けられていたか…。そんな、午前2時。

« 豊穣の秋…いや、もう冬だけど。満開だったり。 | トップページ | いいよー、いいねー、ちょっと脱いでみようか~(笑) »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

エコ茶会の準備、順調に進んでいるようですね。
茉莉花茶というと、中華街の中華料理屋で出てくる、あの茉莉花茶のせいで良いイメージがないので、是非美味しい茉莉花茶を戴きたいと楽しみにしています♪


「日出土鳳梨酥」、台中には何度も何度も行っていると言うのに、知りませんでした!
台中と云うと「太陽餅」が有名ですが、こんな名物があったとは。
年末にも台中行って来ますので、買って来ま~す!

「鳳梨酥」はホントにピンキリですが、台北の「峰圃茶荘」で売っている、台湾型の「鳳梨酥」が美味しくてお気に入りです。
機会があったら、是非お試しを!

寒い日が続きますから、お風邪など召しませんように♪

Qingheさん、こんにちは。

「日出」、太陽餅も扱っていたり、茶葉も扱っているようです。なかなか奇抜な建物なので目につくのでは・・・?気をつけていってらっしゃいませ~♪

「鳳梨酥」は皆さん好きなお店があるみたいですねー。こんな記事書いておいてあれですが、私はそこまでの思い入れがありません(笑)月餅の方が好きかな~。
あ、でもこの「日出土鳳梨酥」は本当においしかったです!今度、台中に行ったら買いたいです。

コメントありがとございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/53449841

この記事へのトラックバック一覧です: 過去との決別(え?)、そしてパイナップルケーキ。:

« 豊穣の秋…いや、もう冬だけど。満開だったり。 | トップページ | いいよー、いいねー、ちょっと脱いでみようか~(笑) »