上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 第5回 コーヒークラブ | トップページ | HBFM(Happy Birthday for mom!) »

中華街の歩き方

いよいよ迫ってきた天空茶会。その準備のため、急遽、横浜中華街に行って参りました。

これでも私、2年ほど中華街に住んでいたことがあります。観光で行ってもなかなかわからないディープな中華街はいろいろなところにあります。裏通りもその一つ。

しかし、中華街はもともと、華僑をはじめ、中国人たちが集まって生活をしていた場所。今でこそ観光地のイメージが強くなっていますが、元々は暮らしの場なのです。
というわけで、そういう場所は、やはりマナーとして観光の人は入らない方がいいように思います。じゃあ、書くな?その通り(笑)

そんなわけで詳しくは書きませんが、とある場所にある倉庫で、天空茶会につかう茶器を箱に詰めたりなんだりしてきました。毎日使っているものじゃないし、扱う人も限られている上、事前に準備もしていて下さったようで、なんの問題もなくスムーズにできました。誰かわからないけど(たぶん中華街の協会員の方々でしょうね。いつもありがとうございます。)

その後、先輩のお二人と共に悟空茶荘で一休み。

ふと気がついたんですが、横浜中華街に行く場合、知っておくと良いことを書いておきましょう。(誰の役に立つか知りませんけども。)

基本的にみなとみらい線の電車を使って来る人向けのご案内です。

○みなとみらい線「元町・中華街駅」からの場合。
 とにかくすぐに中華街の中に入りたいひとは3番口から出る。出口を出て左に曲がり、ガソリンスタンドを超えて、セブンイレブン脇を曲がれば、そこはもう中華街の中です。

 ちょっと歩いても正道(中華街の大きな門。よくパンフとかの写真になっている場所。)の正面から入りたい場合は1番出口から出る。交差点を渡ると正面に入り口があります。なお、門と一緒に写真に入りたい場合は、交差点を渡る前に取らないと難しいです。(笑)信号待ちの人を利用して撮ってもらいましょー。

中華街は「中華街大通り」が一番大きな通りですが、平行して「関帝廟通り」があります。そして、その二本をつなぐ横道があります。似たような建物が多いので、ややこしいですが、この二本の通りをまずはメインと考えて歩くとわかりやすいかと思います。

この二本の外側にも道があって、まだ中華街は広がっていますが、斜めに走っていたりして方向感覚をやられます。なにかあったらこの二本の道にもどってくると場所が確認できます。

中華街で配っている中華街マップは、横浜中華街発展会協同組合という団体が作っています。商店街の協同組合みたいなものです。ので、全体像を見るのには良いのですが、この会に入っていないお店などは書いてありませんので注意。まあ、老舗のお店はほぼ載っているので、貰った方がよいでしょう~。We lobe CHINATOWNとかのロゴがついている場所や物はこの組合関係のものですよー。ホームページや各種イベント、インフォメーションセンター「チャイナタウン80」などもこの組合が運営しています。

中華街は食べ歩きをした後、雑貨をやお土産を買う…んですが、その後どうしていいかわからなくなることが多いですね。せっかくなのでお寺参りはどうでしょう。中華街には関帝廟(三国志の武将、関羽を奉っている廟。主に華僑系の人たちが奉っている)と媽祖廟(千里眼の女神さまを奉っている廟。主に台湾系の人たちが奉っている廟)があります。廟を見てみると、一見すごく似たような雰囲気の寺(?)みたいに見えますが、中に入ると全然違います。

どちらも建物の中に入るにはお線香を買う必要がありますが、そこまでは無料ですので、ずず、ずいっと入ってみてください。気が向いたらお線香を買って本堂へどうぞ。ボランティアスタッフの方が中国式の礼拝の仕方を教えてくれたりします。媽祖廟のお線香はかなり複雑な手順があるようですが、ボランティアスタッフの方が熱心に教えてくれます。台湾式のおみくじなんかもできます。

各ホームページも特徴が出ていておもしろいですよ♪是非ごらんください。

あ、働いているときによく聞かれたのが「どこが美味しいの?」(声をひそめて聞く方が多い、笑)。これが実はくせものでして。中華料理と言っても、中国の地方によって味もメインも全然変わってきます。そんなわけで、中華街で「美味しい場所」を聞きたいときのコツですが、「○○が食べたいんだけど」という具体的なフレーズを入れるといいですよ!「上海料理が食べたいんだけど」とか、もっと具体的に言うと「麻婆豆腐が食べたいんだけど」とか「麺が食べたいんだけど」みたいな感じです。詳しければ詳しいほど、教える方も脳内検索しやすくなりますので、ここは一つ、聞く前に具体的な質問をご用意ください。(料理屋さんで聞くのはもちろん失礼ですから、他の業種の人にしましょうね、笑)

肉まんのこともよく聞かれましたなあ。個人的には、「華正楼」「同發」「耀盛號・悟空の阿媽肉まん」の3種類が個性が立っていていいと思うので、この三つを食べてもらえばいいような気がします。どれも美味しい!ただ、価格も味付けもまったくの別物なので、気分に合わせてどうぞ。、華正楼のものはお値段も貼りますが大きくて、味もしっかりしてます。同發はリーズナブルで、華正楼のものよりもお腹に軽いです。耀盛號・悟空の阿媽肉まんは経営者のおふくろの味の再現。この二つのお店の阿媽肉まんの味付けは同じなんですが、耀盛號では大きいサイズ(中華街サイズ)を、悟空では小さめのサイズ(コンビニサイズ)を販売してます。…あくまでも個人的意見ですが、とりあえずこの三つを食べないと始まらないでしょう!

