上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2011全国地紅茶サミット | トップページ | エッグタルトー! »

ツアー中のビールコレクション(笑)

一人飲んだくれてた上海の夜~♪
中国は何気に地ビール天国です。スーパーなどにいくと、地元のビールが数種類+青島ビール、藍帯ビールなどの有名どころがり、観光地だとさらに外国もののバドワイザーとかアサヒスーパードライがあったりします。

そんなわけで、今回の上海の第一夜のお供はこちら。
S_010

左から超鮮ビール、楽購ブランドビール、藍帯ビール~超爽~。

超鮮ビールは、初めての挑戦。一番安かった。ちょっと怖い。炭酸弱め、味も弱め、全体的に大人しめ。中国地ビールのはずれの王道を行っている。これはこれでよし。(笑)

楽購ブランドビール。これは所謂PB商品です。楽購(=TESCO)という大型スーパーのビールです。あ、製造元を確認するの忘れました。味は・・・前に同じ。差がわからん。(困)

藍帯ビール~超爽~。藍帯=ブルーリボン、です。青島ビールと並んで、中国では有名なビールです。留学しているときに一番お世話になったかも。これは「~超爽~」と着いているので、スタンダードなものより爽やかさを売りにしているのか?と、あまり期待しないで(この辺りが中国慣れ)いただく。・・・。この三本の中では明らかに美味しい。けど、普通の藍帯ビールとの差はよくわからない・・・。後で知ったけど、超爽と書いてあったら低アルコールらしい。中国のビールはだいたいアルコール度数3,5%ぐらいで日本のより弱いんですけど……もっと弱かったのか。あまり感じなかったけどなー。

上海第二夜。
S_013

・・・明らかに逃げに入っています。左、王道、青島ビール。右、サントリー。買ったのセブンイレブンだしね。
よく冷えてておいしかったです・・・。(どんだけ上海で弱っていたかわかるなあ)

潮州でWさんと一緒に飲んだ夜。
S_262

潮州のスーパーで買った青島ビール。パッケージがゴールドなので、プレミアムなんとかなのかもしれませんが、味はたいして差がなかったように思います・・・。でも、ちょっと高かった。やっぱりプレミアム何とかだったのかもしれません(笑)

香港最後の夜。
Sdvc00045
一人打ち上げ的な意味で飲みました。
正直なところ、だいぶ胃が疲れていて、ビールを飲みたい感じでもなかったんですが、飲まなければならないという使命感に突如かられて、香港のおしゃれなサークルK(ロゴがなんかおしゃれなんです)に飛び込みました。香港は場所柄、欧米ビールが揃っていて、日本のものもあるんですが、そこはあえて、見たこと無い銘柄で。

POLERのアイスビールでございます。なんか色のイメージでコーラの味がしそうなんですけど、至って普通。特に特徴があるわけでもない・・・。値段も高くもなく、安くもなく。もう一度買うかと聞かれれば、買うかもしれないと答えるでしょう。理由は、いたってフツーだから。

結論:今回のツアーで一番美味しかったのは・・・行きのJALの機内で飲んだ一番搾り・・・いろいろ本当に申し訳ない。

ところで、常々不思議に思っていたんですが、なんで、330mlなんですかね。日本は350ml缶が主流ですよねー。20mlの差はどこから来たのかしら。…と、思って調べたら、同じ疑問を持っている人がいました。→MSN質問箱

アメリカのビールは缶でもビンでも355mlが主流です。日本で350mlが多いのはこのためでしょう。  この355mlというのは12オンス(米液量オンス)になります。1米液量オンス= 0.0295735295625Lです。アメリカなどのビールはオンスで容量が表記されていますが、日本は原則リットル表記なので355mlとなっています。  330mlというのはヨーロッパで主に用いられている容量で、これは1/3Lに相当します。
MSN質問箱におけるchar2ndさんの答え

なるほどねー。確かに中国のビールの初めは青島に工場を造ったドイツだし、香港はイギリス領だったからヨーロッパ系の330mlなわけですね。日本はアメリカ仕込みなわけですな。

中国のビールは基本的にアルコール度数が低くて、本当に水のように気軽に飲めるんですが、今回、上海のスーパーでは「アルコール度数11%」表示のビールがいくつかあって、もしかして氷結ストロング的なものが流行っているんでしょうか。しかし、3%前後から一気に11%って…(笑)まあ、強いのを求めている人は強い方が良いんでしょうけどね。3,4,5,7%と刻んでいる日本のビール系飲料を見ていると、国民性を感じますなあ。

« 2011全国地紅茶サミット | トップページ | エッグタルトー! »

呑みましょう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/53023327

この記事へのトラックバック一覧です: ツアー中のビールコレクション(笑):

« 2011全国地紅茶サミット | トップページ | エッグタルトー! »