上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 「中国・潮州茶旅話と名茶・鳳凰単叢飲みくらべの会」 in 大阪 | トップページ | 烏龍茶をマグで飲む。 »

ななちゃんとやまちゃんと明治村 in 名古屋

朝から大坂でスポーツ新聞を読み込んでいたら、出発が遅れてしまいましたが(そして、大坂ではあまりにも扱いが小さい…)、新幹線で名古屋へ出発!

ツアコンしてくれるのは、元同量のKさん(旧姓だけど)です。名古屋駅から駐車場に向かう途中、ななちゃんの股下を通過。特に縁起がいいとかではないらしいです。(笑)
Nanachan
ななちゃん、ドラゴンズ応援中。そうか、ここはお膝元ですね。

ななちゃんは名古屋名物らしいです。こんなホームページを見つけました。「名古屋名物 きょうのななちゃん」…愛されてるなー。

さて、10年ごしで、行きたかった明治村!へ連れて行ってもらいました。行きたい行きたいと言っていたわりには知らなかった明治村。明治を再現したテーマパークではなくて、博物館なんですね。そんなわけで、村内にある建物は日本全国から集められた「解体されていく建造物の中から 価値あるものを選び順次移築復原」されたもの。

なんか庭園に建物コレクションしてた人いたよなー…と思い出したのは横浜の「三渓園」。規模とか好みとか系統は違うものの、何か通じるものがあります。そしてなんて羨ましい趣味なんだ(笑)←明治村は博物館だってば。

そんなわけで、1丁目から5丁目まで、今は67件もの明治の時代を映す建物があるそうです。

まー広いんです。東京ドーム約21個分だそうな。で、昔、大河ドラマのオープニングに写っていた京都の路面電車や、汽車が走っていた…はずなんですが、現在は「老朽化のため休止中」とのこと。老朽化のためって…放っておいても老朽化は進みます。復活の見込みはあるのかなあ。募金とかあったらするんだけどな。公式HPによると「今後の運行再開につきましては、調査結果を待ってのお知らせとなるため、現段階では未定でございます。」とのこと。是非、復活していただきたいものです。名古屋の人はみんなそう思っている!はず…

Romen
走らなくてもメンテナンスはされているのかしら。寂しい路面電車。

さて、数ある建物の中から気に入ったものをご紹介。

何はともあれこれでしょう。5丁目にある帝国ホテル中央玄関。現幹部分だけなので、裏から見ると、張りぼてみたいなんですが…、ここはすごいです。
Teikokuhotel
20世紀建築界の巨匠、アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトの設計うんぬん、おいといても、パーツの一つ一つが、芸が細かい!

Hotelyane
屋根部分の装飾まで、気合いが入ってる!スリット模様の入ったレンガ、幾何学模様の彫刻がはいったパーツが山のように使われています。

Hotelmado
窓、一見するとタイルみたいに見えている部分がありますが…、実はあの透けていない部分は、二枚のガラスの間に金箔(!)を挟みこんだものだそうですよ!しかも、片方のガラスに金箔を張り付けて挟むと、空気が入ってしまうとこうことで、二枚のガラスにそれぞれ金箔を貼り、それを貼り合わせたもの…って、どんだけ手間がかかっているんでしょうか。恐ろしい。

フランク・ロイド・ライトの設計は実に緻密。そして、不思議。和とも洋とも、モダンともエキゾチックとも言い切れない不思議な空間です。エントランスの中、どの部分を見てみても、摩訶不思議な雰囲気を醸し出していました。

この建物だけでも1時間以上いて飽きません。素敵です…。ちなみに明治村、ただ今、絶賛「明治村ウェディング」をオススメ中。村の3つの教会で挙式をして、披露宴は帝国ホテルで…なんてプランがあるようです。おもしろそう…。ちなみにこの日も、一組、結婚式のカップルを見ました。どうぞお幸せに♪

次は、同じ5丁目にある聖ザビエル天主堂です。
Kyoukai
フランス人神父の監督の下に、本国から取寄せた設計原案に基づき、日本人の手で造られたものだそうです。正面からはわからないんですが、この教会、黒い瓦屋根。和洋折衷の明治らしい感じがします。

中は、ステンドグラスの光が落ちて、とても壮麗な感がしました。…しっぶーい、日本のお寺ばかり見た後に、ここに連れて行かれたら改宗しちゃうかもね、なんてバチあたりなことを話してましたが(笑)
Stendgrass
日差しがちょうど良い時間だったようです。ステンドグラスの影がこんなにキレイに落ちているのを初めてみました。写真撮りまくり。

…なんか一部女子には圧倒的な人気を誇りそうです…と思ったら、やっぱりそんな感じの女子が(笑)撮影会してました。なんとなく、コスプレイヤーさんたちにはたまらないだろうなあと思ったんですが、いつの頃からか知りませんが明治村も対応に迫られたのでしょう。公式ホームページのQ&Aに

Q7 特殊な衣装を身につけて入村できますか?

