上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 高松学習館にて「中国茶の世界を覗く」 | トップページ | ななちゃんとやまちゃんと明治村 in 名古屋 »

「中国・潮州茶旅話と名茶・鳳凰単叢飲みくらべの会」 in 大阪

本日は大阪でお手伝い~、という名目で旅行です。

新幹線で一路、大阪駅へ。国際中医(中医=漢方です)師で国際薬膳師であるWさんと待ち合わせ、駅で大阪うどん、大阪寿司を食べつつ軽く打ち合わせをしました。うーん、関西的ダシのきいたうどんだなー。うまいなー。あれ、でも、関東人が関西で出汁のきいたものを食べて美味しいと思うことは多々ありますが、逆に、関西の人がベタベタ醤油味のうどんなどを食べて美味しいと思うことはあるんだろうか。ちょっとした疑問を抱きました。

お互い、結構なハードスケジュール(私は勝手にハードにしているだけですが…)をねぎらいつつ、地下鉄をのりついで、会場に向かいます。うお、大阪では「中央線」は地下鉄なんだなーとか、びっくりしつつ。(しかも、地下鉄の天井が高い~。地下鉄構内に圧迫感がなくて、地下鉄な感じがしませんでした。)

会場は、谷町四丁目駅からすぐ近くの「昭和レトロな癒しの貸しスペース」
en☆kulさんです。
Enkul
着いた時には、あいにくの大雨で、写真でもかなり水が撥ねているのがわかる…でしょうか。大雨で人気がない路上で、以前、京都でお世話になったIさんとも合流して、いよいよ会場へ。

en☆kulさんは、とても落ち着いた雰囲気の貸しスペースで、二階の和室ではちょうど着付け教室をされているとのこと。私達は一階の教室・キッチンをお借りして、準備です。
たいして歩いてないのに、キャリーが雨でびしょ濡れ…何故こんな日に限って布製にしちゃったのやら。荷物を運ぶときにタオルが一枚ぐっしょりになりました。

サクサクと準備を終えて、お客様もぽつぽつとご来訪~。西から東から、遠方からもご参加いただきました♪
Kyousitu
前半は潮州茶旅話ということで、Wさんがこの前の潮州の旅のお話をされました。うーん、先生、格好いいです。薬膳関係では頻繁に講座をもたれているだけあって、資料作りからまとめ方まで、万全でした。お手伝いとかいいながら、普通に話を聞いてしまいました(笑)

後半は、ツアーの引率もしていただいたH先生ご提供の茶葉の飲み比べです。ふふふふ。鳳凰単叢の飲み比べ、贅沢ですねー。

鳳凰単叢は広東省の烏龍茶で、鳳凰山脈周囲で作られます。「単叢作り」が、本来の形で、これは「単=シングル」「叢(本当は木偏に叢、という字)=株」ということで、一株、一本の木から採られた茶葉だけで作られます。なんでそんなことをするかというと、この広東省の鳳凰山脈一帯に植えられた鳳凰水仙という品種の茶樹が、一本一本違った香りを生むからなのです。このあたりがおもしろいところで、コアなファンが多いのも納得です。

そんなわけで、鳳凰単叢○○香という感じで、お茶の名前に香りの名前を添えることが多いのですが…今回ご用意されたのが「桂花香」「芝蘭香」「蜜蘭香」「98年古樹単叢」の4種類。すーごーいー。日本ではなかなかお目にかかれない上質の鳳凰単叢、それが4種類も!

