上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ななちゃんとやまちゃんと明治村 in 名古屋 | トップページ | 今年5月の大事件。 »

烏龍茶をマグで飲む。

今日のおやつは~、パティスリーICHIRINさんの「マドレーヌくま」(笑)と、烏龍茶。烏龍茶は横浜中華街「悟空」の2011年春 一級金片単叢。
111121_175135

このマドレーヌ、顔がついてます。ついてるんですが…袋にマジックで手描きっぽい!いただきもので、二つ入っていたのですが、もうひとつはまるで違う顔をしていました。すごい手作り感!これを毎日描く仕事はたまらないだろうなー。やりたい。(笑)

お茶は何にしようかな~?と、ガサガサとコレクションを探していたら、見つけたのが金片単叢。福建省西部の雲頂茶園制作の一品です。この茶園の茶はとっても美味しくて、中でも金片単叢は好きで毎年飲んできましたが、今年のはまだ飲んでなかった!と、いそいそ開封したら…ん?こんな色の茶葉だったっけ?という感じで、異様に焙煎が強そうな黒っぽい茶葉と、焙煎が浅そうな緑の茶葉が混在してる!?何事?…でも香りは金片単叢…良い香り~♪

そう言えば…初めてみる「重火焙煎 一級金片単叢」ってのも買ってあったよなあと、もう一度コレクションをガサゴソしまして、開封してみると…黒い。香りも焙煎香で、金片単叢っぽい香りは感じられません。んん?

とにかく、ガイワンでささっと淹れて飲み比べしてみました。

普通、いろいろな状態の茶葉が混ざっている、均一でないものというのは品質が良い、とはされないんですが…雲頂茶園、おさすがでございます。こんな状態なのに、ちゃんと金片単叢でございます。クラッとくる濃厚な甘い香りはいつも以上かもしれません。うまいー。ちょっと苦みが出るんですが、それも普通にありました。

で、重火焙煎の方ですが…謎は深まるばかり。金片単叢の甘い香りが…普通のものよりも少なく感じられます。というより、焙煎強すぎないか!?職人さんてば、ちょっと焦がしちゃったか?(笑)…ここまで焙煎を強くする理由がわからない…うーん。と、悩んでいるところへ、母が通りかかったので、飲ませてみました。

「香六安茶の味がする」

母上。おさすがでございます。(笑)
香六安茶は、香港で好まれている緑茶と烏龍茶とプーアル茶とキンモクセイをブレンドして強く焙煎をかけた茶です。香ばしさの中に甘い香りが出る、ほうじ茶にちょっとコクをプラスしたような味わい。言われてみれば、ちょっと近いような…いやいや、口当たりはまったく違うんですけども。

ちなみに母は、焙煎が強い茶のことを「ほうじ茶みたい」か「香六安茶みたい」のどちらかでしか表現しません。焙煎の強い鉄観音も、凍頂烏龍茶もそうでした(笑)すごいんだか、すごくないんだか。

ちょっと存在意義がよくわからない重火焙煎の金片単叢ですが、がぶ飲みするのには向いてそうです。というわけで、早速マグカップにガイワンで注ぎだし。3煎くらいがマグに一杯になります。

…ちょっとこのお茶、7煎目くらいからが美味しいんじゃないの…?と、思ったのは、マグカップで3杯目が美味しかったから。やっと焙煎香りが弱くなって、茶葉の味がでてきたみたいです。茶壺で出してたら…7煎までずっと焙煎香だったかもしれないじゃん、なんだそれ(笑)

謎が深まったので、もう一回、重火焙煎を試してみたくなりました。普通の金片単叢は、やっぱり茶葉のムラが気になるんだけど美味しいなあ。というわけで、来年まで寝かせておいてみようっと。

寒いときに、マグでがぶ飲み烏龍茶、オススメです。

« ななちゃんとやまちゃんと明治村 in 名古屋 | トップページ | 今年5月の大事件。 »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/53301717

この記事へのトラックバック一覧です: 烏龍茶をマグで飲む。:

« ななちゃんとやまちゃんと明治村 in 名古屋 | トップページ | 今年5月の大事件。 »