A7 明治村は一般に広く公開している博物館です。公序良俗に反しない服装であればどなたでもご入村いただけます。但し、あまりにも華美・奇抜な服装や素肌の露出が極端に多い等著しく品位に欠けた服装、その他明治村の雰囲気を著しく損なう恐れのある服装など、他のお客様が不快に感じる恐れのある服装を着用してのご入村につきましては、お断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。
また、武器やそれに似た形態・形状の物品など、他のお客様が危険と感じる恐れのあるものを所持・携帯されてのご入村もお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。
なお、これらにつきましてはご来村頂いた際に判断をさせていただきます。写真等での事前判断は致しませんのでご了承ください。

というやりとりが。(笑)ちなみに、この日に教会で撮影していた方は、ギリセーフな感じの黒フリルでした(笑)…本当はアウト?線引きは明治村さんがしたんでしょうねえ。

あ、帝国ホテルで「はいから衣装レンタル」というのをしています。袴姿や、文明開化的ドレスの貸し出し。本当は、入り口で全員半強制的に着せられてしまうくらいやるとおもしろそうですけどね(笑)←それはコスプレ大会。

村の中にはいろいろ食べるところもあって、コロッケをかじったりしていたんですが、気になったのがコレ。
Tamasen
「たません」。多摩センター?みたいな感じですが、何やら食べ物らしいです。

この「たません」、東京のもんじゃ、大坂のお好み焼きみたいな感じの名古屋のローカルフードらしいのですが、どうやら明治村以外ではなかなかお目にかかれない様子。そのせい?かどうかわかりませんが、いくつかある屋台の「たません」はどこも行列。

…行列、だけど進んでいない。

実際、ちょっと食べてみようと思って並んでいたんですが、あまりにも進まないので途中でリタイアしたのです。で、ちょっと気をつけてみていると、どこも行列ではあるものの、4~5人くらいしか並んでいない。5人以上は相当待つ時間が必要ということのようです。

ネットでこんなのをみつけました。「明治村名物「たません」の作り方 - 特ダネ投稿DO画
こ、これは時間かかるよ!(笑)この動画も2個で3分近くかかってるし!上下がせんべい(えびせんべい説とたこせんべい説がある)なゆえに、作り置きが難しそうだし、しょうがないんでしょうが…この動画で爆笑してしまいました。こりゃそんなに列が伸びないわ~。

でも、次回は絶対食べたいものと心にとめておきましょう。

お昼は明治村食堂でいただきました。「明治のらうめんと鶏飯」セットで1000円。
Ramen
らうめんにはミートボール(鶏)と銀杏と青菜、錦糸たまご。味は鶏ダシスープの…これはあれだ、中華街のラーメンだ。ラーメン屋のラーメンじゃない。

説明の紙が一緒に来たので、それを読むと…wikiとは違う由来が書いてあったので引用します。

ラーメンの移り変わりは、今から140年以上前の明治時代に広東人の食文化に影響されて横浜あたりから広がった、いわば日本のラーメンのルーツである。明治時代末期から大正時代初期にかけて、日清戦争の影響で中国人が大量に日本にやってきた。そして現在の横浜に支那町(中華街)が建設され、広東人が柳麺の店を開いたが、当初は塩味だった。(後に醤油味に変わります)
当時の数少ないラーメンレシピによると麺は玉子を使用しないかん水だけで練り上げた細打ち麺、スープは化学調味料を使用していない塩味ベースのスープ、具材には錦糸玉子、ぎんなん、ほうれん草などと記されており当時のラーメンを想像しながら作成させて頂きました。(当店では名古屋コーチンの旨みと具材をプラスしてあります)

はー、この具材はちょっと面白いですね。銀杏とか。味も、下手な中華街の店より美味い!(しかし、鶏好きだな、名古屋人。)今回食べた明治村の食べ物が全部美味しかったので、私の中で明治村はかなりの高得点スポットになりました(笑)

北門から入ると、ずーっと、わりと下りが多い感じです。4時に閉村だということで、急ぎ足で下って上って、結局、半分くらいしか見られなかったかな?また絶対くるぞの、リベンジを誓います。

おっと、忘れてはならない人を紹介しましょう。弁護士さんです。
Bengoshi
裁判所の中にいらっしゃいました。(笑)たぶん、着物姿なんでしょうが、なぜかケープが中国風?不思議な衣装です。この人達の方がよっぽどコスプ…いや、これが普通だった時代の人ですからね。(笑)

暗くなるのが早い季節です。風も冷たくなってきました。
帰りの新幹線の時間もあるので、駅近くの「世界の山ちゃん」に連れて行ってもらいました。

Yajmachan
看板だけ昼間撮っておいた(笑)

名古屋に行ったら、とりあえず「世界の山ちゃん」みたいなイメージで連れていってもらいましたが、かなり繁盛している様子。
Tebasaki
名古屋名物どて煮、と山ちゃん名物「幻の手羽先」。

