上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« いざ知覧! | トップページ | 知覧紅茶 2日目 製茶本番! »

鹿児島中央駅から

知覧茶ツアー一日目です。


Kago01

Kago02
羽田から鹿児島空港、空港からバスで鹿児島中央駅に。おお、駅に観覧車がある!どういうことだ。あ、桜島が見えるのかな?インフォメーションでは薩摩の英雄達がお出迎え(笑)


Kago04

ここで広島から来たIさんとOさんと待ち合わせをしまして、鹿児島プチツアーをば。駅からタクシーで仙巖園(島津さんの九州別宅。)に行きました。とにかく仙台が伊達の町のように鹿児島は島津さんの町で、○に+の家紋がいたるところにありましたー。
お茶菓子にももちろん家紋カモン♪


Kago03
時間がなくてしっかりは見られなかったのですが、仙巖園は島津さんの鹿児島での居城。九州大名らしい西洋や中国文化を取り入れた庭園や建物は素晴らしいー!個人的には蝙蝠や茶の実など12種類もあるという釘隠しがかわいい…欲しい…。

また、執務室からは桜島と海という贅沢なロケーションで、私だったらほ゜ーっとして時間が過ぎてしまいそうでした(あいにく曇りで桜島は下半分しか見られなかったですが)

その後、鹿児島中央駅に戻り、指宿枕崎線で喜入へ。
Kago05
黄色が眩しいぜ~。さすが南国(?)、色鮮やかな電車でござんす。


喜入駅にて、今回お世話になるおりた園の折田茶匠とお会いしました。
おりた園http://oritaen.com/
ここから折田茶匠に案内していただいて、今回のメイン、製茶体験に行きます。
Tira01
それにしても、途中に見かけた茶畑の広大さといったら…広い!ひろーーーい!九州のことをまずよく知らないんですが、こんなに平野が広がっているとは思わなかったので、地平線まで続く茶畑に驚愕。360度どこを見ても、茶畑か焼酎用のサツマイモ畑だそうです。

途中いただいた折田茶匠監修のペットボトル茶「財宝温泉の水でつくった水茶」、甘みがあるのにさっぱりとして、大変美味しかったです。このツアー中、何本いただいたでしょうか。ごちそうさまでした。がぶがぶのんでも、胃が痛くならない、希有な緑茶でした。


えーと、まず今日は茶摘みから萎凋(イチョウといいます。しおれさせることです)まで。明日の朝には発酵が進んでいるでしょう♪
Tira02
350gくらい摘む予定で、みな黙々と摘みます。茶樹は「べにふうき」。緑茶に作るとメチル化カテキンが多く含まれ、抗アレルギー作用があるといわれ、花粉症対策で一躍脚光を浴びた品種ですが、本来は紅茶用品種。そんなわけで、この「べにふうき」でおいしい紅茶を作るのが目的です。


一心二葉(新芽+葉が二枚)の部分で摘んでいきます……が、なぜか私は、烏龍茶の気分が抜けないのか一心三葉でガンガン摘んでいたため、異様に量が多くなっていき…計量したらあっという間に400gオーバーです。なにやってんじゃ。最終的には500gオーバー(笑)
Tira03


さあ、摘んで来た茶葉を竹のざるに広げて、萎凋(イチョウ)です。と、言っても、これは勝手に茶葉の中で酸素と酵素がカテキンと結びつきをおこなってくれるので、人間がやることは温度管理くらいのものです。25度に設定した室内で、18時間ほど放置します。

Tira04


最初の状態はこんな感じ。ピンと立っている茶葉が、明日にはきっと萎れて、くにゃりとしてくる、はず!
Tira06

本日の作業は終わりということで、宿泊先の特攻隊の宿として有名な富屋旅館へ。行く道すがら、特攻隊として出撃した兵士の数だけ石灯篭が道路脇にならんでいて、どこまでも続くその数に愕然としました。やっぱり数で聞くのと見るのでは衝撃力が違います。頭の中では知っていたし、本や映画も見たことがありますが、やっぱりこの場所から、あの方角に向かって、ここで食事をしていた人たちが、と考えると、やるせない気分になりました。

その富屋旅館では、茶づくしの夕食をいただきました。「茶美豚」しゃぶしゃぶから茶の和え物から天ぷらの衣、茶めし、茶のつみれのお吸い物まで、見事に茶づくし。まさに日本型茶宴。完成度の高さでは、今まで食べた茶料理で一番でした!旨かったー!すごい完成度の高さでした!

さあ、明日はいよいよ、揉み込み作業が待っています~。

« いざ知覧! | トップページ | 知覧紅茶 2日目 製茶本番! »

行ってみよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/52527168

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島中央駅から:

« いざ知覧! | トップページ | 知覧紅茶 2日目 製茶本番! »