上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 歓迎光臨「中国茶の世界を覗く」in garally SEPTIMA | トップページ | 明日から上海です!そして天空茶会のお知らせ »

コーヒークラブ(なんか本格的に・・・)

お茶じゃない・・・コーヒークラブの活動も本格的になって参りました。なぜだ!?ふらっと美味しいコーヒーを飲みにいく会だったはずなのに~

とうとうこんなことに。
Simg_3324
直火焙煎のお試しセット。焙煎用の網、軍手、カセットコンロその他ドライヤー、冷まし用のざるなどを使いました。I先生のご指導の元、レッツ焙煎。楽しみです。

Simg_3326
まず、最初の生豆はこちら。中国、雲南省の努江流。最近雲南はコーヒーに力入れてるみたいですねー。
ちなみに豆はカフェ・ド・カルモさんより。

雲南省南部の怒江流(ヌージャンリュー)付近に住む少数民族が、ひっそりと丁寧に栽培しているコーヒー。クセがなく、軽やかで飲みやすいコーヒーです。  コーヒーの苦味・酸味が苦手な方、コーヒーの入門者へも おすすめです。
byカフェ・ド・カルモさんのHP

Simg_3329
生だとこんな感じ。豆っぽいですねー。豆だから当たり前なんだけど、コーヒー豆だと言われなければわからなさそう。ちょっと大きさがばらけているのが雲南っぽい、と、勝手に思ってみる。なお、新しい豆になればなるほどもっと青くて水分が増えるそうです。

Simg_3333
焙煎かごに100g入れて、焙煎しました。だいたい15~20分だそうです。

火から約30cm離してスタート→白っぽくなってきたら25cmくらいに近づけ→色がついてきたら15cmくらいに近づけ→ぱちぱちはぜて、豆がふくらんだらまた30cmくらいにもどして、少し蒸らしたら焙煎終了。という流れで、その間ずっと網の前後左右回転運動を繰り返します。一人だったら筋肉痛間違いなし。

Simg_3334

玄関脇で焙煎中のYちゃん。端からみると変な人。

Simg_3336

コンロに落ちているのがチャフという豆の殻。結構な量が出ます。ハゼ始めると、火花のように燃えて、なかなか美しい☆

Simg_3338

はぜる時に豆が飛び出してしまうと困るので、様子をみて蓋をクリップでとめてました。なるほどね。

Simg_3339

焙煎が終了したらドライヤーのcoldで冷まします~。だいたい人肌以下になるくらいまで。

Simg_3340

できあがり~。うー・・・ん?なんか色がばらけています。五色コーヒーと申しまして。浅煎り~深煎りまでの5段階の豆のブレンドでございます・・・って違うがな!
まあ、初めてなのでこんなものなの・・・かしら?試飲します。

Simg_3341

ゴリゴリとミルで挽きまして

Simg_3343

淹れます。・・・ちょっと粗挽きだった・・・。

Simg_3344

まあ、きれいな赤。美味しそうな紅茶ですね・・・って、違う~。味わいも微妙。酸っぱくて苦い?そのわりに風味のない・・・「苦味・酸味が苦手な方」には苦手なまんまの出来具合になってしまいました。ありぃ?

そんな感じで第二弾。今度はYちゃんの大好きな(好きになろうと努力をしている?)グァテマラです。I先生の用意してくれた豆は、粒がそろってて大きくて、まだみずみずしい感じ。これがなかなかなかなか・・・色がつかない。ガスボンベのガスが減って火力が弱かったせいもありますが、1時間以上かかりました(笑)

グァテマラははぜるまでに時間がかかるんじゃないか説浮上。

Simg_3347

そんなわけでかなり時間のかかったできあがりがこちら。おお。コーヒー豆っぽい(笑)

Simg_3349

お湯を注いだ時の泡の立ち方がもう違います。成功?

Simg_3351

何故か茶くらのお団子と一緒にいただきました。味わいは・・・うーん、もうちょっと焙煎してもいいのかしらね?という感じ。でも、さっきのよりは全然コーヒーっぽくなりましたよ。1時間以上シャカシャカしていたかいがあった!(笑)

ところで、先日いただきものでもあった「京団子」っていうのは、やわらかくて甘いもんなんでしょうかね!?この団子もそうでしたが、団子自体が結構甘くて、柔らかい。結構ねっとりという感触の団子ですけども。うち(東京都下~埼玉)だと団子といえば、米の粉を粗く挽いたもので、焼いて醤油がうまいぜ!っていう(改めて書くと煎餅みたいだな)ものなんですけど。

閑話休題。ラストはもう一度グァテマラ。今度はYちゃんがかってくれたイノウエエンジニアリングさんのです。*ホームページがないようなのでyehuiさんのブログにリンク

豆はカフェ・ド・カルモさんのよりもちょっと小振りかな~?という感じでしたが、焙煎始めると、やはり時間がかかります。1時間はかからなかったけど30分以上はかかりました、たぶん。火力の問題もあるかもしれませんが、やっぱりグァテマラ自体が時間がかかるんですかね。初心者なのでまったくわかりません。

でも!
Simg_3352
出来上がりは、本日一番♪やはり慣れがあるんでしょうか!?おいしそうです。香りも違います。

Simg_3355
先日ウサギ(仮)さんから差し入れて貰ったウサギ和菓子(どんだけウサギ好きなんじゃ)と、栗甘納豆と一緒にいただきました~。

お、おお。コーヒーでございます。まぎれもなくコーヒーでございます~!万歳。これは成功と言っていいんじゃないですかね?ウサギ菓子も栗も、コーヒーに合ってました♪最後にきれいにまとまって、よかったよかった。気持ちよく終われます。

と、いうわけで、次回は「ドリップコーヒーは、落とす人間によって味が変わるのか」実験を行います(笑)完全にコーヒー研究会になってしまいました。もっとゆるい会のはずなのに~。

あ、最後にウサギ和菓子のパッケージがあんまり可愛かったので。

Dvc00032

あけると、中にちびウサギがたくさん入っているのです。

Dvc00033

菓匠 清閑院さんの「【お月見限定】秋夜のうさぎ」でした。お菓子自体もうさぎの形。うさぎずくしです。


« 歓迎光臨「中国茶の世界を覗く」in garally SEPTIMA | トップページ | 明日から上海です!そして天空茶会のお知らせ »

お茶しよう」カテゴリの記事

コメント

お邪魔させていただきました。
楽しそうですね 時間がかかっても、
あれこれ試しながらでは、あっという間ですよねきっと。

 でも私だと、一度やったら、次からは、
「う~~むむ コーヒー屋さんって、すごいね。」
とかいいつつ、おいしいコーヒー豆を買ってきそうです(笑)

また のぞかせてください。

てんちゃんさん、コメントありがとうございます♪
普段はお店で何気なく買っていますが、生豆から焙煎すると愛情が沸いてしまって、飲むのが惜しい感じになりました(笑)楽しかったです。

でも、生豆買ってきて、飲みたいときに焙煎からは・・・始めないでしょうね、きっと(笑)

ちなみに焙煎時間より試飲のおしゃべり時間の方がずっと長く(笑)焙煎中もずっとおしゃべりしてましたー。確かに、時間が経つのはあっという間でした。

よろしければまた遊びに来てください。お待ちしております!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/52885922

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒークラブ(なんか本格的に・・・):

« 歓迎光臨「中国茶の世界を覗く」in garally SEPTIMA | トップページ | 明日から上海です!そして天空茶会のお知らせ »