上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« FUKUSHIMAYAのプリン | トップページ | 立川人間のエミリーフローゲ頼み。 »

「中国茶の基本」

思えばかつての勤務先であるところの中国茶専門店が開店した頃は、中国茶関連の書籍は本当に少なくて、内容も古いかったり、専門書価格で異様に高かったりしました。
その後、狂乱の(バブルというかなんというか、あったなあ。)中国茶ブームの際には、情報が追いつかないほどあちこちの雑誌にとりあげられたり、内容のぺらっぺら~な書籍があったり、どこをどう見ても間違えている情報が載っている本があったりしました。

そしてその後、ブームが一段落して、中国茶の店自体が淘汰され始めたころ、書籍もきちんとしたものが出るようになったと思いますが、個人的な観点では、どうしても「偏ってる~」という本が多くて、それは基本的には仕方ないのかもしれません。監修した方や直接執筆された方が取材に行った場所やお店などによって偏りが出るのはどうしようもないでしょう。

しかーし!やはり、「~なのです」とか「~である」と、書かれてしまうと、「えー…例外はないの?本当にぃ?」と、天の邪鬼な私などは思ってしまうのです。

特に感じたのは「中国」と「台湾」の関係性です。政治的な問題が絡んでしまうので、美味しいお茶ならなんでもいいや~という私にはあまり触れたい部分ではありません。また、近年の、例の「餃子事件」以降の中国商品への信頼度は失墜したのも、当然といえば当然なのですが。それにしてもあまりにも台湾茶(あえて、台湾は中国の中なのか外なのかは置いておきます。世界の中の台湾という地方と考えて…おかないと色々支障が出ますので)ばかりが美味しくて高品質!という捉え方が幅をきかせすぎたように思います。

もちろん、台湾観光局のCMのうまさや、元々台湾の方が行きやすかったり、親日だったりする土壌があって、日本人受けすることもあるでしょう。また、日本にいる台湾人(帰化した方も含め)の方が販売に力を入れたこともあるでしょう。(逆にアピールする必要がないんだか、やる気がないんだかな大陸側との差が、また歴然としているもんで…)まあそれやこれやで、台湾のお茶が注目されるというのもやむを得ないとは思うのですが…「中国茶の」と、名付けられている書籍で、この現状が私はちょっと寂しかったんです。

そんな中、久しぶりに中国茶の書籍が出まして、どうなってるかしら~?と興味津々で発売を待っていたのが「中国茶の基本」です。

Book_chugokuchanokihon

ムック本ということもあって、内容にはさほど期待していなかったのですが(←失礼この上ない)、いや、初めてなんじゃないでしょうか。これほど多方面に取材を出している中国茶関連の本。日本で中国茶が広まっていくにつれて、多くの業界と同じく様々な団体が乱立して、それが以前の本の偏りにも現れてしまっていたんですが、この本は非常に多方面に取材をして出来上がっているように思います。

そして、現在の中国茶の世界では「業者」「店舗」と共に、もう一翼を担っていると思われる個人のサロンについてもきちんと書面が割いてあり、さらに言えば、「中国茶の専門店」ではないけれど中国茶を1つのドリンクとして扱っているカフェまで載っています。う~ん、すごい。

台湾の現地の情報が多いのは、まあ実際、中国茶が好きな人で台湾に行く人の方が多いので、それもまあそんなもんかなと思います。

それよりも、日本の中国茶の世界に関わる団体や店舗をこれほど多岐にわたって載せているのがスゴイ。
時間をかけ、手間を惜しまない取材をされたんだろうなあとつくづく感心しました。(偉そう。今日はなんだか上目線の書き方になっているよーな…元々無意味に偉そうなキャラクターなんでお許し下さい、笑)

出版元のエイ出版さんは、「趣味の雑誌・趣味の本」を謳っているだけあって、この手のムック本をたくさん出されています。特に食品関連には強いとか。たぶん、こういうお仕事に慣れているんでしょうねー。

平成19年に台湾にグループ会社を設立しているそうなので、台湾関連のページが充実しているのはこのせいもあるでしょうか。

一体どんな人たちが作ったんだろうと…探してみたら、「グルメ編集部のうまいもん帝国」を発見。ああ、台湾の人もスタッフに入ってたんだーとか、それ以上にこの人たち、美味しい物が好きすぎる(笑)というブログです。仲間に入りたい…。

あ、「紅茶の基本」「日本茶の基本」も出してる!買わなくちゃ。

一つよくわからないのが、一体誰が読むんだろうということで(笑)。
初心者の人には情報量が多すぎるでしょーし、何から手をつけていいのかわからなくなっちゃうような本です。中国茶の世界にいる人には面白いんですが…そんなに多くないんじゃあ…(←余計な心配。)

個人的にはすごくオススメなんですが、誰にオススメしていいのか非常に迷う、良い本です(笑)

★★★

オ・マ・ケ

先日からお伝えしている中国茶普及協会主催「天空茶会 第2葉」ですが、一部満席がでてきたようです。まだ他の席は空きがありますのでどうぞ!

なにせ普及協会ですから、「初めてで何もわかりません」という方にこそオススメです!(ここはオススメのする方がわかる(笑))
満席のところも当日券があるそうなのでフラリ途中下車の旅、いかがですか~?お申し込みはコチラから!

満席は以下の通り(11月4日現在 中国茶普及協会HPより)

--------------------------------
第二回目茶席(12:00~)
【麗・華】 (烏龍茶・台湾)東方美人茶/(烏龍茶・中国)武夷岩茶(奇蘭)
※満席となりました。ありがとうございました。

【福・茜】 (烏龍茶・台湾)凍頂烏龍茶/(紅茶)坦洋工夫紅茶
※満席となりました。ありがとうございました。

【韻・醇】 (烏龍茶・中国)重火焙煎鉄観音/(プーアル茶)野生古茶樹餅茶(生茶)
※満席となりました。ありがとうございました。

第三回目茶席(14:00~)
【麗・華】 (烏龍茶・台湾)東方美人茶/(烏龍茶・中国)武夷岩茶(巌水仙)
※満席となりました。ありがとうございました。
--------------------------------

実は一昨日から熱が出て…微熱なんですがなかなか下がってくれません。季節の変わり目って本当にダメだわ。

« FUKUSHIMAYAのプリン | トップページ | 立川人間のエミリーフローゲ頼み。 »

我思うゆえに我あり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/53162331

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国茶の基本」:

« FUKUSHIMAYAのプリン | トップページ | 立川人間のエミリーフローゲ頼み。 »