上海の弁護士・公認会計士・税理士
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 本日の趣味:PC | トップページ | しょーもない話なんだけど、気になって仕方なかった。(某所より再掲) »

お箸の話(某所より再掲)

 突然なんの話かといいますと、お箸の話です。いや、先日なんとなく友人と話をしていたところ某国の某詐称疑惑学者さん(笑)が、何かの公演で「わが国は鉄の箸を使っているからすごいんだ」みたいな話をしたということを聞いて(あんまり具体的な話でなくて申し訳ない)、なんでそこまでして自国が偉いと主張したいんだろうねという話をしたわけですよ。

わざわざ「鉄の箸」と言わなくてはならないところに悲しいものがある…というか、もう聞いている方が痛いから言わないでくれっていう話なんですが。

私は結構頻繁に中国に出かけるのですが、中国の箸って、基本的に寸胴なんです。ご存知の方も多いと思いますが、先から先までが一定の太さになっているのです。その上、長い。日本の菜箸のイメージが近いと思います。

最初、私は何も考えずに「同じ箸なんだから日本人には楽勝~」と思っていたのですが、これが意外なことに結構使いにくいものです。

まず、長い。

中国人が語るには遠くのものをとるためだそうですが、本当かよ、おい。現に中国人だって遠くのものは人に頼むか、回転台を回して近くによせてからとるじゃないか。いまだになんのために長いのか私にはわかりません。箸を持つ場所だって日本人と大して変わらない位置を持つくせに~その上半分は何のためなんだよう。

そして、太い。

先端が太い、というのは意外に使いにくいものです。

実は以前、知人からもらった中国箸を家庭で(私専用として)無理やり使っていたことがあるのですが、ご飯や野菜いためはともかく、魚を食べるのが至難の技でした。ええ、特にイワシとかサンマとかですね。あとアジの開きとか干し魚。とにかくちょっと硬いものとか、細かいものには向きません。

中国箸は基本的に大きい魚(骨も大きい)と煮魚向きなんだと思いました。

ついでに、すべる。

これは、香港とかに行くと実感できるかもしれません。プラスチック製の中国箸だと、本当にものをつかんで持ち上げるのが難しいです。スープに入った具とかをですね、持ち上げようとするとツルッとすべってペチャンと落ちるわけですよ。そして、撥ねたスープが服を汚す…。

きっと、中国人はじゃあ持ち上げるなよ、と言うでしょう。或いは、レンゲを使えと。

そうだ。中国は箸の文化ではあるけれど、必ずそこにはレンゲがある!ということに気がつきました。箸だけの文化って日本だけなのかもしれません。韓国もスプーンとセットで並んでますよね。もちろん、箸の役割として物をつまむ、というのはあるのでしょうが、日本ほどその役割が重要視されてない気がします。つまむなら絶対に先端が細いほうがいいですもんね。

ついでに気がついたんですが、日本は箸を横に置きますが、中国も韓国も箸は縦に並べるものですねえ。おお。異文化だ。

さらに言うと、家庭で「自分専用」を決めておくのって日本だけなのかな…。

まあ、そんなわけで同じ箸といえども、中国の箸と日本の箸だとだいぶ違いがありますねということなんですが。

近年、中国のスーパーなどでも普通に日本の箸が売られるようになってきました。日本輸出向けのものが現地でも売られている、というだけなのですが、気のせいか箸売り場の日本箸占有面積がだんだん増えてきています…もしかして、中国の箸が日本風になる日も近いのか!?

ちなみに日本の中華街では、日本風の箸を出すところの方が圧倒的に多いです。

ほら、やっぱり日本人には使いにくいんだ。(私だけじゃなかった)

« 本日の趣味:PC | トップページ | しょーもない話なんだけど、気になって仕方なかった。(某所より再掲) »

我思うゆえに我あり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515574/51912952

この記事へのトラックバック一覧です: お箸の話(某所より再掲):

« 本日の趣味:PC | トップページ | しょーもない話なんだけど、気になって仕方なかった。(某所より再掲) »