上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 静岡のお茶を訪ねる旅2日目 | トップページ | 静岡のお茶を訪ねる旅3日目 最終日 »

静岡2日目 その2

どうなんでしょうかね。はい、ということで、続きます。

丸子ティーファクトリーは、本当に小さな工房という感じですが、出来上がる茶葉は本当にすごい。あー、職人ていいなあと思ってしまいます。村松先生を筆頭にとにかく素晴らしい茶を作ろうという気迫があります。

設備は知覧で見たものに比べればかなりの旧式。むしろ戦前式・・・。

Simg_2954

この揉捻機にいたっては、本当に音も含めて時代を感じさせてくれますが、真鍮の純度の高さなどを考えると、新しく作らせたものよりいいらしいです。静岡には小さな製茶機械を制作する会社がたくさんあるそうで、近代的な大量生産の工場とは別に、こういう特注品に関して小回りがきくんでしょうね。中揉機も特製だと伺いました。さすが静岡ー。

Simg_2972

こちらのティーファクトリーの今年のべにふうきファーストフラッシュをK先生が淹れてくださいました。お茶請けは村松先生が手作りクッキーを用意していて下さいました。クッキーがちょっと苦手なので~、お土産にすることにして(笑)、茶!すごい!キレイ!紅茶にそれほど造詣がないのですが、素直に美味しい!

正直なところ、日本の紅茶は日本の緑茶用の茶葉で作ったものも多く、また、職人さんも紅茶にそれほど詳しい人が多くないようで、「日本茶っぽい紅茶」の域を出ない物を多く飲んできました。でも、ここの紅茶は違う~。このべにふうきの紅茶は本当に紅茶です。

ファーストフラッシュに続いて、セカンドフラッシュをミルクティーでいただきましたが、K先生が淹れてくださったからか何だか、今までにない美味しさでした。ミルクティーって美味しいんですね。なお、牛乳は低温殺菌の瓶入りのものだと牛乳臭さが出なくていいそうです。確かに!このセカンドフラッシュはカルチャーショックだったので、買ってしまいました~。

さらに、こちらで作られたべにふうきの包種茶(発酵の浅い烏龍茶)もいただきましたが・・・、本当にすごいな、村松先生。包種茶だ!どこをどうしても包種茶。言われなければ金萱種・・・のような、でもなんか違う味の台湾の包種茶です。べにふうきの底力を痛感しました。これはすごい品種だわ。でも、ここまで作れる人が何人いるのでしょうか・・・。頑張っていただきたい。是非、広めていただきたい。>誰かわからないけど、そういう立場の方々(笑)

ちなみに感激に打ち震える包種茶も、村松先生的には焙煎しすぎのものらしく、納得されていないご様子。職人さんは極めるんですもんね。本当に頭が下がります。

揉捻、発酵、乾燥とどれも時間がかかるので、間に丸子周辺の散策がありました。
明治、大正、昭和、平成と4つのトンネルが並んでいたりするおもしろいところです。この中の明治トンネルを歩きました。煉瓦造りのトンネルは、横浜の赤煉瓦を思わせます。昔はガス灯だったのかなー。

明治トンネルをぬけたところにある宇津ノ谷の集落は、本物の東海道にあります。本物というのも辺ですが、時間を止めたかのようにひっそりとある山奥の集落で、関ヶ原の合戦に赴く秀吉の時代から今までの歴史が降り積もっているような場所です。あいにくの天気もあったのでしょうが、私たちの他に人はなく、本当に明治トンネルを抜けたらタイムスリップしてしまったかのような場所でした。

Simg_3017

なんだか試飲と散策に一生懸命(?)になりすぎて、製茶の方がおろそかになってしまいがちでしたが、そうこうしているうちにできあがったのがこちらです。こちらも試飲しました。かなり大葉で作られたにもかかわらず、渋みが少なく、それでいて澄んだ色で出来上がっているのはさすがです。手揉みしたわけではなく、機械から機械への移動くらいしかやってませんので、自分で作ったぞー、という感じはしません。ひたすら、ティーファクトリーの方々に感謝の茶でございます。美味しく作っていただいてありがとうございます。

Simg_3003

えーと、ヤカンマニアな私なので、裏方のヤカンの写真もいただきました。ふふふ。やはり・・・いいですね(笑)使い込まれたヤカンはたまりません。

本日のお宿は東海道丸子宿「若松」さん。
Simg_3020

懇親会ということで、坂田先生もいらしてくださり、貴重なお茶をいただいたりと、夜まで盛りだくさんでした。ちなみにこの時にインストラクター合格の報をいただき、あちこちから大量の知識がつまりすぎて、クラクラした夜でした(笑)


« 静岡のお茶を訪ねる旅2日目 | トップページ | 静岡のお茶を訪ねる旅3日目 最終日 »

行ってみよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/52810756

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡2日目 その2:

« 静岡のお茶を訪ねる旅2日目 | トップページ | 静岡のお茶を訪ねる旅3日目 最終日 »