Wさんと私で、それぞれ茶葉を淹れていきます…部屋の中に途端に良い香りが…。

この中で一番良く知られているのは「蜜蘭香」です。インパクトのある甘い香りがたちます。次には「芝蘭香」が知られているでしょうか。「芝蘭」の香りを知っていると、「なるほど・・・芝蘭の香りだ」ということになるそうです。←知らないと、なんだかわからないけど良い香り、になります。(笑)蜜蘭香よりも少し大人しい感じでしょうか。
「桂花香」はキンモクセイの香りなんですが、このキンモクセイも種類がたくさんあって、日本のキンモクセイとは、本当はちょっと違います。でも、確かに日本のキンモクセイにも通じる甘い香りです。

じ・つ・は。

この桂花香は私も潮州で買って持っているので、東京でも淹れていたんですが…香りがちがーう!やはり水の差はありますねえ。どちらがいいとかではないのですが、おやおや~?と思ってしまうくらい花の品種が違うような差がでました。面白いですね。

そして、98年古茶樹。98年というのは、摘まれた年です。1998年もの。鳳凰単叢のような発酵度が高く、焙煎もしっかりしている茶は、実は新しいまま飲むより、1,2年置いてからの方が味わいが落ち着いてよくなるといわれます。そして、中にはさらに時間をおいたものが風味を増す場合があります。

この98年の古茶樹単叢は、まさにそんな感じ。熟成されたウィスキーのような芳醇な香りがありました。う・まーい。

…って、淹れ手のくせに、しっかり堪能。(笑)

Chaka
Wさんの用意した茶菓も好評でした。特に皆さん興味津々だったのが、オリーブの実。(真ん中の皿の緑色の実)
カリカリウメみたいな食感で、珍しいのと意外なおいしさで大人気でした。

本当はもっとゆっくりしていただきたいくらいでしたが、楽しい時間は短く感じるものです。あっという間に終了になってしまいました。お名残惜しいですが、お客様とはお別れし、大先輩のSさんにもお手伝いいただいて、後片付けをしました。

さて、大阪の後半は、打ち上げもかねて(?)同じく大先輩のWさんのお店でボジョレー・ヌーボーを堪能しました。

場所は四天王寺前夕陽ヶ丘駅(駅名長すぎるよ…)からすぐのWassy's Dining Soupleです。

内装もシックで素敵でしたが、なんといってもお料理が素敵(笑)。有機野菜の炭火焼は、塩をちょっとつけただけで十分りっぱな美味しさで、石釜焼ピザもボリュームがあっておいしかった!それぞれがそれぞれのこだわりのある味付けで、幸せ~♪

もちろん、メインはワイン!
Wassy
白が好きなので、どーしても白とか泡ばっかり飲んでしまいましたが、ボジョレーの白、爽やかで美味しかった!お店のブログを拝見したら、今週くらいにはなくなっちゃうんじゃないかとのことですよ!大阪の人はお早めにWassy'sDining SoupleへGOだ!

個人的には、マイ・ブームのリースリングがやはり美味しいぞ、と。ポール・ジンク リースリング テロワール’08をいただきましたが、アルザスのリースリング、力強くていいですねえ…。なんでもいいけど、こんなにグラスワインがいろいろ楽しめるお店は危険だ!うーんー、en☆kulさんは家のそばに欲しいけど、Wassy'sDining Soupleがあったら、毎日通ってダメ人間になりそうで困る(笑)

さて、ほろ酔い気分で、大阪は終わりません。大阪、茶、といえば…ご存じの方も多いはず!創業 1952年の老舗紅茶屋さん「Tea House MUSICA」さんです。*HPがないようなので、食べログへリンク

Muxica
日本紅茶専門店の草分け的存在、日本紅茶専門店の聖地…etc、さらっとネット検索しただけでも、その存在の大きさはわかります。

ご主人の堀江さん、現・代表取締役の堀江さんのお二方と直接お会いすることができ、名刺交換などしつつ…お話を伺ったところ、郵便番号、堂島、MUSICAだけで荷物が届いちゃうそうですよ!すごいぞ、老舗。

店内は山盛りの茶器、茶葉のパッケージで飾られています。
Mucicaroom
結構スペースは広いのに、そんな感じはしません。かといって狭いとか、ごちゃごちゃしている、というわけではありません。居心地の良い部屋のような、生活感があるのような、そんなお店です。