どて煮は、甘い味噌がそれほど好きでないので、あまり惹かれませんでしたが、手羽先は胡椒がきいていて美味しい~!ビールとの相性が抜群です。銀河高原ビールのヴァイツェンがあったので、最初はこれで飲みましたが、どっちかというとラガーの方が合います。本当はキリンラガーの瓶があれば一番良かった(←おやじ~、笑)

最後の方、食べ物の話ばっかり。私らしいといえばそうなんですが…カテゴリーがもう、「行ってみよう」だか「食すべし!」だかわからなくなってます…。

山ちゃんは行けたけど、名古屋といえば!の喫茶店モーニングができなかったので、次回の課題にしておきます。

一泊二日の大坂、名古屋。記憶はほとんど「おいしかった…」ばかりですが。お世話になった皆様に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました!リベンジ、またよろしくお願いします!

…今回はさすがに立川に戻ってもBARには寄らずに帰りましたよ。(笑)


« 「中国・潮州茶旅話と名茶・鳳凰単叢飲みくらべの会」 in 大阪 | トップページ | 烏龍茶をマグで飲む。 »

行ってみよう」カテゴリの記事

コメント

充実した大阪名古屋行きだったようで、お疲れさまでした!
う~ん、鳳凰単叢飲み比べ、行きたかったなぁ。
明治村!高校の修学旅行で行きましたよ~♪ 二十数年前!
もう、遥か記憶の彼方です。
そうそう、「大正村」ってのも、岐阜県の恵那にあるんですよね。行ったことないけど。
名古屋といえば「矢場とん」もありますが、「甘い味噌がそれほど好きでない」んじゃ、味噌カツはNG?
私は、わざわざ名古屋で矢場トンの味噌カツを食べて帰ってから、HPで銀座店があることを知りました。

Qingheさん、こんばんわ!

またどこかで鳳凰単叢飲み比べ、開かれるかも?かも?どうぞお見逃し無く。(笑)
「大正村」情報ありがとうございます。そのうちできるかな、「昭和村」。…っと気軽に検索してみたら、すでに同じ岐阜県、美濃加茂市に「日本昭和村」なるものを発見しました。明治→大正→昭和ツアーができるじゃないか…!

ご明察。味噌カツもあまり得意ではございません。嫌いじゃないですよ~。普通のソースのカツを10回食べるなら、そのうち2回は味噌カツがいいです。(←微妙な回答)
コメントありがとうございました♪

こんにちは~(^.^)
うちの旦那さんはこの、明治、大正、昭和村を全部制覇したらしいですcoldsweats01
独身時代が長かったので、けっこうあちこちへ車で行っているみたいです。
明治村は愛知県の小学校中学校の遠足?(遠足とは少し違うかも)コースに入っていて、2回くらい行っていますが、いまいち子供にはそのありがたみが理解できなかったです。
極楽天山さんみたいに細かい所を観てもらえたら、明治村もさぞかし喜んでいるでしょうね。
手羽先は、風来坊さんが先で、最初食べたときは本当に美味しいと思いましたが…今はどうでしょう?
「どて」も自分で作りますが、お店みたいに余り甘くしません。ほとんど玉ねぎの甘みだけなのです。
喫茶店…ぜひ色々回ってみてください。だいたいゆで卵、トースト半分、サラダ(少しですけど)にコーヒーで350円かな。

のんぷーたんさん、こんにちは!

>明治、大正、昭和村を全部制覇
すごい!本当にやってる人がいた(笑)感想をぜひお伺いしたいものです。やっぱり明治村が一番規模が大きいのですかね?

行ってみた時にも感じたんですが、明治村はどちらかというと大人の方が楽しめそうですよね~。ツアコンしてくれたKさん曰く、ファミリーでも来るけど、どっちかというと大人向けかな、とのことでしたが、確かにそんな感じがしました。お勉強という意味で小中学生が来るとしたら、社会科見学とかの名目なのかしら・・・と、思いました。

あ、今回は風来坊さんいけなかったんです~。次回はぜひ、風来坊さんの手羽先にチャレンジしたいです♪そして・・・のんぷーたんさんの「どて」が食べたいです!家庭料理の「どて」ってどんな感じなのかな。やっぱりお店とは味が違って、それぞれの家庭にそれぞれの味があるんでしょうね~。「突撃!名古屋の「どて」料理!」とか、個人でやったら通報されますけども・・・(笑)名古屋モーニングもまだですので、リベンジしますよ~!行くのが楽しみな場所がまた増えてしまいました♪

地元からのコメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/53298968

この記事へのトラックバック一覧です: ななちゃんとやまちゃんと明治村 in 名古屋:

« 「中国・潮州茶旅話と名茶・鳳凰単叢飲みくらべの会」 in 大阪 | トップページ | 烏龍茶をマグで飲む。 »