あ、トイレ!よく聞かれますが、トイレは中華街が用意している公共トイレがちゃーんとあります。また、コンビニも中華街の中にいくつかあります。お店のトイレはお店のお客さんのためのものですので、基本的には借りないようにしましょう。
「トイレ貸してください!」というより「トイレはどこにありますか?」と聞いた方が中華街の人への印象もずっとよくなりますし、丁寧に教えてくれる…と、思います。

大通りのトイレは比較的混んでいます。(インフォメーションセンターの脇にあります)、先ほどのマップを見ていただくと、結構まんべんなくあちこちにトイレがありますので、確認して、近くのトイレへどうぞ。

で、まあお寺も見たら、あとは中華街の中には観光というほどのものはありませんが…山下公園に行ってお散歩するのもいいでしょうし、元町に抜けて、さらにお買い物もいいですね。

ああ、今日の話をまるっとしていない(笑)

えーと、先輩方と中国茶のお話や歴史のお話をして(すごいな!)、その後「天空茶会」頑張りましょうねーということでお別れをした後、私はどうしても食べたかった悟空茶荘のビーフンを食べに戻りました。

111108_180013

黒胡椒がきいて、さっぱりとして美味でした。黄ニラ!黄ニラが入っています。付け合わせのザーサイが味をしめてくれました~。(つけあわせはザーサイとは限らないらしいですが)
小腹が空いた時にはちょうどいい!ぜひプーアル茶と一緒にどうぞ。

というわけで、今日は久しぶりに中華街を割と見てまわりました。
お土産に買った肉まんは、家族には一番人気の同發の肉まんとシューマイです。

« 第5回 コーヒークラブ | トップページ | HBFM(Happy Birthday for mom!) »

行ってみよう」カテゴリの記事

コメント

こんにちは 中華街ですね(笑)
神奈川には親戚がいるので、小さい頃からたまに中華街は行ってましたが
この前久しぶりにたまたま寄ってみたら、本当に観光地になってました。
なので早々に退散しました(笑)
もしかしたら、子供の目には、ただの料理屋の集団にしか
見えなかっただけだったのかもしれませんが。
ターゲットを絞って行ってみるのもいいかもしれませんね
中華街にあっさりした上海料理のお魚なんてあるんですか?

今度冬に久しぶりに神戸に行こうと思っていて、
南京町にも行くつもりなんです。
私はこっちのほうが、エビセンとかウーロン茶とか、
中華らしいものがあって観光地だなって思うのですが。
極楽天山さんはどう思いますか(笑)

こんにちは。
わたしは、どこへ行くにも下調べをしないで失敗するたちです。
中華街にはそうとう何年も行っていませんが、行く機会がありましたら
こちらを是非参考にさせて頂きますね。
お腹がすいてきましたよ~happy01

>てんちゃん さん

こんばんわ!どうも、地元の人や、昔の中華街を知っている人にとっては観光地化されてしまった中華街は寂しいようですね。私も知っている限りでは昔の面影がどんどんなくなっているのが寂しいような、でも新しい中華街を模索している人たちもたくさんいるので頑張っていただきたいと思っております。

あっさりした上海料理の魚!?・・・うーん、思い浮かびませんねえ。あるのかもしれませんが・・・知り合いの上海人が上海料理は中華街に美味しいのないよーと言っていましたが(笑)上海の人は基本的にプライドが高い人が多いのでそれも鵜呑みにしていいものかどうか・・・。

有名どころですが、上海料理といえば「三和楼」「状元樓」「萬来亭」を思い浮かべます。でもどこもイメージは麺なんですよねー。川魚ってなかなか美味しいところが思い浮かびません。すみません~。調査しときます(笑)

あと、南京町ですが、私は実は行ったことがございませーん!噂では横浜中華街よりずっと小さい、とか規模の話しかきいたことがないんですが。むしろ教えてください。どうなんですか(笑)

>どらこ さん

コメントありがとうございます♪

私もどちらかというと下調べはあまりしないんですが(笑)、何かのお役に立てれば!光栄でございます。とりあえず、中華街で働いていたときの実感として思ったことを書いてみました。「こう聞いてくれれば、答えられたのにー!」と、後から思ったことが何度もあったもので。

あまり調べすぎても旅の醍醐味が薄れてしまうような気がします・・・が、ちょっとしたコツを知っておくといいかな?と、思って書いた次第です。中華街に行ったらやっぱり美味しい物食べたいですよね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/53197363

この記事へのトラックバック一覧です: 中華街の歩き方:

« 第5回 コーヒークラブ | トップページ | HBFM(Happy Birthday for mom!) »