正確にいうと、時間も遅かったので、販売のTea House MUSICAさんの方は終了していて、隣接のCafe tous les jours カフェ トゥ レ ジュールさんでお茶してきました。ヌワラエリヤ、ディンブラ、キーマン、ウヴァの四種を四人でオーダーして、乾杯。
私はウヴァをいただきましたが、正直なところ、やっぱり紅茶はよくわからない…表現が、すごく美味しい・おいしい・普通・嫌いの四段階くらいしかないんですが(笑)すっごく美味しかったです。(←こんな人にすごく美味しいと言われましても…)

キッチュなメニュー、可愛らしいティーコゼー、オリジナルのティーセット一式、どれをとってもMUSICAさんの「積み重ね」が感じられました。やっぱり、二度、三度と足を運びたくなる場所ですね。ちなみにお店の説明には「大衆紅茶屋」とありました。うーん、いい響き。「大衆中国茶屋」ってどうだろう、とテーブルを囲む皆さんに聞いてみましたが、反応が芳しくなかったのでやめときます(笑)

閉店時間まで、ゆっくりさせていただいて解散…というか、私はタクシーで向かった方がいいらしいので、お別れしてタクシーでホテルに向かいました。

ホテルでまたビール飲んでたのは内緒…(笑)そして、そんな私の元に、メールがごっそり届いていました。…FC東京、昇・格…!!じーん、と喜びをかみしめつつ、返信。みんな、おめでとうメールありがとう!…ん?でも、私が「応援ありがとう!これからもよろしくね!」って返信するの、おかしくない?(笑)とりあえず、もう一回ビール買いに行こうっと。

明日は、名古屋へ向かいます。

« 高松学習館にて「中国茶の世界を覗く」 | トップページ | ななちゃんとやまちゃんと明治村 in 名古屋 »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

土曜日は本当にありがとうございました!
今から思えばあの大雨は一体何だったんだ!という感じですが、
キャンセルが出ることもなくありがたい限りでした。
無事に終えられたのはH先生、会場のオーナーさん、
そして忘れちゃいけない、茶淹れガールズのみなさまのおかげです、ホントに。

そしてこれまた今から思えば、
ワッシーさんで何食べたのかほとんどうろ覚えだったりします。
どういうことだ!

とにもかくにも、ありがとうございました。
あ、そして昇格、おめでとうございます!

malicoさん、こんにちは。
お疲れ様でしたー。楽しいばっかりで、いろいろとご迷惑をおかけしたのではないかと…いろいろ反省する点も私的にありつつ…薬膳:中国茶が7:3くらいのお話会に参加したいなーなどと思いました。(終了後のお話を聞いて特に)

え、あんなにしっかり食べたのに忘れてしまったんですか!?(笑)ワッシーさんのとこのHPを見ると少し思い出すかもしれませんよ~。鯛のポワレのウニソースとか、おいしかったー!(←今、いろいろ思い出してみたところ、たぶん全部覚えてます。食べ物のことですからw)

昇格…あ、ありがとうございます!もう二度とJ2に落ちないように頑張ります!(誰が?)日本代表がいるのにJ2は寂しすぎましたわ。

こちらこそ、感謝するばかりでございます。また、どこかでよろしくお願いします♪

sです。
写真にはちらちら写ってるのでなんか嬉しいな~。

お食事の途中で帰ってしまいすいませんでした
あれからたくさん飲んだりしたのですか
ワッシーさんのところは何を飲んでも、食べても美味しいですから~

大阪に来られることがあればまた声をかけてくださいね~

foumtain先輩、こんにちは!

こちらに顔を出していただけるとは!ありがとうございます~。

大阪は楽しいところですね!毎回あまり時間がとれませんが、一度街巡りもしてみたいもんです。

ワッシーさんのところは、本当に美味しかったです!あれからはそんなに飲んでませんよ(説得力ないかしら、笑)関西の皆様のお話は、いろいろと文化的にも違うのでちょっとした異国チックで大変楽しいです~。また大阪に行くときにはご連絡します!そしてまたワッシーさんのところへ行きましょう♪

書き込みありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/53298489

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国・潮州茶旅話と名茶・鳳凰単叢飲みくらべの会」 in 大阪:

« 高松学習館にて「中国茶の世界を覗く」 | トップページ | ななちゃんとやまちゃんと明治村 in 名古屋 »