上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 準備日でしたー | トップページ | コーヒークラブ(なんか本格的に・・・) »

歓迎光臨「中国茶の世界を覗く」in garally SEPTIMA

とうとう、来てしまいました~。この日が。チームSEPTIMAさん主催の「中国茶の世界を覗く」 瓢箪茶館準備室協賛(笑)のお勉強会です。
この数日、本当にまあ慌ただしくて大変でしたが、終わってしまえばもうどうでもいい・・・じゃなくて、終わり良ければすべて良しとしちゃいましょう。とにかくハプニング続きで、事前の打ち合わせがほとんどなくて迎えてしまいました。母には大感謝です。(もっとも、母はチームSEPTIMAメンバーで、この話を作ってくれた人なんですけども)

garally SEPTIMAさんは内装は白を基調として可愛らしい感じです。外から見ても、ちょっと異国情緒の漂う建物です。そこを無理矢理に中華風にします。どうやって?

Simg_3261

こうやって(笑)。
不思議なことに、対聯を貼ると一気に中国的になりますね。今回初めて使ってみたんですけど、これはいいかも。どこかでやるたびに書こうかな。(ちなみに、自分勝手な書体です。ただのくせ字ともいいます(笑))

「竹炉湯沸邀清客 茗碗風生遣睡魔」

お客様を迎えるにはいい句かなーと思って選んだんですが、これ、意味合い的には睡魔を呼んでしまいますよね??本では睡魔を払うと訳されていたんですが「遣」てことは、派遣されてきちゃいますよね。・・・眠くならない話をしようっと。

Simg_3255

会場設営は、まあ大変でしたが、どうにかなってよかった・・・。適当な布であるがままにセッティングしていったので、色の選択とか茶器との兼ね合わせを考えている間もなかったんですが、なんとかそれっぽくなってました。不思議だ。あり合わせだったんだけど、やっぱり白と黒は汎用だな!と思いましたね。本当はもっと拘りたかったなー。

ちなみに飾ってあるのは母の切り絵でございます。あえて中国っぽいものとか、関わりのある作品を選んでみました。中華街そばの某中華菓子工場とか(笑)、揖保乃糸(そうめん)のパッケージのオマージュ(笑)とか。←龍がついているという理由だけで。なんで龍なんだ?と思ったら地名が「龍野」なんですね。

Simg_3264
これがその問題作(笑)。滝で流しそうめんの図・・・アホアホな発想は、家族会議から生まれます。

さて、お客様を迎える準備はOK。予定では20名様超。

Simg_3252

講師席はこんな感じです~。サテンの赤、中国っぽいから用意しておこうと思って持って行ったところ、母からは「ケバイからイヤ」と大ブーイング。でももう他に布がないから!ということで講師席に使いました。偶然、当日来たワンピースが緑で、補色な配色。目立っていいんじゃない?くらいにしか考えられませんでした・・・(笑)

じっくり考えてもたいした変化はなかったような気がする。

Simg_3263

茶葉のサンプルを用意しました。とにかく中国茶の広い世界を知っていただく会なので、8種類用意してみました。なお、右端にある盆栽は父の遺品。お守り代わりに側にいてもらいました。お客様から手元が見えなくなってしまうのでしばらくしてから足下に移動してもらいましたが・・・。

召し上がっていただくお茶としては6種類を準備していました。ウェルカムティーとして水出しの蜜蘭香単叢、2010年冬茶の凍頂烏龍茶、2011年春茶の「今生無悔」、2004年プーアル生茶、10年物プーアル熟茶、それに高級ジャスミン茶です。大部分の茶葉やら茶器やら提供は悟空さん。いつまでもお世話になりまする~。紹介したかったのにできなかった。30日は30%オフ!

どうしても茶器に触れていただきたかったので、工夫茶のセットを2名様に1つ用意しました。それで、烏龍茶2種類をしっかり楽しんでいただくと。どうやら、これは楽しんでいただけたようで良かったです~。やっぱり、自分で淹れた方が楽しいですよね♪何より茶葉が良かった!やっぱり美味しい茶は誰が飲んでも美味しいですよね~!

Simg_3273

いつもそうですが、お茶が入ると、もう講師は要らない(笑)皆さん、楽しそうに淹れて召し上がってます。それでいいのだ!

Simg_3292


茶菓はこんな感じです。1500円もいただいてしまうので(店でもないのに!)、今回は茶葉と茶菓子に妥協はしたくなかったのです。他は大目に見ていただかないといけない(何せプロのスタッフがいないわけで)場面は多々あったと思いますが、茶葉と茶菓子は誇れるものを!ってことで

先日の静岡・丸子紅茶ツアーで手に入れた丸子紅茶ティーファクトリー特製「べにふうき羊羹」、茶の郷博物館で買った金谷名物「茶山之香」、沖縄限定オキネシアの「ナンチチ」、中国的にはずせないミックスナッツ、山査条
この他にウェルカムティーとして、水出しの広東烏龍茶には抹茶せんべいとリンツのチョコレート、ビタースイート・エキストラシンを合わせました。
それからチームSEPTIMAさんのOさん手作りのサーターアンダギーをプーアル茶でいただきました。

時間がちょっと押してしまい、なんか6大分類もちゃんと話しきれていない感じになってしまいましたが、チームSEPTIMAさんからサプライズで音楽のプレゼントなんかもいただいちゃいまして、盛りだくさんの内容になりました。
うーん、個人的な反省点はいろいろとあるんですが、最低限はやりきった・・・かな?喜んでいただけたようなので良しとしましょう。

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。まだまだ勉強中の身ですが、また機会を作りますので、お気に召しましたら、ぜひ遊びにきてくださいねー。

それからウサギ(仮)さん、忙しい中を無理矢理来てもらった上に、記録係してもらって、ろくろくお茶も飲ませず(ヒドイ)、それなのに超格好良い着物姿で来てくれて、こんな友人を紹介できて私は鼻高々~でしたよ。ありがとう!!・・・差し入れの菓子も見事なウサギっぷりだったよ(笑)

最後にチームSEPTIMAさん、ありがとうございましたーまた是非呼んでください。いつでも行きます(笑)

ああ、本当に人に助けられて生きているな~と実感した会でした。


« 準備日でしたー | トップページ | コーヒークラブ(なんか本格的に・・・) »

茶館つくろう」カテゴリの記事

コメント

おつかれでしたーhappy01
おみやげもらっちゃってありがとう。暑かったから水出し茶がうまい!しかもウーロンていうより冷日本茶のようで、余計私の口にあったみたい。時間が経ってもにごらないし、渋くないし、やっぱプロの煎れた茶は違う。
ところでウサギは甘いものしか食べないと思いきや、というより甘いものが好きゆえに、大のブラックコーヒー好きなのだ。うまいコーヒーを淹れる時にはご一報を!!

あ、それと切り絵が大作なんでビックリしました。すげえ。。

bunnyさん、こんな辺境まで来てくれてありがとう(笑)
水出しが相当気に入ってくれたようで、よかったわー。超・絶・簡単なので、自分でやってみてください。今度、茶葉を渡すから。

>コーヒー
じゃあ、先生とかにに聞いてみるね。・・・でも、実験中だから美味しいかどうかはわからないよ~。とりあ
えず前回の確立は三分の一だったからね。

>切り絵
調子にのるので、母には伝えないでおきます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/52872677

この記事へのトラックバック一覧です: 歓迎光臨「中国茶の世界を覗く」in garally SEPTIMA:

« 準備日でしたー | トップページ | コーヒークラブ(なんか本格的に・・・) »